2018年11月1日 更新

チンゲン菜(青梗菜)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など、チンゲンサイの育て方

葉のつけ根がぷっくりと膨らんだ姿がユニークなチンゲン菜。約30年前から日本でも栽培が盛んになり、今やおなじみの中国野菜のひとつです。その理由は、短期間で収穫できるから。最近は、さらに生長が早く密植できるミニチンゲン菜も登場し、初心者でも気軽に栽培を楽しめるようになりました。

30 view

チンゲン菜とは?

 (13128)

チンゲン菜はチャイニーズ・キャベッジという英名の通り、中国の華中・華南地方を原産とする中国野菜です。アクが少ないので下茹でが不要。そのまま肉や魚介類と炒めてシャキシャキとした歯触りを楽しみながら味わうことができます。

チンゲン菜の栄養価は非常に高く、特に、疲労回復に効くビタミンC、高血圧と動脈硬化に効くβカロテン・ビタミンEの含有量が豊富。油と一緒に摂ると、栄養成分の吸収率が高まるので、炒めもののレシピがおススメです。

食べた時に辛みは感じませんが、ワサビに含まれる辛み成分アリルイソチオシアネートを含んでおり、食欲増進と血栓予防にも効果的です。品種はさまざまありますが、なかでも手のひらサイズのミニチンゲン菜「シャオパオ」は暑さや病気に強く、タネをまいてから約1ヵ月で収穫できるため、気軽に育てやすく初心者にイチオシです。

チンゲン菜の育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

収穫期:5月下旬~7月中旬(春まき)、10月中旬~12月上旬(秋まき)
タネまき期:4月中旬~5月(春まき)、9月~10月中旬(秋まき)
※中間地基準

置き場所

日が当たり、風通しの良い場所で育てます。

水やり

発芽するまでは土が乾かない程度に管理し、タネまき後は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

栽培のポイント

チンゲン菜は、タネをまいて育てます。タネまきのタイミングは、春と秋の年2回ありますが、初心者は病害虫の被害を受けにくく栽培しやすい秋まきがおススメ。ただし、チンゲン菜は害虫の被害を受けやすいので、タネをまいたらすぐに防虫ネットや不織布で覆い、トンネルを作って害虫の侵入を防ぎましょう。

肉厚な葉に育てるコツは、生育段階に応じて3回の間引きを行い、しっかり株間をあけること。1回目は双葉が出た頃で株間を3㎝に、2回目は本葉が3~4枚の頃で株間を5㎝に、3回目は本葉6~7枚の頃で株間15㎝に間引きましょう。2回目の時に肥料を施すとさらに生長が促され、お尻(株元の葉柄)を十分に太らせることができますよ。

草丈が10~15㎝になり、お尻が膨らんできたら収穫どき。根元からカットしましょう。採り遅れるとトウ立ちし、食感が筋張ってしまうので、やわらかい若い葉を収穫するようにしてくださいね。

主な病害虫

害虫:アオムシ、アブラムシ、コナジラミ ハダニなど
病気:うどんこ病、根こぶ病、炭そ病、灰色かび病など

チンゲン菜栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

チンゲン菜の土はこれがおススメ

ハイポネックス野菜の培養土14L

ハイポネックス野菜の培養土14L

排水性、保水性、通気性、保肥に優れたマルチに使える野菜専用の培養土。ココピートや赤土など、天然素材を中心に配合されています。土は生育に適したpHに調整されており、そのまますぐに使えて便利。一袋に標準型のプランター(65㎝)約1個分の土が入っています。

追肥に最適!手軽に使える

液体肥料住友化学園芸 ベジフル液肥 800ml

液体肥料住友化学園芸 ベジフル液肥 800ml

植物由来の天然有機質を配合した速効性の液体肥料です。9種類のミネラル、9種類のビタミン、17種のアミノ酸、糖類などの有効成分の作用で、おいしい野菜に育ちます。たくさん収穫したい時に使っても効果が期待できますよ。

食酢100% 病気と虫の予防と退治に安心して使用できる

アース製薬 アースガーデン やさお酢 1000ML

アース製薬 アースガーデン やさお酢 1000ML

アブラムシやコナジラミ、ハダニ、ウドンコ病などの予防に。2~3日おきに散布せればOK。独自ブレンドの酢でできているので収穫直前まで安心して使用できます。

短期間で収穫できるチンゲン菜!タネのまき過ぎに気をつけて

 (13158)

生長スピードが早く短期間で採れるチンゲン菜。タネをまき過ぎてしまうと一度にどっさり採れて困ってしまうことも…。
そんな時は、一週間ほど時期をずらし、数回に分けてタネをまけば長期間、少しずつ収穫を楽しめますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

暑さに強く、手間をかけずとも葉が茂り、初夏~秋まで収穫できるクウシンサイは初心者向きの野菜のひとつ。そのうえ栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、鉄分、カリウムが豊富。なかでも鉄分を多く含み、疲労回復に効果的とか。クウシンサイで、夏バテ予防のレシピを作ってみては?
32 view
ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

赤や黄色の愛らしい果実をつけるラズベリー。日本に自生する野生種も多く、手軽に育てることができます。日当たりのいいスペースがあったら、ぜひトライしてほしい初心者向けの果樹です。どれもほどよい酸味と甘みがあり、生食向き。熟したものから順に口に運べば至福の時間が広がります。ジャムやソース、果実酒などにも利用できます。ニ季なりの「サマーフェスティバル」や「インディアンサマー」という品種なら、初夏と秋、2回の収穫が楽しめます。
231 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
157 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
170 view
オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫など、プランターでできるオクラの育て方

オクラの栽培方法は?種まき・収穫や肥料・用土、気をつけたい病気・害虫など、プランターでできるオクラの育て方

オクラは暑さに非常に強くて育てやすく、多く収穫できるので、初めて栽培する人におすすめしたい野菜です。初夏に咲くレモンイエローの大輪花も美しく、花と実の両方を楽しめますよ。最近は、小学生が学校でオクラを栽培することもあるといいます。オクラのネバネバ成分は栄養価が高く、夏バテにも効くと言われています。若取りしたミニオクラはやわらかく生食向き。サラダやオクラ納豆などのレシピで調理すればオクラの栄養を余すことなく食べることができますよ。
237 view

この記事のキーワード