2019年9月20日 更新

じゃがいもの栽培は簡単?肥料や品種、害虫対策から収穫時期までジャガイモの育て方をご紹介

食物繊維やビタミンCをたっぷり含む栄養満点のジャガイモは、大人にも子供にも大人気。ここ数年、めずらしい色や形の品種も増えてきました。ガーデニング初心者でも簡単に栽培でき、畑がなくても大きめのコンテナがあれば栽培できます。今回はジャガイモの育て方とあったら便利なアイテムをいくつか紹介します。

ジャガイモとは?どんな品種があるの?

 (5675)

主食として世界中で親しまれ、栽培されているジャガイモ。ナス科、ナス属の一年草です。原産地が南米アンデス高原のため涼しい気候を好み、早春から植えつけることができます。種イモを植えつけさえすれば収穫できますが、芽かき・土寄せをきちんとすることが成功の秘訣です。

主な品種は「男爵」と「メークイン」。丸っこい「男爵」は粘りがなく火を加えるとホクホクする反面、煮崩れしやすいので粉ふきいもやポテトサラダに最適。
細長い「メークイン」は粘りがあり煮崩れしにくいので煮物や揚げ物に向いています。

品種改良が進み「キタアカリ」「インカのめざめ」など、より美味しいジャガイモが登場しているので好みの品種を育ててみてはいかがでしょうか。

初心者のみなさんがよく疑問に思うのが、スーパーで売っている食用のジャガイモを種イモに出来ないの?ということ。
食用のジャガイモは、食用として栽培されているため、病気にかかりやすいことから、栽培には向きません。ホームセンターで種イモは販売されていますので、種イモを使って栽培するようにしてください。

ジャガイモの育て方

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:2月下旬~4月上旬、8月下旬~9月上旬
収穫期:5月下旬~6月(春作)、11月下旬~12月上旬(秋作)
※気温や植物の状態により前後します。

置き場所

涼しい気候の日当たりの良い場所を好みます。

水やり

プランターの場合、栽培期前半は土が乾いたら水やりをし、栽培期後半は乾燥ぎみに育てるのがポイント。露地栽培の場合、植えつけ時にたっぷりと水やりをします。それ以外は、ほとんど水やりの必要がありません。

栽培のポイント

春に種イモを植えるのが一般的。培養土に元肥を混ぜ込み、種イモを植えつけます。

芽が出すぎると養分が分散してしまうため伸びた芽のなかで生育の良い1~2本を残し、ほかはすべて芽を摘み取り、一つ一つのいもを大きく育てるのがポイント。

イモが太り始めたら、しっかり土寄せします。寄せ上げる土の量が少ないと子いもが地上に顔を出して緑色になり毒素が発生するので要注意。

2週間後に再度土寄せを行い、水やりを行うかわりに追肥を与えます。地上部が黄色くなってきたら収穫のサイン。晴れた日に収穫をしましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、テントウムシダマ、ヨトウムシ、ネキリムシ 
病気:枯れによる疫病

家庭菜園でジャガイモを育てるための用土、肥料をご紹介

ジャガイモの用土はこれで安心

ハイポネックス野菜の培養土14L

ハイポネックス野菜の培養土14L

ココピート、赤土などの天然素材を中心に配合されています。排水性、保水性、通気性に優れた培養土です。 背の高い野菜も風で倒れない少し重い土。1袋で標準型プランター(65cm)約1個分ありますよ。

ジャガイモの植付けに必要なもの

アミノール化学研究所 草木灰(500g)

アミノール化学研究所 草木灰(500g)

植物の成育、開花、結実の促進や活力を高めてくれる肥料です。種イモを植える時に切り口につけると、枯れ込みや病害虫予防になります。

ジャガイモの成長を助ける便利な肥料

花ごころ ゴロゴロとれる ジャガイモの肥料 400g

花ごころ ゴロゴロとれる ジャガイモの肥料 400g

植物に必要な3大栄養素(チッ素、リン酸、カリ)をバランス良く配合しています。ジャガイモの生長を助け、タンパク質、アミノ酸、微量要素を含んだ美味しいジャガイモを育てます。まきやすい粒状タイプなので使いやすいですね。

ジャガイモにつくアブラムシを撃退!

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー 420ml

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー 420ml

イヤな臭いもなく、さまざまな野菜やハーブ、果樹に使えます。有機JAS規格(オーガニック栽培)で使える食品成分の殺虫殺菌剤で、アブラムシ、ハダニ、うどんこ病を包み込んで退治するほか、薬に抵抗性のある病害虫にも効果的です。元気なジャガイモを育てるために、1本用意しておくと安心ですね。

こちらの薬剤以外にも、ジャガイモ栽培に使えるアブラムシ撃退用のおすすめ薬剤をご紹介していますので、チェックしてみてください。

ジャガイモ栽培に挑戦しよう!

 (5676)

ジャガイモは、比較的かんたんに育てられる家庭菜園で出来る野菜のひとつ。収穫のときに、引き抜く瞬間は感動ですよ。手間もかからず、新鮮なジャガイモが食べられるのを楽しみにしながら、日々成長を見守るのも楽しいですね。

ジャガイモを植える時期は、年2回チャンスがあります。春作は2月下旬~4月上旬、秋作は8月下旬~9月上旬です。ホームセンターにも種イモが出ていると思うので、ぜひ挑戦してみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ジャガイモの栽培方法とは?プランターで栽培できる?種イモの選び方や植え付けの方法など詳しくご紹介

ジャガイモの栽培方法とは?プランターで栽培できる?種イモの選び方や植え付けの方法など詳しくご紹介

ジャガイモにはさまざまな品種があり、イモのなかでもあらゆる料理に使われる野菜の定番。化成肥料などで土壌を整えれば、プランターでも比較的簡単に栽培することができます。今回は、種イモから芽を出して植え付ける方法や、芽かき、収穫までの流れを詳しくご紹介します。
858 view
初心者でも簡単に始められる!プランターでトマト栽培におすすめの商品をご紹介

初心者でも簡単に始められる!プランターでトマト栽培におすすめの商品をご紹介

家庭菜園を始めてみたいと思っていても、何を栽培すればよいかわからない方もいると思います。トマトなら初心者でも簡単に栽培することができます。今回はトマト栽培におすすめの土や肥料、プランターなどをご紹介します。トマト栽培を始める際の参考にしてみてください。庭がなくても、マンションのベランダでも出来ますよ。
4,417 view
プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

気温が暖かくなる春から夏にかけて、家庭菜園を楽しむ方も多いのではないでしょうか。トマトやキュウリなどの夏野菜は難易度がそう高くなく、プランターでも栽培しやすいのが特徴的。そこで今回はおすすめの夏野菜や土作りなど、初心者でも上手に育てる方法をまとめました。
131,907 view
シシトウの育て方とは?栽培方法や収穫時期など詳しくご紹介

シシトウの育て方とは?栽培方法や収穫時期など詳しくご紹介

ししとうは、熱帯地域を原産とする夏野菜。高温に強く夏でも元気に育ちます。病害虫の被害も少なく栽培しやすいのが大きな魅力。初心者でもプランターや露地栽培で簡単に育てることができますよ。 ただし、栽培方法は同じでも環境や天候によって辛さが変わることがあります。辛いのが苦手な人は、辛みを抑えた品種を選ぶと良いかもしれません。
12,935 view
プランターでピーマンは栽培できる?水やりなどの育て方から、肥料・用土のおすすめまで

プランターでピーマンは栽培できる?水やりなどの育て方から、肥料・用土のおすすめまで

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
19,451 view

この記事のキーワード