2018年10月26日 更新

ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

南ヨーロッパ原産で切り花としても親しまれているストック。ピンクや白、赤、紫、黄など豊富な花色と独特の香りがあります。ふわふわとした花びらが美しい八重咲きのものと楚々とした雰囲気の一重咲きのもの、どちらも人気があり、秋以降、植えつけすると早春から5月頃まで、花の少ない季節に甘い香りとともに華やかな印象の花を楽しませてくれます。ムスカリやスイセンなどの球根植物やパンジー等と花壇に植えると、愛らしい早春の庭ができあがります。

71 view

ストックとは?

 (9455)

アブラナ科の一年草。原産地では多年草ですが、日本では秋まきの一年草として扱われています。花色、花形はもちろん、草姿や草丈の違う品種が豊富にそろいます。

鉢花や花壇用の草丈の低い品種もあり、秋以降、出回る苗を植えて育てると初心者でも手軽に育てられます。愛らしい草姿はカントリーにもエレガントにも利用でき、寄せ植えにプラスするのもおすすめです。飾りたい用途に合わせて品種選びが楽しめます。

ストックの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期:8月~9月
植えつけ期:8月下旬~ 9月
開花期:2月~5月
※関東地方以西基準

置き場所

日なたの水はけの良い場所で管理します。霜にあたると枯れてしまうので、温暖地以外、冬は防寒用のネットなどをかけて霜よけします。鉢植えの場合は軒下などに移動しましょう。

水やり

過湿を嫌うので水やりは土の表面が乾いてから与えるようにします。地植えの場合は、乾燥した時のみ与えます。

栽培のポイント

日当たりと水はけの良い場所で管理するのがポイントです。日当たりが悪いと花つき、花色が悪くなり、ひょろひょろと軟弱に育ってしまうので、日なたで育てることが大切です。根は過湿を嫌うので土の表面が乾いたらたっぷりの水を与えます。

植えつける際は腐葉土などの有機質に富んだ土を使用し、元肥を混ぜ込んでおきます。開花期、花色や生育が悪い場合は緩効性の化成肥料を与えるよいでしょう。鉢植えする場合は病害虫を避けるため、市販の清潔な培養土を使用するのがおすすめです。

また開花後にできる種を利用し、8月から9月に種まきすることもできますが、初心者は苗を買って植えた方が手間なく美しい花が楽しめます。冬は軒下か防寒ネットなどで霜よけし、水やりを少なくして管理します。

主な病害虫

害虫:コナガ
病気:立ち枯れ病

ストック栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

有機由来の元肥入りでそのまま使える

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土...

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土 14L

天然素材中心の原料をベースに、排水性、通気性、保肥性にも優れた元肥入りの培養土です。 プランターや鉢植え植物にも最適です。

ゆっくり長く効果が持続。植物の生育を助ける

ハイポネックス マグァンプK中粒 1.3kg

ハイポネックス マグァンプK中粒 1.3kg

植物の植えつけ時に混ぜるだけでOK。1度混ぜ込めば1年間効果が持続。根に直接触れても肥料やけの心配もありません。植物の生育を助け、花つきを良くします。

ストックにつきやすいコナガに高い効果

住友化学園芸 STゼンターリ顆粒水和剤

住友化学園芸 STゼンターリ顆粒水和剤

ストックの葉を食害するコナガを見つけたら早めに捕獲し、薬剤を。天然成分由来で他の植物への影響が少ないのも魅力。

豊富な品種選びが楽しめる!初心者にはストックがおすすめ

 (9485)

江戸時代に渡来し、アラセイトウ(紫羅欄花)という和名で親しまれてきたストック。茎が太く丈夫ことから名付けられ、日当たりと水はけのよい環境なら初心者にも育てやすい草花です。最近は花色がますます豊富になり、同じ色でも淡いものからビビッドなものまで充実しています。早春の花壇計画にプラスすると甘い香りもあいまって春らしい雰囲気いっぱいになりますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
15 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
25 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
29 view
芙蓉(フヨウ)の育て方は?鉢植えもできる?肥料や用土など芙蓉の栽培方法

芙蓉(フヨウ)の育て方は?鉢植えもできる?肥料や用土など芙蓉の栽培方法

日本の南部や中国、台湾などが原産といわれるフヨウは白やピンクのかわいい花を咲かせる夏の花木として古くから親しまれてきました。朝開いて夕方にはしぼんでしまう花は一日花ですが、最盛期には次々と切れ間なく花を咲かせて楽しませてくれます。 関東以西の暖地なら地植えのまま越冬も可能で、野生化していることも。花後は実ができ、そのままにしておくと気温が下がる頃には熟し、実がはぜます。落葉し、はぜた実だけがついたフヨウは「枯れフヨウ」と呼ばれ、冬の季語になっています。
121 view
カンナの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など鉢植えで球根から育てるカンナの栽培方法

カンナの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など鉢植えで球根から育てるカンナの栽培方法

カンナは、何と言ってもその大きな葉と鮮やかな花が魅力的。最近は葉も花も色の幅が広がり、庭の雰囲気や好みに合わせて選べるようになってきました。緑葉と赤花の定番カラーの組み合わせも良いですが、存在感があるダークな葉や斑入り葉を選べば、庭がワンランクアップのおしゃれな雰囲気になりますよ。
126 view

この記事のキーワード