2018年10月26日 更新

ノースポールの育て方は?種まき時期や剪定、肥料・用土など鉢植えでも育てられるノースポールの栽培方法

中心が黄色で直径3㎝ほどの小さな白い花を咲かせるノースポールは、12月頃から5月頃まで楽しむことができます。花の少ない時期、長期間楽しめる草花として人気があります。初心者でも育てやすいので冬のガーデニングには欠かせません。花はリンゴの香りがするカモミールにも似ていますが、ノースポールの花のチーズのような強い香りと、シュンギクのような葉が特徴です。また白花のマーガレットにも似ていますが、花の大きさに違いがあります。

112 view

ノースポールとは?

 (8987)

キク科の一年草で、北アフリカやヨーロッパ原産のレウカンセマム・パルドサム種が1970年代に日本で品種改良され、生まれました。ノースポールという名前はもともと1商品名でしたが、現在はノースポールの名前で広く親しまれています。

レウカンセマム属に分類されていますが、以前はクリサンセマム属に分類されていたことからクリサンセマム・パルドサムと呼ばれることもあります。株一面に小さな花をつけ、庭植えしても鉢植えにしても元気に愛らしい花を咲かせます。

ノースポールの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期: 9月~10月
植えつけ期:3月~4月、10月~11月
開花期: 12月~5月

置き場所

日あたりと水はけの良い場所で管理します。冬は北風の当たらない場所に。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。

栽培のポイント

比較的耐寒性があるので、秋、種をまいて春に花を楽しむ秋まき一年草として扱うのが一般的です。10月頃、苗入手して植え付ければ、冬の間、花が楽しめます。寒冷地では春に苗を植えつけます。

日当たりと水はけのよい環境を好み、こんもりと花を咲かせます。花期が長いので花が咲いている間は緩効性の化成肥料を月1回を目安に与えると花色よく育ちます。
株が大きく育ち過ぎたときは草丈が2分の1程度になるよう茎を切戻しすると、左右に新しい茎が伸び、再び花が楽しめます。

過湿を嫌うので、咲き終わった花を摘み取ったり、込み合った茎を剪定したりするのも忘れずに。日本の夏の高温多湿で枯れてしまいますが、こぼれ種でもよく増えるので、翌年、再び芽吹き、花を咲かせて驚かせてくれるかもしれません。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:灰色カビ病  立枯病

ノースポール栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

有機由来の元肥入りでそのまま使える

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土...

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土 14L

天然素材中心の原料をベースに、排水性、通気性、保肥性にも優れた元肥入りの培養土です。 プランターや鉢植え植物にも最適で、生育に適したpH調整済です。

さまざまな植物の元肥や追肥に。ばらまくだけでOK

住友化学園芸 マイガーデン 植物全般用 1.6Kg

住友化学園芸 マイガーデン 植物全般用 1.6Kg

腐植酸配合で土に活力を与えてくれる粒状肥料です。根が触れても肥料やけせず、元肥にも追肥にも使用できる手軽な緩効性化成肥料です。

30日間効果が持続。幅広い植物に使用できる

住友化学園芸:ベニカxファインスプレー 1000ml

住友化学園芸:ベニカxファインスプレー 1000ml

アブラムシや灰色カビ病などに効果があり、いろいろな植物に使える殺虫殺菌剤。害虫に対して速効性があり、病原菌の侵入も防ぐため、病気も防いでくれます。気温が上がり始めたら病気や虫に注意しましょう。

初心者でも育てやすい!寄せ植えにプラスすると素敵なアクセントに

 (9036)

ノースポールは丈夫で育てやすいうえ、愛らしく素朴な花はいろいろな花との相性がよく、花壇はもちろん、寄せ植えにプラスすると素敵なアクセントに。カラフルな球根草花と組み合わせるのもおすすめです。

春、気温が上がり始めると旺盛に生長し、花のカーペットのように広がり、華やかな雰囲気が手軽に楽しめます。花の中心の黄色い部分に種があるので、花後、天気のいい日に茎ごと摘み取り、乾燥させて種を取ることもできますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

春に咲きほこる、球根植物の代表格ともいえるチューリップ。品種により、開花期間や色などさまざまです。今回は、チューリップを球根から育てるときに適した培養土選びや水やりなどの管理方法、鉢植えの場合におすすめのプランターや置き場所、植え付けの方法などをご紹介します。
43 view
ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
36 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
40 view
ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

大輪で豪華な花を咲かせるものや、シンプルな一重咲きのものまで、さまざまな園芸品種があるダリア。日本の暑さに耐え、環境さえあえば手間いらずで毎年、花を咲かせてくれる初心者向きの草花です。花色、花形、草丈もさまざまに選べるので、夏花壇を彩る草花として活躍してくれます。ダリアの花ならではのダイナミックな雰囲気は、花壇や寄せ植えのアクセントにぴったり。切り花にしてブーケなど、花束にしても素敵です。
118 view
ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

南ヨーロッパ原産で切り花としても親しまれているストック。ピンクや白、赤、紫、黄など豊富な花色と独特の香りがあります。ふわふわとした花びらが美しい八重咲きのものと楚々とした雰囲気の一重咲きのもの、どちらも人気があり、秋以降、植えつけすると早春から5月頃まで、花の少ない季節に甘い香りとともに華やかな印象の花を楽しませてくれます。ムスカリやスイセンなどの球根植物やパンジー等と花壇に植えると、愛らしい早春の庭ができあがります。
80 view

この記事のキーワード