2018年11月1日 更新

ニゲラの育て方は?種まき時期や肥料・用土など、鉢植えでも寄せ植えを楽しめるニゲラの栽培方法

春真っ盛りのガーデニングシーズンに涼しげな花を咲かせるニゲラ。ふわふわと風に揺れる花と葉はかわいらしく、庭でも切り花でも人気です。主張しすぎない花姿は洋風、和風どちらの庭にもマッチしますよ。秋にタネをまき、発芽した後は放任でOK! 春の開花後は、実を鑑賞して楽しめます。しかも、そのまま放っておくと実の中からタネが落ち、翌春また花を咲かせてくれるのだから、手間いらずでラクちんですね!

98 view

ニゲラとは?

 (14278)

ニゲラは、クロタネソウ属に分類される一年草。ガーデニングのほかアレンジメントやドライフラワーにも活用されます。太い茎から糸や針に似た細い葉っぱを出し、直径3~5㎝の花(葉が変化したガク)を咲かせます。花色は青、紫、白、ピンク、ミックスがあり、淡いパステルトーンで、どんな庭とも調和します。
ニゲラには、一重咲きと八重咲きがあります。一重咲きは白と青の花が咲く「ペルシャン・ジュエル」、八重咲きは青紫の花が咲く「ブルー・イスタンブール」がおススメ。ニゲラの個性を引き立てるには、野の花のような植物(ラベンダー、キンギョソウ、アガパンサスなど)を合わせましょう。庭に混植しても寄せ植えにしても素敵ですよ。
また、ニゲラは、タネをスパイスとして楽しむことができますよ。ニゲラ・サティバという品種のタネはブラックシードと呼ばれ、インドや中東では、ピリッとした辛味と甘い香りをいかして、料理やパンの風味づけに使われています。食欲増進、ダイエット効果、ガン予防などの効能があるとか。ただし、食用できるのはニゲラ・サティバだけなので、くれぐれも注意してくださいね。

ニゲラの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:4月下旬~7月上旬
植えつけ期:3月中旬~4月、10月~11月

置き場所

日が当たり、水はけのよい土を好みます。耐寒性があり、防寒対策は不要です。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えるのがポイント。地植えの場合は特に必要ありません。

栽培のポイント

ニゲラの育て方は、とってもカンタン。初心者でもタネから簡単に育てることができますよ。注意点は、ただひとつ。ニゲラのタネは光を嫌うため、タネをまいた後は土をしっかりかぶせること。光が当たると発芽しないので、ご注意を。タネまき後は2週間に1回を目安に肥料を控えめに与えます。10月上旬~11月下旬に苗が大きく育ったら、花壇やコンテナに植えつけましょう。苗が大きく育たなかったら、その後も育苗して春まきにします。秋にタネ(膨らんだ実)を採って、花壇に直接まくこともできますよ。ニゲラは、お手入れが不要です。剪定も花がら摘みも必要ありません。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

ニゲラ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期育成に必要な栄養素がはいった有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土

元肥入りでいろいろな植物に手軽に使用できます。赤玉土や鹿沼土、バーク堆肥をほどよく混合し、保水性と排水性の高い培養土は、鉢植えにもぴったりです。

ばらまくだけでOK。元肥にも追肥にも使える

住友化学園芸 マイガーデン花・野菜用

住友化学園芸 マイガーデン花・野菜用

ばらまくだけでOK。さまざまな植物の元肥や追肥にかんたん便利に使える肥料です。栄養分を効率よく吸収させる腐植酸が配合され、緩効性肥料としての効果もあります。粒状で、土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶け出す量が調節されます。

30日間効果が持続。幅広い植物に使用できる

住友化学園芸 ベニカXファインスプレー

住友化学園芸 ベニカXファインスプレー

アブラムシ、ハダニ、うどん粉病 花や緑など幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。害虫に対して速効性があるのが特長。病原菌の侵入も防ぐため、病気も防いでくれます。

可憐な花とはうらはらに強くて丈夫なニゲラ

 (14307)

ニゲラの英名は「Love in a mist(霧の中の恋)」。糸状の細い葉が花を霧のように包む姿に由来しているそう。それにちなんで「困惑」や「夢の中の恋」といった花言葉がつけられていますよ。パステルカラーでふんわりと花開くイメージとはうらはらに、花はとても強くて丈夫。可憐な生花、風船のような実、ドライフラワーと、ニゲラのさまざまな表情を楽しんでくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

欧米で根強い人気があり、イングリッシュガーデンで良く見かけるバーバスカム。暑さに弱い品種もありますが、寒さに強く、最近は日本の庭でも見かけるようになりました。人気の理由は、ニュアンスのある花色と豪華な花姿。長い茎に紫、白、ピンクなどの花が穂状につく姿は、存在感たっぷり。花数が多いので、長期間、鑑賞を楽しめます。大株になると、花茎がたくさん分岐しボリュームが出ますよ。一斉に花を咲かせる風景は、華やかで見事です。
38 view
千日紅(センニチコウ)の育て方は?種まき時期や水やり、肥料・用土など、鉢植えでできる千日紅の栽培方法

千日紅(センニチコウ)の育て方は?種まき時期や水やり、肥料・用土など、鉢植えでできる千日紅の栽培方法

名前の通り、千日もの長い間、鑑賞を楽しめるセンニチコウ。実は花のように見える部分は苞(花の根元につく小さな葉)で、生花はもちろん摘んでドライにしてもあざやかな色がそのまま残ります。それゆえ切り花として飾られることが多く、最近はドライフラワーにし、ハーバリウムの花材として活用する人が増えています。あなたも自宅で育てて、流行のハーバリウムを手作りしてみませんか?
29 view
マリーゴールドの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるマリーゴールドの栽培方法

マリーゴールドの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるマリーゴールドの栽培方法

聖母マリアの黄金の花を意味するマリーゴールド。春から秋まで長い季節花を咲かせ、聖母マリアの祭日にいつも花を咲かせていたことから名付けられたといいます。日本には江戸時代前期に渡来し、孔雀草や万寿菊、千寿菊などの名前で長く親しまれてきました。特徴として品種も多く、オレンジや黄色以外の白やクリーム、赤、複色など花色のバリエーションが豊富です。草丈も低いものから1mほどに育つものもあります。丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者におススメの草花です。
70 view
ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

赤や黄色の愛らしい果実をつけるラズベリー。日本に自生する野生種も多く、手軽に育てることができます。日当たりのいいスペースがあったら、ぜひトライしてほしい初心者向けの果樹です。どれもほどよい酸味と甘みがあり、生食向き。熟したものから順に口に運べば至福の時間が広がります。ジャムやソース、果実酒などにも利用できます。ニ季なりの「サマーフェスティバル」や「インディアンサマー」という品種なら、初夏と秋、2回の収穫が楽しめます。
240 view
コスモス(秋桜)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるコスモスの栽培方法

コスモス(秋桜)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるコスモスの栽培方法

日本の秋の季節の風物詩として愛され続けてきたコスモス。道端や原っぱでピンクや白の素朴な花が群生する風景は見事です。そんなコスモスを自宅の庭で咲かせてみませんか? 通常は一回で咲き終わる花ですが、花後もそのままにしておくとタネがこぼれて同じ場所で翌年も花を咲かせてくれますよ。
138 view

この記事のキーワード