2018年10月26日 更新

ほうれん草の栽培でおすすめ品種は?種まき・収穫や病気・害虫、おすすめ肥料・用土などホウレンソウの育て方

栄養素をたくさん含んでいる緑黄色野菜、ホウレンソウ。特に鉄分の含有量は野菜の中でも ピカイチです。ほかの野菜にくらべて収穫までの日数が約30~50日と短いのもうれしいですね。冬になると甘みが増し、ビタミンやカロテンの量もアップするので秋に種をまいて冬に収穫する秋まきがおススメです。

人気のホウレンソウの種類とは?

 (6915)

アカザ科ホウレンソウ属の一年草です。流通しているのは日本種と西洋種を掛け合わせた交配種がほとんど。どれも病害虫に強く収穫量も多いのが特長です。

秋まきには寒さにも暑さにも強く育てやすい「アトラス」、甘みの強い「まほろば」がおススメ。

春まきはトウ立ちしにくい品種「エスパー」、「ノーベル」などを選ぶのがコツです。
春の適温期に栽培すると最短30日で収穫できますよ。

最近は生食できるサラダ用の品種が人気です。「サラダあかり」は赤い茎が特長。アクが少なく風味があっさりしているのでサラダの彩りにぴったりですよ。

ホウレンソウ栽培のポイントとは

基本的な生育のサイクル

種まき期:3月中旬~5月中旬(春まき)、9~10月(秋まき)
収穫期:4月下旬~6月(春まき)、10~12月(秋まき)

置き場所

日当たりと水はけの良い場所で管理します。

水やり

種まき後、発芽するまでは乾燥しないように水やりを行います。

栽培のポイント

寒さに強く育てやすい野菜です。ただし、暑さに弱いのが難点。15~20℃が生育適温で25℃を超えると葉が黄色くなって枯れてしまったり、花茎が伸びるトウ立ちが起きたり、病気が発生しやすくなるので要注意。6~8月の栽培は避けた方が無難です。

初心者は、秋まきがおススメ。野菜専用の培養土、または、水はけの良い培養土に元肥を混ぜ、種をまきます。

本葉が出たら間引きと土寄せを2回行いましょう。
間引き後、土寄せをしたら1週間に1回を目安に追肥を与えます。

11月以降、寒い時期に栽培する場合は、不織布をかけるなどして防寒対策をしっかりと。種まき時期をずらせば長い間収穫することができますよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

ホウレンソウを育てるための用土、肥料、薬剤をご紹介

ホウレンソウの用土はこれがおすすめ

ハイポネックス 野菜の培養土 14L

ハイポネックス 野菜の培養土 14L

排水性、保水性、通気性、保肥に優れたマルチに使える野菜専用の培養土。ココピートや赤土など、天然素材を中心に配合されています。土はホウレンソウの生育に適したpHに調整されており、そのまますぐに使えて便利。一袋に標準型のプランター(65㎝)約1個分の土が入っています。

ホウレンソウの追肥に最適!

住友化学園芸 ベジフル液肥 480ml

住友化学園芸 ベジフル液肥 480ml

植物由来の天然有機質を配合した速効性の液体肥料です。9種類のミネラル、9種類のビタミン、17種のアミノ酸、糖類などの有効成分の作用で、おいしいホウレンソウに育ちます。たくさん収穫したい時に使っても効果が期待できますよ。

ホウレンソウの病害虫対策に!

アースガーデン やさお酢 1000ml

アースガーデン やさお酢 1000ml

オリジナルブレンドされた食酢100%でできた殺虫殺菌剤です。食品成分でできるので、葉にかけても安心ですね。予防と退治の両方に効果があります。収穫直前まで、何度も使えるのがうれしいですね。

ホウレンソウ栽培は春と秋の2回楽しめる!

 (6901)

ホウレンソウを育てるタイミングは春と秋の年2回。生長が早く葉もたっぷり茂るので、収穫の醍醐味を味わえますよ。

草丈が15~20㎝程度になれば収穫どき。根元からハサミで切り取るか、根元から株ごと引き抜きます。

根元の赤い部分には骨の生成を助けるマンガンが含まれているので捨てずに利用しましょう。根元、茎、葉まで丸ごと味わってみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーはケシの仲間の総称で4〜6月の春から初夏にかけて花を咲かせます。長い茎の先に明るい色の花をつけて、ゆらゆらと風にそよぐ姿が可愛らしいですね。ポピーには約150の種類があり、園芸品種として親しまれているのは麻薬成分が含まれないヒナゲシ、ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシ、アイスランドポピー、オリエンタルポピーなど。特にオリエンタルポピーは豪華で大きな花を咲かせるため、地植えの草花として人気があります。
314 view
バジルの栽培方法とは?種まき・収穫時期や肥料・用土などバジルの育て方をご紹介

バジルの栽培方法とは?種まき・収穫時期や肥料・用土などバジルの育て方をご紹介

バジルはトマトやチーズ、オリーブオイルとの相性がよく、イタリア料理に欠かせないハーブのひとつ。甘くフレッシュな葉の香りを生かしたパスタやピザ、ソースなどでおなじみですね。カロテンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいるので自宅で育て、たっぷり味わいたいもの。アブラムシにさえ注意すれば、あっという間に葉が茂り、簡単に育てることができます。初めて食用のハーブを育てるならバジルが一番オススメですよ。
602 view
袋のまま栽培⁉鉢がなくてもそのまま植付できる便利な培養土【厳選6品】

袋のまま栽培⁉鉢がなくてもそのまま植付できる便利な培養土【厳選6品】

プランターや鉢を使用せずに植物を栽培する「袋栽培」は人気の栽培方法の一つでしたが、最近ではもっと手軽に袋栽培を楽しむことができる”袋ごと使える土”が大人気なのをご存知ですか?今回は袋栽培のメリットやデメリットと、トマトやジャガイモなど人気の野菜を手軽に栽培できる便利な土についてご紹介します。
9,832 view
プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

プランターでも出来るきゅうりの育て方とは?ベランダ栽培・支柱・水やり・病気対策・おすすめ肥料もご紹介

きゅうりのシャキシャキの歯触りとみずみずしさは鮮度が命! 家庭菜園で採れたてを味わいましょう。 一日で果実が3cm以上伸びるほど生育旺盛。 育てやすく、花が咲いて1週間で収穫でき、次々実をつけるので手間いらず。 早めに収穫するとやわらかくておいしく、株が疲れません。
14,258 view
育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

育苗(いくびょう)とは?育苗箱や育苗ポットはどう使う?丈夫な苗を育てるポイントとは?

家庭菜園に挑戦したいと思っても、種から野菜を育てるのは、意外と難しいもの。そこで、初心者の方にもおすすめなのが、育苗をしてから野菜を育てる方法です。ここでは、初めて育苗に挑戦する方向けに、育苗に必要な道具や手順、丈夫な苗を育てるポイントをご紹介します。
485 view

この記事のキーワード