2020年2月19日 更新

カモミール(カミツレ)の育て方は?種まき・収穫や肥料・用土などアロマも楽しめるカモミールの栽培方法

マーガレットに似た素朴な小花が可愛らしいカモミール。旺盛に殖え、一斉に花を咲かせる風景は、まるで野原のよう。花に触れるだけで、ふんわりと甘い香りが漂い、心が癒されます。香る芝生として庭に苗を植えて育てたり、ティーにして飲んだり、部屋に飾ってアロマ(香り)を楽しんだり。カモミールは暮らしのなかで大活躍するハーブの代表格です。

カモミールとは?

 (9019)

ジャーマンカモミール、ローマンカモミールともにキク科のハーブです。
「カモミール」と名前は同じですが、ジャーマンカモミールは一年草で、ローマンカモミールは常緑の多年草で異なるハーブです。
そのため、ローマンカモミールは数年に一度は必ず植え替えをしなければなりません。
初心者はジャーマンカモミールの方が簡単に育つのでおすすめですよ。

直径2㎝ほどの小花は生長が進むにつれ、黄色い花芯が盛り上がり、白い花びらが反り返っていきます。
ジャーマンカモミールの黄色い花芯には香りがありますが、葉に香りは無いので要注意。
花の部分を収穫するようにしてくださいね。

カモミールは、昔から風邪、頭痛、下痢、ストレスによる胃の痛みなどに効くハーブティーとしても活用されてきました。
春の開花期はフレッシュで香りを存分に味わい、それ以外の季節はドライにして保存し、常備しておいても良いですね。
余ったら入浴剤に使っても楽しめますよ。

カモミールの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:3月~6月
収穫期:3月~6月
植えつけ期:3月~4月上旬、9月下旬~11月
種まき期:4月、9月~10月下旬
※関東地方以西基準

置き場所

日当たりと水はけの良い場所がベスト。
高温多湿が苦手なので、乾燥気味なくらいで育ててあげましょう。
プランターだと動かせますが、地植えだと場所を変えられないので、植える場所に気を付けてくださいね。

またカモミール(カミツレ)は寒さに強く丈夫です。
霜などに注意すれば、冬越しに腰を折ることはないでしょう。

用土

水はけの良い土を使ってあげましょう。
粒の大きい赤玉土と腐葉土や堆肥をすき込み、良く耕した土に植えると健やかに育ちますよ。
また酸性の土は苦手なので、若干の苦土石灰などで調整してあげるのも大切です。
より香り良く育てたい方は緩効性肥料をあげるのもおすすめです。

初めて育てるためよくわからない、という方はハーブ専用土なのでも十分に育てられるので挑戦してみてくださいね。

栽培に失敗しない!プロが配合した有機質入りの培養土

みんなの花と野菜の土 | 土・肥料事業部|花ごころ

770
土づくりのプロがお届けします。暮らしとガーデニングの素敵な関係。
ココナッツファイバーや木質堆肥などの有機素材を多く配合し、安心して使える培養土です。
独自の土壌改良剤や有機緩効性肥料分も配合され、長期間、植物の生育を助けます。

植え付け

カモミール(カミツレ)は種からでも苗からでも育てられます。
どちらの方法でも3~5月くらいの温かい時期に植えてあげるのがおすすめです。
カモミール(カミツレ)の発芽適温は大体15~20度くらいです。

発芽したら、湿気がこもるのを防ぐために、密集しているところは間引きましょう。

水やり

土が乾ききったらお水をあげるくらいで大丈夫です。
多湿は根腐れにもつながるので、こまめにチェックして、水やりを行いましょう。

肥料

用土に混ぜ込む緩効性の肥料のほか、たくさん収穫したい場合は、秋に種をまくか、苗を植えて3月上旬頃にリン成分が多い肥料を与えるのがおすすめです。
株が良く育ち、たくさん花が咲いて収穫量を増やせますよ。

香りを豊かにする肥料

花ごころ ハーブ香草の肥料400g

花ごころ ハーブ香草の肥料400g

有機質をベースにした粒状の肥料です。
じんわりと長く効果が続き、花つきよく香りよく育つのを助けてくれますよ。
元肥として土に混ぜ込んだり、追肥として株元まわりにまいたり使い勝手のよい肥料です。

剪定

カモミール(カミツレ)には切り戻しをしてあげましょう。
これは蒸れを防ぐために行います。
夏が来る前に整えてあげるといいですね。

増やし方

カモミール(カミツレ)の増やし方は3つあります。

①こぼれ種
ジャーマンカモミールは、育てているうちに自然にタネを落としていきます。
それらが殖えて庭に広がってゆき、翌年もすてきな香りが楽しめます。

②挿し木
適した時期は3~4月頃。
切り戻しなどで、10~15cmほどに切り落としたカモミールを土に挿し、成長させていく増やし方です。
ある程度成長したら、プランターや地に植え替えてあげましょう。

③株分け
こちらも適した時期は3~4月頃です。
成長したカモミールの株を分けて、再び土に戻して成長させていく増やし方です。
株分けを行うときは、株を傷つけないよう気を付けましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ハダニ

病気:うどんこ病

食品成分でできた殺虫殺菌剤。殺ダニ効果も

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 480ml

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 480ml

還元水あめから作ったスプレータイプ。
アブラムシやうどんこ病に効果的で、ボトルを逆さにしても使用できます。
使用回数の制限もなく収穫前日まで使用できます。

心を和ませるやさしい香り カモミールの花言葉

 (9049)

カモミールは心を和ませるやさしい香りと効能の高さから「マザーズハーブ(母の薬草)」とも言われ、「清楚」「あなたを癒やす」という花言葉がついています。

反面、「苦難に耐える」「逆境で生まれる力」という花言葉もあるのを知っていますか?
それは素朴な見た目に反して、寒さや雨風に強く踏まれても良く育つから。
やさしいのにたくましい、まさに「マザーズハーブ」の名がぴったりですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

レモンバームの育て方とは?ハーブティーや料理にも最適なレモンバームの栽培方法をご紹介!

レモンバームの育て方とは?ハーブティーや料理にも最適なレモンバームの栽培方法をご紹介!

葉にレモンに含まれるシトラス系の香りがあるレモンバーム。爽やかな香りは生のままハーブティーすると際立ち、鎮静&鎮痛効果があるといわれています。お菓子や料理の香りづけや飾りにも利用でき、身近で栽培し手軽に楽しみたいハーブのひとつです。夏、白く小さな小花を咲かせます。 耐寒性もあり栽培も容易。初心者向きのハーブのひとつです。春から秋の生育期間中なら、いつでも葉が摘めるので、生の葉や花をサラダなど料理、デザートの香りづけに。使い道もさまざまで、オシャレな雰囲気が手軽に演出できます。
358 view
カルーナの育て方は?剪定のポイント、肥料や用土など地植えで花と紅葉を楽しめるカルーナの栽培方法

カルーナの育て方は?剪定のポイント、肥料や用土など地植えで花と紅葉を楽しめるカルーナの栽培方法

カルーナは掃くという意味を持つ学名の通り、昔、枝でホウキを作ったことから名付けられました。こんもりと丸く密集して葉が茂り、初夏から秋にかけてピンクや紫、白の花を咲かせます。開花期は株全体が花穂のように見え、とてもキレイですよ。花と樹木、両方の良さを楽しみたいならカルーナがおすすめです。
5,474 view
アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。
480 view
モナルダ(ベルガモット)の育て方は?肥料や用土など、ハーブとして利用できるモナルダの栽培方法

モナルダ(ベルガモット)の育て方は?肥料や用土など、ハーブとして利用できるモナルダの栽培方法

春に芽を出し真夏の暑い時期に力強く咲く赤やピンクの花が印象的なモナルダ。盛り上がり炎のように咲く花の形からタイマツバナという別名もあります。さわやかな香りがあり、ベルガモットオレンジに似ていることからベルガモットとも呼ばれ、ハーブティーとしても利用されています。花色も白や黄、紫、藤色のものなどさまざまな品種があり、自然交雑種も多く流通しています。耐寒性もあり、越冬して春になると芽吹き、夏、再び開花します。丈夫な性質で育てやすいので初心者向き。香りのある花はポプリに利用することもできます。
460 view
ボリジ(ルリジサ)の育て方は?種まき時期や肥料・用土など、ハーブとしても知られるボリジの栽培方法

ボリジ(ルリジサ)の育て方は?種まき時期や肥料・用土など、ハーブとしても知られるボリジの栽培方法

清々感のある美しいスカイブルーの星形の花をつけるボリジ。花はエディブルフラワーとしてサラダやお菓子などのレシピにも利用されています。古代ギリシャでは勇気を与え、気分を明るくするハーブとして親しまれていたとか。現在はタネからとれるオイルも利用されています。最近はイチゴの実つきをよくするという説から、キッチンガーデンに取り入れられることも。またマメコガネという食害を起こす昆虫を隠避するコンパニオンプランツとしての役割も注目されています。
745 view

この記事のキーワード