2018年10月17日 更新

イチジク(無花果)は鉢植えで栽培できる?必要な肥料や収穫、剪定時期などいちじくの育て方をご紹介

イチジクは放っておいても実がなるほど生育旺盛で、ガーデナー初心者が育てやすい果樹。完熟果はデリケートで流通が難しいため、流通しているのは完熟手前で収穫した果実。樹上で完熟果を収穫し味わえるのは家庭栽培ならではの楽しみです。収穫が始まると毎日少しずつ長期間採れるのもうれしいですね。

401 view

イチジクにもいろんな種類がある

 (5787)

イチジクはクワ科のイチジク属の落葉小高木で旧約聖書にも登場する歴史の深い果物。花を咲かせずに実をつけるように見えることから「無花果」と書きます。原産地は小アジアまたはアラビア南部。暖地向きの果物のため寒さに弱く、関東以北では庭植えは難しいとされています(鉢植えは可能)。

初夏に実が収穫できる品種と、晩秋~秋に収穫できる品種があります。大きな実が成り収穫量が多い「ドーフィン(夏秋兼用品種)」が有名ですが、甘さを求めるなら糖度が30度を超える「ヌアール・ド・カロン(夏秋兼用品種)」がおすすめ。寒冷地で育てる場合は寒さに強い白イチジク「蓬莱柿(秋の品種)」がおすすめです。

イチジクの育て方

基本的な生育のサイクル

収穫期:6月下旬~8月上旬(夏果)、8月中旬~10月中旬(秋果)
植え替え:11月~3月
剪定:12月~2月
※気温や植物の状態により前後します。

置き場所

日あたりの良い場所。過湿を嫌うので、ほどよく水はけと水もちの良い場所を好みます。

水やり

鉢植えの場合は土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るまでたっぷりと水やりを行います。庭植えの場合は夏に強い日照が続いたら水やりを行う程度でOK。

栽培のポイント

庭植えの場合は有機物を含んだ土質の場所に植えつけます。鉢植えの場合は水はけと水もちの良い果樹専用の土に植えつけるか、水はけの良い土に元肥を混ぜ込んで植えつけます。

植えつけ・植えかえの適期は4月~6月。鉢植えは2~3年に1回植えかえます。晩秋~年明けに追肥(置き肥)を施し、その後6~9月の間に3回ほど追肥します。

生育期は水分蒸散量が旺盛なので、夏期の乾燥時の水切れには要注意。寒冷地では冬期は屋内に取りこんで管理します。

実つきを良くするためには、冬期の剪定作業が大切。秋果種は枝のどこを切り詰めても問題ありませんが、夏果種は切り詰めてしまうと着果しないので注意して行いましょう。

主な病害虫

害虫:カミキリムシ、センチュウ
病気:疫病やさび病

イチジク栽培に使えるガーデニング用品

花ごころの特選培養土

特選有機培養土 12L〔リットル〕 【花ごころ】

特選有機培養土 12L〔リットル〕 【花ごころ】

野菜やいろいろな植物にそのまま使えます。地力を高めるココナッツファイバーなどの土壌改良素材を配合。 効き目が穏やかで肥効期間が長いIB肥料と 海藻成分のミネラルとカルシウムの効果で、根張りをよくします。

果樹に使える安心の肥料

果樹・花木の肥料 1.8kg

果樹・花木の肥料 1.8kg

油かす・米ぬかなどを多く含む有機肥料。リン酸を多く含んでおり、花つきや実つきがよくなります。 醗酵処理されているので効果が長く続きます。

便利なスプレータイプ

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

定番のベジフルスプレーですね。もちろんイチジクにも使えますよ!

イチジクは初心者向き

 (5808)

イチジクは鉢やプランターでも育てられるので、庭が広くなくても大丈夫です。
初心者でも出来る果樹栽培に、挑戦してみませんか。収穫が楽しみになりますよ!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

生長が早く、鉢植えでも育てられるモモ。病害虫が多いので、注意が必要です。植えつけた後、1年あれば実をつけ始めるのが魅力。多くの品種がありますが、家庭で栽培するなら6月頃から収穫が楽しめる早生品種 「ちよまる」や「ひめこまつ」などの品種が初心者向きでおススメです。4月上旬に開花したあと6月から実をつけ始めます。モモは1本だけでも結実してくれる自家結実性。自宅で栽培すれば、旬の時期には完熟したモモが存分に堪能できます。
29 view
ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
57 view
大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
173 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
43 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
45 view

この記事のキーワード