『ガーデニングのいいモノ見つかる』

クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめで気品ただよう花で、咲き方・花形・花色が豊富でとても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみませんか。

11 view

冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。

13 view

新着の記事 最近投稿された記事

シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンの育て方は?花が咲かないのは日当たりのせい?綺麗に花を咲かせるコツとは?

シャコバサボテンは冬に花を咲かせる植物です。赤やピンクの鮮やかな花は、冬の暗くなりがちな部屋を明るくしてくれます。シャコバサボテンは育てやすく、初心者にもおすすめ。今回はシャコバサボテンの水やりのポイントや、最適な置き場所、簡単な増やし方などをご紹介します。
1 view
冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
17 view
冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

冬の花といえばコレ!寒い冬でも育てられる冬の花18選!花言葉や育て方のポイントもご紹介

「冬は庭に咲く花が少なくて、お庭や花壇が寂しい…。」そんなお悩みはありませんか?実は寒さに負けず、きれいな花を咲かせる植物は意外とたくさんあるんです。そこで今回は人気のシクラメンをはじめ、これからの季節に楽しめる耐寒性の強い花の品種と育て方、初心者にもおすすめのツールをご紹介します。
13 view
ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

葉牡丹はアブラナ科の植物です。品種も様々で、花かキャベツのように見える葉が特徴的です。葉牡丹は、丸葉系など、葉の形も様々。今回は種やさし芽など葉牡丹の栽培方法をご紹介します。日当たりや鉢を置くのに適した場所、そして新芽の処理、肥料や土にも触れていきます。
11 view
クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめで気品ただよう花で、咲き方・花形・花色が豊富でとても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみませんか。
11 view
多肉植物の種類とは?初心者向き、可愛い、インテリアに最適など、多肉植物の人気ランキングTOP10

多肉植物の種類とは?初心者向き、可愛い、インテリアに最適など、多肉植物の人気ランキングTOP10

かわいらしいフォルムで最近人気の多肉植物。何種類くらいご存知でしょうか?多肉植物をもっと知りたい方のために、オススメの多肉植物をランキング形式でご紹介します。インテリアとして家に置きたい方やプレゼントしたい方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
133 view
読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかな い恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
56 view
421 件