2018年10月26日 更新

金のなる木の育て方は?置き場所や水やり、肥料・用土など鉢植えでできる金のなる木の栽培方法

縁起のいい名前で知られる「金のなる木」。ぷっくりした葉をつける別名「ベンケイソウ」は、サボテンと同じ多肉植物です。和名は「フチベニベンケイ」または「カゲツ(花月)」。金のなる木という名前は、新芽の小さいうちに5円玉の穴に通して抜けなくなるまで成長させ、枝にお金がなっている風に仕立てたものが流行したことに由来するそう。当時は、成金草とも呼ばれました。

319 view

花が咲く系統もある?金のなる木とは?

 (7800)

金のなる木は、乾燥や低温などの厳しい環境に適応し、世界中に分布するベンケイソウ科に属する丈夫な植物です。小さな株によく花をつける花の咲きやすい系統と、大株にならないと咲きにくい系統があり、葉は緑一色のものから、白やピンク、紅色の斑入り品種、葉が巻いたり細くなったりする品種があります。

多肉植物特有の葉や茎にたっぷり水分を蓄える特性があるので、乾燥には強く頼もしく育ちます。

その反面、過湿にさせると根腐れしやすくなるので、水はけのよい土に植え、日なたに置いて乾かし気味にして育てましょう。

金のなる木の育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植付け・植え替え:3月~6月 9月~10月
開花期:11月~2月
※関東地方以西基準

置き場所 

日なたで乾燥気味の場所で育てるのが基本ですが、品種によっては半日陰でも育ちます。

水やり

鉢植えでは春から秋は用土が乾いたらたっぷりとあげてください。冬場は2週間に1回少量を与えて。

栽培のポイント 

鉢植えなら1年を通じて日差しの入る場所に置きましょう。日当たりが悪いと緑が濃くなりますが、間のびして育ちます。

春から秋は戸外に置き、冬は霜が降りる前に室内に取り込み、室温3℃以上を保ってください。
斑入り品種は日焼けしやすいので、7月から9月半ばまでは、半日陰に置きましょう。

水やりは、乾燥気味でもOK。鉢植えでは、4月から10月に規定量の半分程度の緩効性の化成肥料か、固形の油かすを与えます。

植え替えは3月から6月、9月から10月に。2~3年に1回、古土を少し落としてひと回り大きな鉢に植え替えます。
根腐れしていたら、古い土を完全に落として、腐った部分をハサミで切り取って、数日間、風通しのよい日陰に置いて乾かし、今度は小さめの鉢に植えつけましょう。

病気と害虫

病気:特になし
害虫:特になし

金のなる木を育てる用土、肥料、薬剤とは

元肥配合でそのまま植えられ便利

花ごころ:金のなる木アロエの土 5L

花ごころ:金のなる木アロエの土 5L

根の生長を促すカルシウムを豊富に含んだ排水性が高い専用培養土です。リン酸成分の多い肥料が配合され、そのまま使えば元気に育ちます。

1年1回、4月に与えるだけで効果が持続

プロトリーフ サンスベリア・金のなる木・アロエの肥料/...

プロトリーフ サンスベリア・金のなる木・アロエの肥料/100g

肥料効果が150日持続し、ゆっくり長く効きます。pHを変化させない環境にやさしい肥料で1年に1回置くだけの手軽な肥料です。

エアゾールタイプで手軽に使用できる

住友化学園芸 カイガラムシエアゾール/480ml

住友化学園芸 カイガラムシエアゾール/480ml

カイガラムシが発生した場合は噴射式が手軽です。成分が枝に浸透して殺虫効果が約1カ月持続し、散布後に発生した害虫も退治します。冬期の越冬成虫にも効果的です。

インテリアに金のなる木を飾ろう!

 (7830)

金のなる木は、土も水やりも少量で済みます。インテリアグリーンとして、いろいろな多肉種類を組み合わせ、箱庭仕立てや、お気に入りのバスケット、ガラスなどの容器に入れても素敵に仕上がりますよ。

プレゼントにもとても喜ばれます。生長期には伸びた株を剪定し、挿し芽にすると簡単に殖やせので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セダムの育て方は?肥料や用土・水やりなど、地植えでグランドカバーにできる多肉植物セダムの栽培方法

セダムの育て方は?肥料や用土・水やりなど、地植えでグランドカバーにできる多肉植物セダムの栽培方法

今、人気の多肉植物「セダム」。サボテンのように水が非常に少なくても育つ特長をいかし、地植えはもちろん、ガラス製や木製など、お気に入りの容器でも簡単に栽培できます。セダムの寄せ植えを作って、インテリアとして飾ってもいいですね。
304 view
カランコエの種類・育て方は?剪定や肥料・用土、鉢植え・室内でできるカランコエの栽培方法をご紹介

カランコエの種類・育て方は?剪定や肥料・用土、鉢植え・室内でできるカランコエの栽培方法をご紹介

鮮やかな花色と肉厚な葉っぱが印象的なカランコエ。霜が降りない温暖な地域では地植えができますが、多くは鉢植えで楽しみます。それほど大きくならず場所も取らないので室内に飾っても素敵。花色は赤、ピンク、オレンジ、黄色、白などの種類があります。
457 view
ゴムの木の育て方は?水やりや置き場所、肥料や用土など挿し木で殖やせるゴムの木の栽培方法

ゴムの木の育て方は?水やりや置き場所、肥料や用土など挿し木で殖やせるゴムの木の栽培方法

ツヤのある楕円形の肉厚の葉とクネクネと曲がった樹形が魅力的なゴムノキ。太い幹には大きな葉がたくさんつき、強い生命力を感じます。その姿は長寿のシンボルとされ、室内のシンボルツリーとして飾られることも。ゴムノキが1本あるだけで部屋の印象がアップしますよ。葉の色は緑以外に黄色の斑が入るものもあり、おしゃれなインテリアプランツとしても最適。寒さに強く育てやすいので、初心者はゴムノキから取り入れてみてはいかがでしょうか。
290 view
初心者でもできる!多肉植物や苔を使ったテラリウムを作りたいという方におすすめの土

初心者でもできる!多肉植物や苔を使ったテラリウムを作りたいという方におすすめの土

今、人気の「テラリウム」。多肉植物やエアプランツを使ってテラリウム作りを始めてみたいという方も多いのではないでしょうか。今回はそんなテラリウムに使用する土をご紹介します。使う土は植物に合わせて変わりますが、今回は特にテラリウムでも人気の多肉植物や苔を使うときにおすすめのものをご紹介します。
497 view
サボテンの育て方は?置き場所は室内?水やりや用土、肥料など種類豊富なサボテンの栽培方法をご紹介

サボテンの育て方は?置き場所は室内?水やりや用土、肥料など種類豊富なサボテンの栽培方法をご紹介

独特のフォルムと雰囲気で人気が高いサボテン。茎は筒型または球型で、小さな葉は針状もしくは退化しています。水やりや肥料を与えるなどの手間が少なく、ゆっくり生長し長く楽しめるのも魅力。トゲがあるものとトゲがないものがあります。マンションのベランダや室内のインテリアとしても楽しめるのでおすすめですよ。いろんな種類があるので、自分のお気に入りを探すだけでも楽しそうですね。
283 view

この記事のキーワード