2018年10月17日 更新

ケイトウの育て方 最近おしゃれな品種が増え、人気急上昇中!

花の形がニワトリのトサカに似ているので「鶏頭」と書かれることもあるケイトウ。そんなリアルな表現とは裏腹に、最近は、洋風の花壇にも、アレンジメントや花束にも使えるオシャレな園芸品種が増えてきました。発色のよさとキャンドルのような形をいかして、寄せ植えやリースを作っても素敵です。

62 view

ケイトウとは?

 (15063)

ケイトウは熱帯原産、ヒユ科の春まき一年草。初夏から晩秋にかけて色あざやかな花を咲かせます。ケイトウにはさまざまな品種があり、花穂の形状によって以下5つのタイプに分かれます。

1.トサカ系…ひょろりとした花茎の先に波打つ花冠が目立つタイプ。独特の形とベルベットのような質感が特長。「ボンベイ」や「ホットトピック」が代表種。
2.久留米ケイトウ系…花穂が折り重なって球状になっているタイプ。ボリュームがあるので花壇に最適。「アーリーローズ」が代表種。
3.ヤリケイトウ系…花穂がヤリのような円錐形でキャンドルタイプという別名も。「八千代」が代表種。
4.羽毛ケイトウ系…花穂が羽毛のようにフサフサしているタイプ。「きもの」や「センチュリー」が人気種。
5.ノゲイトウ系…いくつも伸びる花茎にロウソクのような形の花穂がつくタイプ。「メリダ」や「ビューティーシリーズ」が人気種。

ケイトウは、花穂の形や色が多種多様。丈夫で育てやすいことから、寄せ植え向きの植物です。特に、秋は生長がゆるやかで草姿が暴れることがなく、寄せ植えの素材にぴったり! 花が咲き進むと華やかさが増すのも魅力のひとつ。寂しくなりがちな秋冬の鉢や花壇に、あざやかなケイトウを取り入れて彩ってみてくださいね。

ケイトウの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:7月~11月
タネまき期:4月下旬~8月
※関東地方以西基準

置き場所

日当たりと水はけのよい場所であれば元気に育ちます。品種によって草丈や株張り、ボリュームが異なります。育てる場所や広さに適した品種を選ぶようにしましょう。

水やり

根がしっかり張るまでは十分に水を与え、乾かさないことが大切。特に、苗が小さいうちは乾かないように注意してください。

栽培のポイント

ケイトウは一年草なので、毎年タネをまくか苗を植えつけます。過去2年間ケイトウを栽培していない場所、または、新しい用土に植えるのがポイントです。タネをまく時期は4月下旬、気温が25℃ほどになってから花壇やコンテナにタネを直まきしましょう。6月頃タネを遅めにまくと草丈が低い状態で花が咲き、見ごたえが出ますよ。苗も同様、霜が降りなくなってから植えつけてください。

生育中の施肥は、控えめに。鉢植えは2週間に1回、薄めの液肥を与えます(庭植えの施肥は不要)。蕾ができ始めたら、施肥は中止しましょう。肥料が多すぎると葉ばかりが大きく茂り、見ためが悪くなります。分枝が多い品種は、草丈20~30㎝の時に摘心を行うとコンパクトになり、花数も増えますよ。

ケイトウは、短日植物です。夏至以降、日が短くなってくると花がよく咲き始めますよ。やがて、晩秋になると花は枯れ、冬越しをすることはできません。次の年も楽しむには秋にタネを採取して保管しておき、春になったら、またタネをまいて育てましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ヨトウムシ、ハダニ
病気:立枯病、灰色かび病

ケイトウ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

軽くて通気性の高い清潔な専用培養土

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

通気性、保水性に優れ植物の生育に適した培養土です。天然有機物がまんべんなく成分が配合され、植物がいきいきと育ちます。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

住友化学園芸 花工場原液

住友化学園芸 花工場原液

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料で、水で薄めて使用します。

そのままスプレーするだけ。害虫と病気を防いでくれる

住友化学園芸 GFモストップジンRスプレー

住友化学園芸 GFモストップジンRスプレー

ハダニ類やアブラムシ類、退治に効果的。害虫とうどん粉病などの病気を同時に防いでくれるスプレー剤。そのままスプレーするだけで手軽に使用できます。草花はもちろんトマトやキュウリ、ナスなどにも使用できます。

華やかな花を咲かすケイトウの花言葉は?

 (15094)

ケイトウの花言葉は「おしゃれ」「気取り屋」。花の形が、真っ赤なトサカをしたニワトリが胸を張って歩く雄鶏に見えるので、そんな花言葉が生まれたのでしょう。また、花を乾燥させても色があせないことから「色あせない恋」という花言葉もあるそうですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カスミソウの育て方 ピンクや赤い花も人気急上昇中!

カスミソウの育て方 ピンクや赤い花も人気急上昇中!

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?
17 view
ベロニカの育て方は?苗から?種から?肥料や用土など、寄せ植えも楽しめるベロニカの栽培方法

ベロニカの育て方は?苗から?種から?肥料や用土など、寄せ植えも楽しめるベロニカの栽培方法

スマートな縦のラインと瑠璃色の花が美しいベロニカ。北半球に広く自生し、草丈1m以上に育つ品種から矮性で草丈の低いもの、グランドカバーにも利用できる横に広がるタイプなど多くの品種があります。多年草で耐寒性、耐暑性があり、育てやすい草花なので、花壇や寄せ植えに大人気。洋風にも和風にもコーディネートできる雰囲気で、夏のボーダー花壇や、ロックガーデンにプラスするとワンランクアップの庭が手軽に出来上がりますよ。
49 view
庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
32 view
育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

夏の暑い時期にぴったりの甘酸っぱいスモモ。そのまま食べるのはもちろん、ジャムやシロップ漬け、ゼリー、果実酒にしても楽しめ、家庭で庭木として栽培したい果樹のひとつです。長く日本の庭で親しまれてきたスモモ。甘みの増す完熟スモモを楽しめるのが醍醐味です。12~2月頃に込み合ったところや徒長した枝を剪定し、日当たりと風通しを良くしてやればOK。この頃長く伸びている長果枝は剪定し、切戻しておくと翌年花芽をつけ結実する短果枝が多く発生します。
33 view
サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

900種以上あるというサルビアの中で、最も一般的なのは鮮やかな赤い花をつけるサルビア・スプレンデス。子どもの頃、学校の花壇などでも栽培されていたという記憶のある方も多いでしょう。サルビアの仲間は本来多年草ですが、「サルビア・スプレンデス」を筆頭に寒さに弱く冬越しできないものは一年草として扱われています。品種によって耐寒性のあるなし、また花色、草姿にも大きな違いがあり、低木状に育つものなどさまざまそろいます。
15 view

この記事のキーワード