2018年10月26日 更新

サンスベリア(トラノオ)の種類・育て方は?用土や肥料、株分け・水やりなどサンスベリアの手入れ・栽培方法

サンスベリアの魅力は品種のバラエティが豊かなこと。葉色が緑単色のものや横や縦に模様が入るものなど、さまざまな種類があるので目移りしそう。異国情緒あふれる個性的な形が目を楽しませてくれます。鉢植えの場合、2年に1回植え替えを行うと良いでしょう。

286 view

いろんな種類があるサンスベリアとは?

 (6475)

多肉質または棒状の葉が特徴的なサンスベリアは、キジカクシ科チトセラン属の多年草です。原産地は南アフリカやアラビアなどの乾燥地なので乾燥に強く、ガーデナー初心者でも育てやすいのがうれしいですね。
常緑性なので年間を通して楽しめます。草姿はすらりとのびた株立ち状のほか背の低いロゼット状になるものも。草丈は5~100cmと品種によってかなり幅があります。

最もポピュラーで流通数が多い品種は「サンスベリア・ローレンティー」で100円ショップでも扱っていることがあるほど。縁に黄色っぽい斑が入った肉厚の葉がいくつも立ち上がる姿が特徴で最大で100cmほどに生長します。

小型の品種で流通量が多いのは「サンスベリア・ハーニー」。楕円に近い肉厚の葉が幾重にも重なった愛らしい姿が人気です。
その他、サンスベリア・スタッキーやサンスベリア・ロブスタも人気ですね。

サンスベリアの育て方

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:5月中旬~8月下旬
※関東地方以西基準

置き場所

日当たりのいい屋外に置くのが基本。寒い時期は室内の窓辺などに置きましょう。

水やり

土の表面が乾いたら株元にたっぷりと水やりを。ただし、冬は休眠状態なので根腐れを防ぐために水やりは行いません。

栽培のポイント

植えかえは1~2年に1回、4~6月または9月に行います。
根張りを良くする元肥を混ぜ込んで水はけのいい培養土に植えつけましょう。
日当たりを好み乾燥には強いのですが、真夏の直射日光は避けた方が無難。過湿にも弱いので要注意です。

施肥は春~秋は2カ月に1回、錠剤肥料を置肥します。または1週間に1回、葉色を鮮やかにする肥料を与えましょう。株分けや葉ざしで殖やすことができます。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

サンスベリアに使える土、肥料とは

まさにサンスベリア用の土

プロトリーフ サンスベリア金のなる木アロエの土 14リットル

プロトリーフ サンスベリア金のなる木アロエの土 14リットル

カキ殻に含まれるカルシウムを豊富に含み、根の生長を促します。 排水性が高く根の呼吸を助けるため、根腐れも防ぎます。リン酸の成分を多く配合しているため、育ちが一段と良くなります。

葉色を鮮やかにする肥料

ハイポネックスジャパン:プロミック観葉植物用 150g

ハイポネックスジャパン:プロミック観葉植物用 150g

早く効く成分とゆっくり効く成分を含み、安定した肥料効果が約2ヵ月間持続。 臭いも少なく清潔なので玄関先やベランダ、室内でも使えます。 チッソ成分を多く含むので葉色を鮮やかにし、生育を促進します。

サンスベリアにも使える活力剤

ハイポネックス キュート サボテン多肉植物用 150ml

ハイポネックス キュート サボテン多肉植物用 150ml

そのまま株元へひと押しするだけの植物活力剤。 サボテンや多肉植物の花つきを良くし、花色を鮮やかに美しく育てます。 植物に必要な成分をすばやく根に行きわたらせ、 使う量がひと目で分かる計量目盛りつき。

もしもの1本

住友化学園芸:ベニカxファインスプレー 1000ml

住友化学園芸:ベニカxファインスプレー 1000ml

花や緑など幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。害虫に対して速効性があるのが特長。病原菌の侵入も防ぐため、病気も防いでくれます。

ベランダガーデニングやインテリアとしても使える!

 (6476)

サンスベリアは、手軽に始められる植物です。ガーデニング初心者や忙しい方でも、簡単にガーデニングを始められます。お気に入りの鉢植えを選んでお部屋に飾ったり、最近人気のハンギングにして飾ったり、インテリアとしてお気に入りの空間づくりに活用してみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

深い切れ込みや穴のある独特の葉形が印象的なモンステラ。ハワイでは葉の切れ込みから「希望の光を導く」といわれているとか。これがあるだけでインテリアがぐっとモダンな雰囲気になります。丈夫で初心者にも育てやすい点も魅力的。大型品種はインパクトがあるのでリビングのアクセントにぴったり。また、中型、小型の品種を玄関にウエルカムプランツとして置くのも素敵ですよ。
239 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
39 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
271 view
人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

ソーセージの語源は、ソーがソルト、セージがハーブのセージと言われていることをご存知ですか? セージは清涼感のある独特のさわやかな香りで肉や魚の臭みを抑え、抗菌作用も強いハーブとして、古くから肉を腸詰に加工する際に用いられてきました。
106 view
セダムの育て方は?肥料や用土・水やりなど、地植えでグランドカバーにできる多肉植物セダムの栽培方法

セダムの育て方は?肥料や用土・水やりなど、地植えでグランドカバーにできる多肉植物セダムの栽培方法

今、人気の多肉植物「セダム」。サボテンのように水が非常に少なくても育つ特長をいかし、地植えはもちろん、ガラス製や木製など、お気に入りの容器でも簡単に栽培できます。セダムの寄せ植えを作って、インテリアとして飾ってもいいですね。
330 view

この記事のキーワード