2018年10月26日 更新

フランネルフラワーの育て方は?地植えより鉢植え?肥料や用土など寄せ植えに使えるフランネルフラワーの栽培方法

花や葉がフェルトのようにやわらかく、やさしい色合いから名づけられたフランネルフラワーは、眺めるだけで心が癒されます。ドライフラワーのような見た目の通り、水分が少なくても育ち、 高温多湿さえ避ければ、四季を通して楽しめます。好みの鉢に植えたり、寄せ植えに使って、雑貨と組み合わせて飾っても素敵です。

90 view

切り花だけじゃない!鉢植えもできるフランネルフラワーとは?

 (8246)

以前は輸入の切り花でしか見かけなかったフランネルフラワーですが、最近では日本で品種改良された鉢花が増えてきました。原産地のオーストラリアを中心に15種ほどあるアクチノータス属の中でも、現在、日本で流通しているのはヘリアンティ種という四季咲き性の品種です。

フランネルフラワーはお日様が大好きなので、日が当たらない場所ではうまく花をつけてくれません。また、寒さで凍らせると枯れてしまうので、冬は室内の日が当たる場所に取り込みましょう。

上手に育てれば12月まで花を鑑賞できます。高温多湿にも弱いので、夏越しは風通しが良く涼しい半日陰で管理するのがポイントです。

フランネルフラワーの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル 

植えつけ・植え替え期:4月~5月 9月~10月
開花期:4月~6月 9月~12月
※関東地方以西基準

栽培環境・日当たり・置き場所

日当たりが良く雨がかからない場所を選びます。梅雨明けから9月下旬までは半日陰で、冬期は室内に取り込むと良いでしょう。

水やり

土が乾いてから水やりします。多湿は禁物ですが、根を痛めるほどの極端な乾燥は避けてください。

栽培のポイント

フランネルフラワーの株はデリケートなので、地植えにするよりも、季節によって移動できる鉢植えでの栽培がおすすめです。土壌は酸性を好むため、通常行う植えつける用土に施しておく石灰は必要ありません。根を傷つけないよう根鉢を崩さず植えつけましょう。

根が繊細なので、濃度の高い肥料を施すと肥料焼けを起こします。そこで、規定よりさらに2倍に薄めた液体肥料を週1回程度、葉にかからないよう根元に与えます。薄めの液肥を、回数多く与えるのがコツですよ。

主な病害虫

害虫:ハダニ
病気:灰色カビ病

フランネルフラワーを育てるための用土、肥料とは

天然成分配合で元気に育つ培養土

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

木質堆肥やココナッツファイバーなどの天然成分を原料にオリジナルの有機資材や海藻成分等もプラスされ、そのまま植えれば元気に育ちます。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

住友化学園芸 花工場 原液/1000ml

住友化学園芸 花工場 原液/1000ml

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料。フランネルフラワーには規定の倍量の水で薄めて使用しましょう。

そのままスプレーするだけ。害虫と病気を防いでくれる

住友化学園芸 GFモストップジンRスプレー 900ml

住友化学園芸 GFモストップジンRスプレー 900ml

ハダニ類やアブラムシ類の退治に効果的。害虫とうどん粉病などの病気を同時に防いでくれるスプレー剤。そのままスプレーするだけで手軽に使用できます。

種を採取して苗づくりに挑戦しよう!

 (8276)

開花した花をそのままにしておくと種が実ります。その種を採取し5月にまくと、うまくいけば苗をつくれることもあります。ただし、増やした株は無断で譲渡、販売することが禁止されていますので、個人で楽しむ範囲にしてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
25 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
29 view
ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

大輪で豪華な花を咲かせるものや、シンプルな一重咲きのものまで、さまざまな園芸品種があるダリア。日本の暑さに耐え、環境さえあえば手間いらずで毎年、花を咲かせてくれる初心者向きの草花です。花色、花形、草丈もさまざまに選べるので、夏花壇を彩る草花として活躍してくれます。ダリアの花ならではのダイナミックな雰囲気は、花壇や寄せ植えのアクセントにぴったり。切り花にしてブーケなど、花束にしても素敵です。
113 view
ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

南ヨーロッパ原産で切り花としても親しまれているストック。ピンクや白、赤、紫、黄など豊富な花色と独特の香りがあります。ふわふわとした花びらが美しい八重咲きのものと楚々とした雰囲気の一重咲きのもの、どちらも人気があり、秋以降、植えつけすると早春から5月頃まで、花の少ない季節に甘い香りとともに華やかな印象の花を楽しませてくれます。ムスカリやスイセンなどの球根植物やパンジー等と花壇に植えると、愛らしい早春の庭ができあがります。
71 view
ノースポールの育て方は?種まき時期や剪定、肥料・用土など鉢植えでも育てられるノースポールの栽培方法

ノースポールの育て方は?種まき時期や剪定、肥料・用土など鉢植えでも育てられるノースポールの栽培方法

中心が黄色で直径3㎝ほどの小さな白い花を咲かせるノースポールは、12月頃から5月頃まで楽しむことができます。花の少ない時期、長期間楽しめる草花として人気があります。初心者でも育てやすいので冬のガーデニングには欠かせません。花はリンゴの香りがするカモミールにも似ていますが、ノースポールの花のチーズのような強い香りと、シュンギクのような葉が特徴です。また白花のマーガレットにも似ていますが、花の大きさに違いがあります。
101 view

この記事のキーワード