2018年10月26日 更新

エリゲロンの育て方は?肥料や用土など、種まきや株分けで増やせて鉢植えもできるエリゲロンの栽培方法

花径2㎝ほどの小菊のような花をたくさん咲かせ、長く咲き続けるエリゲロン。そのおもしろい花の名前は、ギリシア語の「エリ・Eri」(早い)と「ゲロン・geron」(老人)を組み合わせてできたとか。昔の人は、ピンクから白へと花色を変えながら早く咲き進み、あっという間に白い綿毛になる(=老人の白髪のように見える)様子を花名で表現したのかもしれませんね。

145 view

エリゲロンとは?

 (8785)

エリゲロンは、道端で良くみかけるハルジオンやヒメジョオンの仲間。それゆえ強健で、暑さにも寒さにも強く栽培しやすく、長期間、花を咲かせるのが特長です。品種も多く、草丈は5~100㎝、花色は白、ピンク、青、黄、オレンジ、紫と多種多様。

ガーデニングで良く使われているのはカルビンスキアヌス種で、「プロフュージョン」という品種は、とても丈夫で花期が長いので初心者におすすめ。花の中心が黄色で、花びらが濃ピンク~淡ピンク~白に変化するカラフルな花色も人気があります。

エリゲロンは横に広がって伸びる性質があるので、花壇の縁取りやグランドカバーとして使うと、庭がパッと華やかになりますよ。

エリゲロンの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え期:3月~6月、9月~11月
開花期:5月~11月
※カルビンスキアヌス種の場合。関東地方以西基準

栽培環境・日当たり・置き場所

日当たりと水はけの良い場所を好みます。

水やり

鉢植えの場合は、地面の土が乾いたら少量与える程度でOK。地植えの場合は、特に必要ありません。

栽培のポイント

育つ場所を選ばずたくましく育つエリゲロン。乾燥した場所で育つため、地植えではほとんど水やりをしなくても元気に育ちますよ。鉢植えなら春と秋に肥料を少し与える程度でOK。ただし、高温期の多肥多湿は根や株が腐れやすく、病気の原因となるので注意しましょう。

エリゲロンは株分けと種まきでふやせますが、種がこぼれて自然にふえるので放っておいても大丈夫。園芸品種など意図的に殖やしたい場合は、ポットに種をまいて育てましょう。

開花後、種を採らない場合は花がらを早めに切り取り、日当たりと風通しを良くします。草姿が乱れてきたら、晩秋に刈り込んで整えてあげてくださいね。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:灰色カビ病 ウドンコ病

エリゲロン栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

栽培に失敗しない!プロが配合した有機質入りの培養土

みんなの花と野菜の土14L

756
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ココナッツファイバーや木質堆肥などの有機素材を多く配合し、安心して使える培養土です。独自の土壌改良剤や有機緩効性肥料分も配合され、長期間、植物の生育を助けます。

ゆっくり長く効果が持続。植物の生育を助ける

ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

植えつけや植え替え時に混ぜるだけでOK。1度混ぜ込めば1年間効果が持続します。根に直接触れても肥料やけの心配もありません。植物の生育を助け、花つきを良くします。

30日間効果が持続。幅広い植物に使用できる

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1...

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml

アブラムシ、ハダニ、うどん粉病 花や緑など幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。害虫に対して速効性があるのが特長。病原菌の侵入も防ぐため、病気も防いでくれます。

エリゲロンで庭を覆い尽くしてローメンテンスガーデンに!

 (8813)

こぼれ種でどんどんふえていくエリゲロンは、自然任せで気軽に育てられるのがうれしいですよね。雑草に困っていたら、エリゲロンを植えて地面を花で覆い尽くすのもひとつの方法ですよ。草むしりも庭の見た目も解消できて、ローメンテナンスガーデンを造りたい人におすすめです。ぜひチャレンジしてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

春に咲きほこる、球根植物の代表格ともいえるチューリップ。品種により、開花期間や色などさまざまです。今回は、チューリップを球根から育てるときに適した培養土選びや水やりなどの管理方法、鉢植えの場合におすすめのプランターや置き場所、植え付けの方法などをご紹介します。
43 view
ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
36 view
ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
20 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
40 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
46 view

この記事のキーワード