2018年10月26日 更新

ナス(茄子)の栽培は苗から?支柱は必要?種類や肥料・用土、水やりのポイントや病気・害虫などなすの育て方

夏を代表する野菜「ナス」。インド原産のナスは高温多湿の日本でも栽培しやすく、長期間にわたって収穫できるので家庭菜園で人気があります。和洋中問わない万能食材としても人気。ナスの皮の濃い紫色は、ナスニンと呼ばれるアントシアニンの一種。眼精疲労や動脈硬化に効果があるといわれ、皮ごと食べるのがおススメです。大きく使う場合は皮に切り込みを入れてから調理すると味が染み込みやすくなりますよ。

162 view

ナスの種類はどんなものがある?

 (6821)

ナスは大きさ、形、色が豊富で、どれを選んだら良いか迷う方も多いのでは? そんな時は“肉質”と“味わい”で選ぶと良いですよ。

アクが少なく、生食や浅漬けに最適な「ごちそう」は、甘みが強くジューシーな水ナスタイプ。

肉質が非常にやわらかく、焼きナスにすると絶品の「飛天長(ひてんなが)」は、胴が太く濃い紫色の長ナスタイプ。
最近は、甘みがあってフワッとした食感の赤紫色の長ナス「マー坊」も人気急上昇中。名前の通り、麻婆ナスにするとおいしい品種で、油で加熱するととろけるような食感が楽しめます。

スーパーなどでよく見かける長卵形のナスは「千両2号」。味に癖がないので、どんな調理法にも向く万能選手です。一般的には丸形や卵形は暑さに弱く、長形は暑さに強い傾向があるようです。

自分好みの品種を探してみてくださいね。

ナスの栽培方法とは

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:4月下旬~5月中旬
収穫期:6月~10月

置き場所

日当たり、水はけ、風通しの良い場所を好みます。

水やり

ナスの90%以上は水分でできていて「水で育てる」といわれるぐらい水が好きなので、乾燥に注意して。土の表面が乾いたら茎や葉に水がかからないよう株元にたっぷりと水やりを与えます。

栽培のポイント

水はけの良い土に元肥を混ぜ込み、根を崩さないよう浅めに植えつけたら、支柱を添えます。1番目の花がついたら、その下に出た脇芽を2つ残して摘み取り、3本仕立てにします。

乾燥に弱いので、土の上にワラやビニールを敷くと保湿できるだけでなく防草効果もありますよ。

霧吹きで葉の裏にも水を与えると害虫対策にもなります。
植えつけ3週間後から、追肥として固形肥料を1カ月に1回、液体肥料を1週間に一回ほど与えましょう。肥料はたっぷり継続的に施すと実つきが良くなりますよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ(新芽につきやすい)、ハダニ類(高温乾燥すると発生しやすい)
病気:うどんこ病

ナス栽培に必要な用土、肥料、薬剤とは

ナスを健やかに生長させる用土

ハイポネックス野菜の培養土14L

615
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
排水性、保水性、通気性、保肥に優れたマルチに使える野菜専用の培養土。ココピートや赤土など、天然素材を中心に配合されています。土はナスの生育に適したpHに調整されており、そのまますぐに使えて便利。一袋に標準型のプランター(65㎝)約1個分の土が入っています。

ナスの色ツヤを良くする固形肥料

ハイポネックス 野菜用粒状肥料 500g

550
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
化成肥料と有機肥料のいいところを組み合わせ、すぐに効いた後、安定した効果が約1~2カ月続く固形肥料です。ナスに欠かせないカルシウムも配合。マグネシウムの成分がナスの色ツヤと生育を良くします。

ナスのアブラムシ、ハダニ撃退に!

住友化学園芸 アーリーセーフ 100ml

713
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ヤシ油を原料に作られた乳剤タイプの殺虫殺菌剤です。ヤシ油の粘着のある成分がアブラムシやハダニなどの害虫を包み込み、窒息させて駆除します。害虫を見つけたらすぐに散布すると効果的。有機栽培にも安心して使えますよ。

初心者でも簡単に育てられるナス栽培!長く収穫を楽しめる

 (6847)

初心者の方は、苗からの栽培がおすすめ。植えつけはあせらず、暖かくなってから遅めに植えつけた方が失敗がありません。植えつけ後は日当たりの良い場所で水を切らさないように育てるのがポイント。約50日後から次々と実がなり、初夏から秋まで長く収穫を楽しめます。一度チャレンジしてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
140 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
23 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
34 view
小松菜(コマツナ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土など小松菜の育て方

小松菜(コマツナ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土など小松菜の育て方

ビタミンC、ビタミンB、カロテン、カルシウム、鉄分を豊富に含み、緑黄色野菜のなかでも栄養価の高さでは群を抜いているコマツナ。鉄分やカルシウムはホウレンソウ以上、カルシウムにおいては牛乳に匹敵するほど優れた成分を持っています。そんな健康野菜を自宅で育て、スープや炒めものなどにして、たっぷりと味わってみてくださいね。
41 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
260 view

この記事のキーワード