2019年2月9日 更新

水耕栽培とは?トマトやレタスなど野菜を育てる!水耕栽培におすすめのキットと液体肥料をご紹介

室内での家庭菜園でおすすめなのが水耕栽培。トマトやベビーレタスなど、食卓を彩るちょっとした野菜を自宅で栽培してみませんか?肥料は液体肥料を使うのがポイント。ハイポネックスなど初心者でも簡単に利用できる商品もご紹介します。ぜひ挑戦してみましょう。

水耕栽培とは

gettyimages (19185)

水耕栽培とは、土を使わず水と液体肥料を使って野菜などの植物を育てる栽培方法です。
液肥を使って栽培するため、難しい肥料の調整などは必要なく、初心者でも簡単に家庭菜園を始めることができます。
また、室内で行う水耕栽培は、季節や天候、害虫に左右されにくいところがメリットといえるでしょう。

水耕栽培に適した野菜として、レタスやリーフレタス、ベビーリーフなどの葉野菜に加えて、トマトもおすすめです。
水耕栽培のポットは、窓辺など日当たりの良い場所が適しています。窓辺に置くことで、野菜として美味しくいただけるだけでなく、窓際のインテリアとしても楽しむことができます。

水耕栽培は栽培キットがおすすめ

gettyimages (19187)

インテリアとしても楽しむことができる水耕栽培は、栽培キットを使うのがおすすめです。誰でも簡単に、かつ見た目もきれいに栽培をすることができます。
お子さんでも簡単に栽培可能ですので、親子で栽培に挑戦してみましょう。自由研究の材料としてもいいですね。

とくに、トマトなど実がなる野菜は子どもも喜んで取り組めるでしょう。葉が徐々に成長していく様も、室内なら簡単に観察することができ、コンパクトな栽培なのでスケッチするなど記録をつけるのも簡単です。ここではおすすめの栽培キットをご紹介します。

トマトの形がかわいい栽培キット

水耕栽培 キット ホームハイポニカ 601 トマト型の...

水耕栽培 キット ホームハイポニカ 601 トマト型の水耕栽培 セット

まずはトマトの水耕栽培におすすめの商品をご紹介します。
「水耕栽培 キット ホームハイポニカ 601」はトマトの形をした栽培キットです。結実する野菜の栽培に適しており、トマトはもちろんキュウリやピーマンも育てることが可能です。
さらに、これ一つで栽培のために必要なものがすべてそろっているのも嬉しいポイント。これさえ購入すればすぐに栽培を始めることができます。
また、別売りの葉菜パネルを使えば葉野菜も栽培することができます。「水耕栽培 キット ホームハイポニカ 601」と育てたい葉野菜の種を購入するだけでいいのは、お手軽で嬉しいですね。初心者の方でもこれさえあれば安心です。家庭菜園ビギナーにおすすめのキットです。

最初の収穫まで水やり不要!?

水耕栽培器 GreenFarmCube グリーンファー...

水耕栽培器 GreenFarmCube グリーンファーム キューブ ホワイト

初めて収穫をするまでは、何と一度もほぼ水やり不要という「水耕栽培器」です。コンパクトなケースには、日光の代わりとなるタイマー付きの白色LEDライトを搭載。インテリアとして机の上に置いてもおしゃれですね。
こちらも水耕栽培初めてという方に簡単でおすすめ。水やりに不安があるという方にとくにおすすめです。

親子で楽しみながら栽培

こどもとお母さんの水耕栽培キットBM

こどもとお母さんの水耕栽培キットBM

「こどもとお母さんの水耕栽培キットBM 」は、ベビーレタスを種から栽培するためのキットです。
クリアな容器で発芽の様子を観察しやすく、栽培も簡単なため自由研究にも最適です。
約30日ほどでベビーレタスが収穫可能。日中は日当たりのよい場所、夜は室内灯の当たる場所に置くとより成長しやすくなります。
自分で育てた野菜を食べる楽しみも味わうことができるのが、子どもにとっても嬉しい体験となるはずです。
また、水と液体肥料のみで栽培が可能なため虫などの心配もなく、綺麗な野菜を安心して食べることができます。少しずつ収穫すれば、日々の食卓のちょい足し野菜として彩をプラス。短期間で収穫までを楽しむことができる嬉しいキットです。

水耕栽培におすすめなのはなぜ液体肥料?

gettyimages (19188)

水耕栽培に不可欠なのは液体肥料(液肥)。液体肥料を利用すれば、植物に必要な栄養分が効率よく根から吸収され、野菜が元気に育ってくれます。
液体肥料には「化成肥料」と「有機肥料」の2つのタイプがあります。この中でも初心者の水耕栽培に適しているのは「化成肥料」。化成肥料は腐りにくく、また有機肥料と違って水が濁ることもないため、外観も清潔で綺麗に保つことができるのです。
有機肥料は栄養が豊富ですが、その反面腐りやすいというデメリットもあります。植物の生育状況に応じて使用するようにしましょう。また、液体肥料の多くは植物の根を丈夫にするための栄養分である「カリウム」が含まれています。

水耕栽培におすすめの肥料

gettyimages (19431)

液体肥料 ハイポニカ

ハイポニカ液体肥料500mlセット

ハイポニカ液体肥料500mlセット

「液体肥料 ハイポニカ」は、植物のあらゆる成長段階でも同じ希釈率で利用することができる液体肥料です。難しい調整がないため、初心者にとくにおすすめです。
また、水耕栽培はもちろん、土を使った栽培にも利用することができるオールマイティーな液体肥料です。家庭菜園を始めるなら、購入しておいて間違いない商品といえるでしょう。

ベジフル液肥

ベジフル液肥 800ml

ベジフル液肥 800ml

「ベジフル液肥」は有機肥料ではありますが、有機肥料特有の臭いがなく使いやすい液体肥料です。9種類のミネラルやビタミン、そして17種類のアミノ酸を含有しており、これら天然由来の成分は効率よく植物に栄養を届けます。
植物の種類や生育状況に合わせて希釈率を変えることで、より効果的に植物に栄養を補給することができます。

微粉ハイポネックス

微粉ハイポネックス 200g 

微粉ハイポネックス 200g 

「微粉ハイポネックス」はアメリカで開発された液体肥料で、植物が成長するために必要な栄養分がパランス良く含まれているのが特徴です。カリウムやカルシウムを豊富に含み、株を丈夫にすることが期待されます。
葉の色が良くなかったり、生育が遅かったりする場合も「微粉ハイポネックス」の使用がおすすめです。また、室内栽培で光が不足している際、栄養を補うためにも効果的です。

水耕栽培で気軽に家庭菜園に挑戦

gettyimages (19190)

初心者でも簡単な水耕栽培。室内での栽培なら害虫の心配もないため、綺麗な野菜を安心して食べることができます。また、農薬を使う必要がないのも嬉しいポイントですね。
水耕栽培での家庭菜園、ぜひ挑戦してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、おすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
17,155 view
ワケギ(分葱)・アサツキ(浅葱)の育て方、増やし方とは?初心者でもできる簡単な栽培方法をご紹介

ワケギ(分葱)・アサツキ(浅葱)の育て方、増やし方とは?初心者でもできる簡単な栽培方法をご紹介

料理の薬味やトッピングに重宝するワケギ(分葱)とアサツキ(浅葱)。 プランターや鉢で簡単に育てられるため、ベランダ栽培でも人気の高いネギ科の野菜です。 一度植えると、長い間収穫できるので初心者の方にもおすすめですよ。 今回はそんなワケギとアサツキの栽培のポイントをご紹介します。
32 view
スプラウトとは?種類や栄養素は?栽培方法とレシピを覚えて、サラダだけじゃないレシピに挑戦しよう!

スプラウトとは?種類や栄養素は?栽培方法とレシピを覚えて、サラダだけじゃないレシピに挑戦しよう!

昔は「カイワレ大根」が代表だったスプラウト。最近では「ブロッコリースプラウト」など、ダイエット食材として注目を浴びています。今回はスプラウトの種類や栄養素、選ぶポイント、保存法、栄養を逃がさないレシピをご紹介します。美味しく食べて健康を維持しましょう!
189 view
多肉植物の育て方とは?水やりと肥料のポイントを正しく理解しよう!

多肉植物の育て方とは?水やりと肥料のポイントを正しく理解しよう!

ぷっくりと独特のフォルムが可愛らしい多肉植物。ほかの植物や雑貨と並べたり、幾つもの種類と寄せ植えにしたりといろいろ楽しめます。そんな魅力的な多肉植物ですが、正しい育て方を知っていますか?肥料や水やりなど手入れのポイントをこの機会にチェックしておきましょう。
3,793 view
秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋に植える野菜は病害虫が少ないため、初心者にもおすすめです。 また、プランター栽培できるので、室内やベランダでも家庭菜園が楽しめます。 そこで今回は秋植え野菜の特徴や育て方のポイントをまとめました。 たくさん収穫して、美味しくいただきましょう。
64 view

この記事のキーワード