2019年10月31日 更新

熱中症対策にレモンの簡単レシピ!レモンの木の育て方を覚えて、レモンの栄養を上手に活用!

レモンに含まれるクエン酸には、熱中症の予防に良いとされていることはご存知でしょうか。 今回はレモンに含まれる栄養素や、夏にぴったりのドリンクレシピのご紹介です。 レモンの爽やかな香りは夏を感じさせてくれます。レモンで猛暑を美味しく乗り切りましょう!

レモンの旬と美味しいレモンの選び方

 (16820)

一年を通してスーパーで見かけるレモン。
輸入品も多いため、レモンの旬を意識することは少ないかもしれませんね。
国産レモンの1/4を占めるのは、広島県の尾道市、瀬戸田。
この地域で出荷される国産レモンは、9月から12月頃が出荷のピークです。

中でも、10月・11月に収穫されるグリーンレモンのフレッシュな味わいは近年人気を集めています。
産地直送の旬のお取り寄せレモンは、糖度が高く生のままかじることができるものもあるのだとか!

スーパーで並んでいるレモンは、どれも可愛らしい黄色で差が無いようにも見えますが、
選ぶ時にちょっとしたコツがあります。一番注目すべきは、皮の表面!
色の村がなく、張りとツヤのあるものを選びましょう。
さらに、手に持ってみてずっしりを重みのあるのがジューシーなレモンである証拠。
重いということは、その分果汁が豊富であるということ。
他のレモンと比較して、重いものを選ぶのが美味しいレモンを選ぶコツなのです。

海外産レモンを買う時にどうしても気になるのは「ポストハーベスト農薬」。
基準値検査もありますので、敏感にならなくてもいいのですが、気になる方は塩で全体を揉みこすり洗いをしましょう。
こうすることで、汚れやワックスを落とすことができてレモンの色味や味も良くなります。

熱中症にも!lレモンの栄養素

 (16821)

レモンといえばビタミンC。柑橘類の中でも、レモンはトップの含有量を誇ります。
ビタミンCには、抗酸化作用があると考えられており、シミやそばかすを防ぎ美肌に効果があると言われています。
免疫力を高めることで感染症や風邪の予防にも効果が期待できます。

レモンに含まれるのはビタミンCだけではありません。
レモンには、疲労回復に良いとされるクエン酸も多く含まれています。
クエン酸は脂肪や乳酸の分解し、エネルギー生産の動きを活発にします。
さらに、クエン酸にはミネラルの吸収を助ける働きもあるのです。
疲労を回復し、ミネラルの吸収を助けるクエン酸は、熱中症対策のためにぜひ摂取したい栄養素です。
スポーツや野外活動の際はレモンのドリンクを飲むなど、レモンを積極的に摂取しましょう。

さらに、レモンに含まれるポリフェノールは血圧を下げ、生活習慣病の予防にも効果が期待されています。
レモンの果皮には、「ヘスペリジン」と「エリオシトリン」という2種類のポリフェノールが含まれています。
この2つのポリフェノールは、コレステロールや血圧の上昇を抑制し、血管を丈夫にする働きがあると考えられています。
さらには、腸内で死亡吸収を抑える働きにより、ダイエット効果も期待されているのです。

レモンをお手軽に摂取できるオススメレシピ

※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

・レモン入り手作りスポーツドリンク
<材料>
水    1リットル
砂糖   大さじ2
塩    小さじ1/2
レモン汁 小さじ1

作り方は簡単、これらすべてを水に溶かすだけ。
それだけで簡単にレモン入りのスポーツドリンクができちゃいます!
市販のスポーツドリンクよりも糖分を押えて作ることができるので、
熱中症対策のミネラル補給には手作りがオススメです。
ただし、市販のものと違って添加物が入って入っていないため、早めに飲み切ってしまいましょう。

・塩入レモネード
<材料>
炭酸水    500ml
水      10ml
レモン汁   大さじ1
塩      小さじ1/4
はちみつ   大さじ2

はじめに、炭酸水以外の材料をよく混ぜ合わせておきます。
これに、炭酸水を加えたなら熱中症対策にもばっちりのレモネードの出来上がりです。
はちみつの優しい甘さと、レモンの香りが爽やかなレモネードです。
お好みでレモン汁を足してもGoodです!

・塩レモン
<材料>
レモン   5個
塩     100g

塩レモンを保存する瓶はあらかじめ煮沸消毒しておきましょう。
レモンはよく洗い、水気を切っておきます。
まずは、レモンを5㎜ほどの薄切りにしていきます。
すべてきり終わったなら、ビンの中に塩をレモンを入れていきます。
塩とレモンを交互に入れて、均等に食塩がいきわたるようにしましょう。
レモン全て入れたなら、最後に蓋をするように塩を詰めましょう。
これを、冷暗所に1週間ほど置いたら完成です。
お肉やお魚の風味付けや臭み取り、水や炭酸水に入れてドリンクにしても美味しい万能調味料です!
保存も効くので、レモンが大量に手に入った時にはぜひ作ってみましょう!

レモンは夏の味方!美味しく取って楽しい夏を

 (16824)

スッキリとしたレモンの香りをかぐと、暑い日でもちょっとだけ爽やかで涼しい気分になります。
しかも、レモンに含まれる成分は熱中症対策にも効果が期待できますので、
熱さの厳しいこの夏、積極的に取り入れましょう。

レモン汁でも代用できますが、生レモンを絞ればさらにレモンならではのフレッシュな香りを楽しむことができます。
これからが旬の国産レモン、お取り寄せをして旬の美味しさを味わいましょう。

お庭で自分で栽培すれば、とれたてレモンも楽しむことができます。
お庭に黄色い果実が実った時の喜びは格別です。ぜひチャレンジしてみてください!
美味しくて熱中症の対策もできるレモン。
かつてない猛暑を記録するこの夏をレモンのパワーで乗り切りましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
2,443 view
秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋に植える野菜は病害虫が少ないため、初心者にもおすすめです。 また、プランター栽培できるので、室内やベランダでも家庭菜園が楽しめます。 そこで今回は秋植え野菜の特徴や育て方のポイントをまとめました。 たくさん収穫して、美味しくいただきましょう。
42,187 view
ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

サラダなどレシピによく使われるルッコラ。英名ではロケットと呼ばれており、独特の香りと風味があるため、ハーブとしても扱われてきました。ルッコラは園芸初心者でも育てやすく、家庭菜園でも人気の野菜です。今回は種まきから収穫まで、ルッコラの栽培方法をご紹介いたします。
2,300 view
プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

気温が暖かくなる春から夏にかけて、家庭菜園を楽しむ方も多いのではないでしょうか。トマトやキュウリなどの夏野菜は難易度がそう高くなく、プランターでも栽培しやすいのが特徴的。そこで今回はおすすめの夏野菜や土作りなど、初心者でも上手に育てる方法をまとめました。
22,744 view
ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

ラズベリーの育て方を覚えて、ラズベリーレシピに挑戦しよう!新鮮なラズベリーをジュースやジャムに!

赤く可愛らしい果実のラズベリー。口に含むと広がる甘酸っぱい香りが人気です。洋菓子やジャムなどに使われているほか、ヨーロッパの方では肉料理のソースとしても広く用いられています。日本でもお洒落なレストランで見かけますね。爽やかなラズベリーの魅力をご紹介します。
1,053 view

この記事のキーワード