2018年11月19日 更新

甘い苺(いちご)を栽培しよう!苺(いちご)の肥料の時期・やり方・追肥は?おすすめの肥料も併せてご紹介

せっかくイチゴの栽培にチャレンジするなら、甘くて美味しいイチゴを作りたいですよね。品種もさまざまあり、『あまおう』や『とちおとめ』などは有名ですよね。そこで、今回は初心者でも簡単に甘くて美味しいイチゴを作ることができるおすすめ肥料情報をご紹介します。

2,805 view

イチゴの栽培方法とは?

 (431)

栽培時期

イチゴには種から育てる「春植え」と苗から育てる「秋植え」がありますが、初心者におすすめなのが収穫までの時間が短い秋植えです。

秋植えの場合、遅くとも10月頃にイチゴの苗を購入し植えることからスタートします。

イチゴの栽培にはある程度深めのプランターが適していますが、深植えし過ぎると生長が遅れてしまうのでクラウンが隠れる程度の浅植えにするのがポイントです。

日当たりや水やり

イチゴの苗を植え付けた直後はたっぷりと水やりを行います。

その後は、水をあげすぎるとイチゴは甘くならないと言われています。
根腐れなどの原因にもなるので、土の表面が乾いた時にのみたっぷりと水を与えるのがポイントです。

そして、イチゴは日光を好むので、日当たりの良い場所に置きましょう。

防寒対策

イチゴは寒さに強い品種ですが、防寒対策を取らずに真冬に入ると枯れてしまうことがほとんどです。
プランターの場合は防寒ネットなどをかぶせ、畑の場合は根元に藁を敷いて防寒対策をとってあげましょう。

また、冬になると葉の色は茶色くなりますが、根は生きているので、茶色くなった葉だけ速やかに取り除き、暖かい春になるまで待ちましょう。

大体1株当たり4~5枚程度グリーンの葉を残すような感覚です。

摘花や収穫

春に暖かくなってくると、株たちが活動し始め成長スピードも速くなります。
この頃に防寒用のビニールは外してあげましょう。

また、真冬に咲いた花やつぼみは実をつけることはほとんどないので、より多く収穫するためにも取り除き、暖かくなった頃に咲いた花を大切に育てます。

そして、春になるとランナーもどんどん伸びてきますが、実を大きくするためにも収穫前後に伸びるランナーは取り除きましょう。

こうして花が咲いてから1ヶ月もすると実を収穫することができますが、花が咲いたら、柔らかい筆や綿棒などで雄蕊と雌蕊の部分を軽く撫でて受粉させると、実はよりしっかりと育ちます。

甘いイチゴに必要な肥料の種類や与え方とは?

 (421)

イチゴは基本的に追肥を2回行います。
1回目は生育を開始する前、2回目の追肥は花が咲き始めた頃です。

また、イチゴにはアルカリ性よりの土が適しているので、プランターで栽培する場合は赤玉土や鹿沼土、腐葉土など混ぜた土を使用するといいでしょう。

初心者の場合は、あらかじめイチゴなどの果物や野菜専用にブレンドされた肥料を利用するのが良いでしょう。これらはホームセンターや通販などで販売されているので、まずは利用してみることをおすすめします。

では、イチゴ栽培に最適なおすすめの肥料をご紹介します。

イチゴの栽培におすすめの肥料はこちら!

野菜にもくだものにもOK!

マイガーデン ベジフル 700g  住友化学園芸

マイガーデン ベジフル 700g 住友化学園芸

野菜や果物を栽培する際の元肥や追肥として人気のこちらは、ばらまくだけで効果が3~4ヶ月持続する優れものです。
チッソやリン酸、マグネシウム、カリをバランスよく配合しているので野菜や果物が健康に育ちます。

甘みいっぱいのイチゴに!

自然応用科学 甘みいっぱい イチゴの肥料 500g

自然応用科学 甘みいっぱい イチゴの肥料 500g

イチゴの専用肥料で花つき・実つきを良くする働きをするリン酸系を多く含んでいます。
他にも、アミノ酸が配合されているので実を甘くする効果も期待することができ、人気の商品です。使いやすさも口コミで評判です。

置くだけ簡単!

ハイポネックス 野菜の錠剤肥料 250g

ハイポネックス 野菜の錠剤肥料 250g

丈夫な野菜や果物を育てるために欠かせないチッソやリン酸、マグネシウム、カリ、カルシウムの他に、マンガンや鉄などの微量要素を含んだ錠剤タイプの肥料です。
土に置くだけなので手を汚さずに簡単に素早く土に肥料を与えることができます。

追肥にもおすすめ!

住友化学園芸 ベジフル液肥 /480ml

住友化学園芸 ベジフル液肥 /480ml

豊富な9種類のミネラルやビタミン、17種類のアミノ酸、糖類を含む植物由来の天然有機質を配合した野菜や果物の栽培専用の液肥です。
追肥の代わりにこちらを使用することで追肥するより簡単でさらに野菜や果物が元気になったと口コミで人気の商品です。

肥料を使えば簡単に甘くて美味しいイチゴができるかも

 (434)

野菜や果物、イチゴ専用の肥料を使って、栽培方法の基本さえ押さえれば簡単に甘くて美味しいイチゴを作ることができそうですよね。
是非、今回ご紹介した肥料を参考に美味しいイチゴづくりにチャレンジしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者ガーデナーでも簡単に使える!売れ筋の液体肥料ランキング

初心者ガーデナーでも簡単に使える!売れ筋の液体肥料ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
158 view
みかんの肥料の時期は?鉢植えでみかん栽培を始めよう!上手なみかんの育て方とおすすめの肥料4選

みかんの肥料の時期は?鉢植えでみかん栽培を始めよう!上手なみかんの育て方とおすすめの肥料4選

花や野菜と違い、果樹は栽培が難しい印象があります。でも柑橘系なら苗一本から意外と簡単に育てることができるんです。農薬をなるべく使わず、自分で栽培したフレッシュなみかんを収穫できたら最高ですよね。そこで今回は鉢植えのみかんの育て方とおすすめの肥料をご紹介します。
2,332 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
31 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
36 view
お菓子だけじゃない!薬効も期待できるラズベリーはお肉料理にも抜群

お菓子だけじゃない!薬効も期待できるラズベリーはお肉料理にも抜群

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
49 view

この記事のキーワード