『ガーデニングのいいモノ見つかる』

リンゴ(林檎)の育て方 世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深い

世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深いリンゴ。寒い地方で育つイメージがありますが品種によっては暖地でも栽培できます。4月に開花し、秋には収穫できる落葉果樹で、一般的な食用のものと、ガーデニングで利用する鑑賞用の姫リンゴ、クラブアップルなどがあります。観賞用のものは食用リンゴのように甘くはなりませんが、砂糖などを加えてジャムなどに利用できます。食用リンゴを家庭で栽培する場合、矮性台木に接ぎ木された苗を使用するとコンパクトに育ちます。なかでも病害に強く育てやすい「ぐんま名月」「つがる」などの品種を選ぶと家庭でもかわいらしい赤い実が楽しめます。

2 view

タマネギの育て方 生で良し、火を通して良し、毎日の食卓に欠かせない万能食材

ニンニク同じ成分、アリシンを多く含むタマネギは古代エジプトではスタミナ源として利用されていたとか。独特の強い香り成分、硫化アリルは血液をサラサラにし、コレステロールの代謝を高める健康成分として注目されています。家庭では「オニオンセット」「ホームタマネギ」などの名前で市販されている、小さな子球を利用してコンテナ栽培すると手軽。夏の終わりに植えつけ、90日前後、冬になる頃収穫できます。身近で育てれば新鮮なタマネギの美味しさにびっくりしますよ。

5 view

新着の記事 最近投稿された記事

サクランボの育て方 一番おいしいタイミングで収穫するのがコツ!

サクランボの育て方 一番おいしいタイミングで収穫するのがコツ!

サクランボの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
6 view
クリスマスローズの育て方 原種からハイブリッドまでバリエーション豊か!

クリスマスローズの育て方 原種からハイブリッドまでバリエーション豊か!

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめでありながら、気品ただよう花は咲き方、花形、花色が豊富で、とても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。あなたも好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみてください。
15 view
天然の健康サプリメント!オリーブの実を使ったおすすめレシピのご紹介

天然の健康サプリメント!オリーブの実を使ったおすすめレシピのご紹介

オリーブオイルとして利用されるイメージが強いオリーブの実ですが、ヨーロッパなどでは、実をそのまま塩漬けにして料理に使うこともポピュラーです。オレイン酸を多く含むオリーブは、美容と健康の頼もしい味方!そんなオリーブを使った、おすすめレシピをご紹介します。
15 view
カキの育て方 日本の気候で育てやすく初心者にぴったり!

カキの育て方 日本の気候で育てやすく初心者にぴったり!

秋に旬を迎え、秋を代表する果物といえば、カキ(柿)。カキはレモンに次いでビタミンCが、とても豊富!カキ1個で一日分の必要量をほぼまかなえるくらいビタミンCを含んでおり、疲労回復、風邪予防、ガン予防、老化防止に効果的。「カキが赤くなれば医者が青くなる」と言われるほど栄養価が高いことでも知られています。生のまま食べるのが一番ですが、凍らせてシャーベットにしてもおいしいですよ。
12 view
かぶの育て方 和風・洋風・中華の料理に大活躍! 地方色豊かな品種が勢揃い!

かぶの育て方 和風・洋風・中華の料理に大活躍! 地方色豊かな品種が勢揃い!

日本書紀に「蕪青(アオナ)=現在のかぶ」の名前が残っているほど、古くから栽培されているかぶ。日本の地域に根付いた地方品種が数多く存在します。大きさによって大かぶ、中かぶ、小かぶなどがあり、形も球形、偏球、長形、色は白、淡緑、紫紅、紅とバリエーションに富み、個性豊か。どれを育てようか?と迷うほど、栽培するのが楽しくなります。
17 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
15 view
レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

葉にレモンに含まれるシトラス系の香りがあるレモンバーム。爽やかな香りは生のままハーブティーすると際立ち、鎮静&鎮痛効果があるといわれています。お菓子や料理の香りづけや飾りにも利用でき、身近で栽培し手軽に楽しみたいハーブのひとつです。夏、白く小さな小花を咲かせます。 耐寒性もあり栽培も容易。初心者向きのハーブのひとつです。春から秋の生育期間中なら、いつでも葉が摘めるので、生の葉や花をサラダなど料理、デザートの香りづけに。使い道もさまざまで、オシャレな雰囲気が手軽に演出できます。
14 view
381 件