2018年10月26日 更新

カモミール(カミツレ)の育て方は?種まき・収穫や肥料・用土などアロマも楽しめるカモミールの栽培方法

マーガレットに似た素朴な小花が可愛らしいカモミール。旺盛に殖え、一斉に花を咲かせる風景は、まるで野原のよう。花に触れるだけで、ふんわりと甘い香りが漂い、心が癒されます。香る芝生として庭に苗を植えて育てたり、ティーにして飲んだり、部屋に飾ってアロマ(香り)を楽しんだり。カモミールは暮らしのなかで大活躍するハーブの代表格です。

64 view

カモミールとは?

 (9019)

ジャーマンカモミール、ローマンカモミールともにキク科のハーブですが、ジャーマンカモミールは一年草で、ローマンカモミールは常緑の多年草です。初心者はジャーマンカモミールの方が簡単に育つのでおすすめですよ。

直径2㎝ほどの小花は生長が進むにつれ、黄色い花芯が盛り上がり、白い花びらが反り返っていきます。黄色い花芯には香りがありますが、葉に香りは無いので要注意。花の部分を収穫するようにしてくださいね。

カモミールは、昔から風邪、頭痛、下痢、ストレスによる胃の痛みなどに効くハーブティーとしても活用されてきました。春の開花期はフレッシュで香りを存分に味わい、それ以外の季節はドライにして保存し、常備しておいても良いですね。余ったら入浴剤に使っても楽しめますよ。

カモミールの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:3月~6月
収穫期:3月~6月
植えつけ期:3月~4月上旬、9月下旬~11月
種まき期:4月、9月~10月下旬
※関東地方以西基準

置き場所

日当たりと水はけの良い場所がベスト。腐葉土や堆肥をすき込み、良く耕した土に植えると健やかに育ちますよ。

栽培のポイント

カモミールは寒さに強く丈夫です。一回植えれば、こぼれ種で毎年殖え、庭に広がっていきます。たくさん収穫したい場合は、秋に種をまくか、苗を植えて3月上旬頃にリン成分が多い肥料を与えると株が良く育ち、たくさん花が咲いて収量を増やせますよ。

ただし、キク科の植物にアレルギーがある方は、栽培も利用も注意してくださいね。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ハダニ
病気:うどんこ病

カモミール栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

栽培に失敗しない!プロが配合した有機質入りの培養土

みんなの花と野菜の土14L

756
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください
ココナッツファイバーや木質堆肥などの有機素材を多く配合し、安心して使える培養土です。独自の土壌改良剤や有機緩効性肥料分も配合され、長期間、植物の生育を助けます。

香りを豊かにする肥料

花ごころ ハーブ香草の肥料400g

花ごころ ハーブ香草の肥料400g

有機質をベースにした粒状の肥料です。じんわりと長く効果が続き、花つきよく香りよく育つのを助けてくれますよ。元肥として土に混ぜ込んだり、追肥として株元まわりにまいたり使い勝手のよい肥料です。

食品成分でできた殺虫殺菌剤。殺ダニ効果も

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 480m...

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 480ml (アブラムシやうどんこ病退治に)(4901080289018)

還元水あめから作ったスプレータイプ。アブラムシやうどんこ病に効果的で、ボトルを逆さにしても使用できます。使用回数の制限もなく収穫前日まで使用できます。

心を和ませるやさしい香り カモミールの花言葉

 (9049)

カモミールは心を和ませるやさしい香りと効能の高さから「マザーズハーブ(母の薬草)」とも言われ、「清楚」「あなたを癒やす」という花言葉がついています。

反面、「苦難に耐える」「逆境で生まれる力」という花言葉もあるのを知っていますか?それは素朴な見た目に反して、寒さや雨風に強く踏まれても良く育つから。やさしいのにたくましい、まさに「マザーズハーブ」の名がぴったりですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

レモンバームの育て方 お菓子やティーにも利用でき、フレッシュな香りがうれしい!

葉にレモンに含まれるシトラス系の香りがあるレモンバーム。爽やかな香りは生のままハーブティーすると際立ち、鎮静&鎮痛効果があるといわれています。お菓子や料理の香りづけや飾りにも利用でき、身近で栽培し手軽に楽しみたいハーブのひとつです。夏、白く小さな小花を咲かせます。 耐寒性もあり栽培も容易。初心者向きのハーブのひとつです。春から秋の生育期間中なら、いつでも葉が摘めるので、生の葉や花をサラダなど料理、デザートの香りづけに。使い道もさまざまで、オシャレな雰囲気が手軽に演出できます。
32 view
アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。
35 view
モナルダ(ベルガモット)の育て方は?肥料や用土など、ハーブとして利用できるモナルダの栽培方法

モナルダ(ベルガモット)の育て方は?肥料や用土など、ハーブとして利用できるモナルダの栽培方法

春に芽を出し真夏の暑い時期に力強く咲く赤やピンクの花が印象的なモナルダ。盛り上がり炎のように咲く花の形からタイマツバナという別名もあります。さわやかな香りがあり、ベルガモットオレンジに似ていることからベルガモットとも呼ばれ、ハーブティーとしても利用されています。花色も白や黄、紫、藤色のものなどさまざまな品種があり、自然交雑種も多く流通しています。耐寒性もあり、越冬して春になると芽吹き、夏、再び開花します。丈夫な性質で育てやすいので初心者向き。香りのある花はポプリに利用することもできます。
39 view
ボリジ(ルリジサ)の育て方は?種まき時期や肥料・用土など、ハーブとしても知られるボリジの栽培方法

ボリジ(ルリジサ)の育て方は?種まき時期や肥料・用土など、ハーブとしても知られるボリジの栽培方法

清々感のある美しいスカイブルーの星形の花をつけるボリジ。花はエディブルフラワーとしてサラダやお菓子などのレシピにも利用されています。古代ギリシャでは勇気を与え、気分を明るくするハーブとして親しまれていたとか。現在はタネからとれるオイルも利用されています。最近はイチゴの実つきをよくするという説から、キッチンガーデンに取り入れられることも。またマメコガネという食害を起こす昆虫を隠避するコンパニオンプランツとしての役割も注目されています。
37 view
バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

欧米で根強い人気があり、イングリッシュガーデンで良く見かけるバーバスカム。暑さに弱い品種もありますが、寒さに強く、最近は日本の庭でも見かけるようになりました。人気の理由は、ニュアンスのある花色と豪華な花姿。長い茎に紫、白、ピンクなどの花が穂状につく姿は、存在感たっぷり。花数が多いので、長期間、鑑賞を楽しめます。大株になると、花茎がたくさん分岐しボリュームが出ますよ。一斉に花を咲かせる風景は、華やかで見事です。
51 view

この記事のキーワード