2018年10月26日 更新

アガパンサスの育て方は?植え付け・株分け時期や肥料など鉢植えも地植えもできる球根植物アガパンサスの栽培方法

手がかからず元気に育ち、ラッパ状の花をたくさん咲かせるアガパンサス。その丈夫な性質と、華やかな花姿から、公園や学校の花壇、店先のコンテナの植え込みに重宝され、街中で良くみかける花のひとつですね。球根植物なので、そのまま植えておいても毎年花を咲かせてくれるのも魅力。淡くさわやかな花色はどんな植物とも相性抜群! ひと株あるだけで庭がパッと明るく華やかになりますよ。

アガパンサスとは?

 (8841)

ヒガンバナ科の球根植物。原産地が南アフリカであることから別名「アフリカンリリー」、また、花の形がクンシランに似ていることから「ムラサキクンシラン(和名)」とも呼ばれています。

アガパンサスの魅力は、花色、花形、草丈ともにバラエティーに富んでいること。性質は、一年中葉が茂る常緑タイプと冬だけ地上部の葉が枯れて休眠する落葉タイプに分かれ、品種によっては中間のタイプも存在します。

花色は淡青紫、白、ピンクのほか白地に青い筋が入るもののほか、花びらの縁が青く染まる個性的な品種も。ラッパ状や星形、花筒が短い盃状のもの、細長いものなど花形もさまざま。

草丈も30㎝位の小型種から1m以上になる大型種まであり、品種選びを存分に楽しめます。どれがいいか悩んだ方は、コンパクトに育ち、青紫色の花がたくさん咲く「リリプット」がおすすめですよ。

アガパンサスの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ、植え替え期:3月~4月、9月~10月
開花期:5月下旬~8月上旬
※関東地方以西基準

置き場所

アガパンサスは日あたりと水はけの良い場所で育てます。鉢植えの場合、真冬は防寒対策を行いましょう。

水やり

乾燥に強いので、地植えの場合、水やりは必要ありません。鉢植えの場合は、土が乾いたら水をたっぷりと与えましょう。特に、春の生長期は多めに水やりをすると良く育ちますよ。

栽培のポイント

アガパンサスは土質をほとんど選ばず、やせ地でも育ち、乾燥にも耐える強健な植物です。日陰でも育てることができますが、花つきが悪くなるので、日当たりの良い場所を選んだ方がよいでしょう。

品種によって草丈や葉の大きさ、根の張りが異なるので、植える場所やスペースに合った品種を選ぶことが大切ですよ。

地植えの場合、苗を植えつける時に堆肥や腐葉土、元肥を混ぜ込んでおけば、その後、肥料を施さなくても元気に育ちますが、花を多く咲かせたい場合は春と秋に追肥を少し与えてあげてください。

鉢植えの場合は水やりをする度に肥料成分が流れ出てしまうため、定期的な施肥が必要です。春と秋に月1回を目安に置き肥を与えるか、月に3回ほど液体肥料を施しましょう。

地植えの場合、増えすぎる場合を除き、5年以上植えっぱなしでも大丈夫ですが、鉢植えの場合は根詰まりを起こすため、3~4年に一度、株分けを行い、植え替えましょう。

株分けの適期は、3月~4月または9月~10月。新しい鉢に植え替えることで、その後も健やかに生長しますよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

アガパンサス栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

天然成分配合で元気に育つ培養土

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

木質堆肥やココナッツファイバーなどの天然成分を原料に、オリジナルの有機資材や海藻成分等もプラスされ、そのまま植えれば元気に育ちます。

ばらまくだけでOK。元肥にも追肥にも使える

マイガーデン 花 野菜用700g  住友化学園芸

マイガーデン 花 野菜用700g 住友化学園芸

ばらまくだけでOK。さまざまな植物の元肥や追肥に簡単便利に使える肥料です。栄養分を効率よく吸収させる腐植酸が配合され、緩効性肥料としての効果もあります。粒状で、土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶け出す量が調節されるすぐれものです。

雨にも湿気にも強いナメクジとカタツムリ専用駆除剤

ハイポネックス ナメトール 120g (4977517...

ハイポネックス ナメトール 120g (4977517153047)

ナメクジやカタツムリをみつけたら専用の誘引殺虫剤を。天然土壌成分が有効成分で環境に優しく、雨や湿気にも強い薬剤です。

手間いらずのアガパンサス!フラワーアレンジメントにも!

 (8893)

地植えや鉢植えで良く利用されるアガパンサスですが、実は切り花としてフラワーアレンジメントにも使われています。茎が長いのでカットして束ねるだけで、豪華なブーケができ上がりますよ。

西洋ではアガパンサスは「愛の花=愛や恋にちなんだ花」として知られているそう。花開く季節に誰かを想って薄紫、青、白、ピンクの花色を選び、花言葉を込めて贈っても素敵ですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

バーバスカムの育て方は?苗から?種から?種まき時期や肥料・用土など、バーバスカムの栽培方法

欧米で根強い人気があり、イングリッシュガーデンで良く見かけるバーバスカム。暑さに弱い品種もありますが、寒さに強く、最近は日本の庭でも見かけるようになりました。人気の理由は、ニュアンスのある花色と豪華な花姿。長い茎に紫、白、ピンクなどの花が穂状につく姿は、存在感たっぷり。花数が多いので、長期間、鑑賞を楽しめます。大株になると、花茎がたくさん分岐しボリュームが出ますよ。一斉に花を咲かせる風景は、華やかで見事です。
794 view
千日紅(センニチコウ)の育て方は?種まき時期や水やり、肥料・用土など、鉢植えでできる千日紅の栽培方法

千日紅(センニチコウ)の育て方は?種まき時期や水やり、肥料・用土など、鉢植えでできる千日紅の栽培方法

名前の通り、千日もの長い間、鑑賞を楽しめるセンニチコウ。実は花のように見える部分は苞(花の根元につく小さな葉)で、生花はもちろん摘んでドライにしてもあざやかな色がそのまま残ります。それゆえ切り花として飾られることが多く、最近はドライフラワーにし、ハーバリウムの花材として活用する人が増えています。あなたも自宅で育てて、流行のハーバリウムを手作りしてみませんか?
766 view
空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

空芯菜(クウシンサイ、エンサイ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など空心菜の育て方

暑さに強く、手間をかけずとも葉が茂り、初夏~秋まで収穫できるクウシンサイは初心者向きの野菜のひとつ。そのうえ栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、鉄分、カリウムが豊富。なかでも鉄分を多く含み、疲労回復に効果的とか。クウシンサイで、夏バテ予防のレシピを作ってみては?
714 view
マリーゴールドの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるマリーゴールドの栽培方法

マリーゴールドの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるマリーゴールドの栽培方法

聖母マリアの黄金の花を意味するマリーゴールド。春から秋まで長い季節花を咲かせ、聖母マリアの祭日にいつも花を咲かせていたことから名付けられたといいます。日本には江戸時代前期に渡来し、孔雀草や万寿菊、千寿菊などの名前で長く親しまれてきました。特徴として品種も多く、オレンジや黄色以外の白やクリーム、赤、複色など花色のバリエーションが豊富です。草丈も低いものから1mほどに育つものもあります。丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者におススメの草花です。
887 view
ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

赤や黄色の愛らしい果実をつけるラズベリー。日本に自生する野生種も多く、手軽に育てることができます。日当たりのいいスペースがあったら、ぜひトライしてほしい初心者向けの果樹です。どれもほどよい酸味と甘みがあり、生食向き。熟したものから順に口に運べば至福の時間が広がります。ジャムやソース、果実酒などにも利用できます。ニ季なりの「サマーフェスティバル」や「インディアンサマー」という品種なら、初夏と秋、2回の収穫が楽しめます。
893 view

この記事のキーワード