2018年10月26日 更新

オキナワスズメウリの育て方は?肥料や用土など、グリーンカーテンにもなるオキナワスズメウリの栽培方法

オキナワの名がついている通り、暑さに強く強健で、最近はグリーンカーテンとして人気が出始めたオキナワスズメウリ。種まき後、すぐにツルがぐんぐんと伸びて鮮やかな黄花が咲き、花後にミニサイズの実がなります。赤地に白い斑点が入る実はとても可愛いのですが、毒の成分を含んでいるので要注意。決して食べず、観賞用に留めておいてくださいね。

175 view

オキナワスズメウリとは

 (9222)

ウリ科、一年草のツル植物。コロンと丸い実がつくことから「琉球オモチャウリ」というユニークな和名もついています。ネットやフェンスなど絡ませるものに誘引すれば、グリーンカーテン仕立てにできますよ。

オキナワスズメウリは葉っぱが小さめなので、涼感が足りない場合はアサガオやゴーヤ、ヘチマなど、他のツル植物と混植しても良いですよ。一株でかなりの量の実が採れるので、赤や茶色に色づいた実はドライにして部屋に飾ったり、実がついたツルを用いておもてなし用のリースを作っても面白いですね。

オキナワスズメウリの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:4月~6月
開花期:5月~10月
※関東以西基準

置き場所

日当たりの良いところで育てましょう。夏の直射日光にも負けずイキイキと育ってくれますよ。

水やり

春から夏にかけて旺盛に育つので、水を切らさないよう水やりを欠かさないことが大切です。土が乾いたら、たっぷりと。気温の上昇とともに水やりの頻度を増やしましょう。

栽培のポイント

オキナワスズメウリは種でも育てられますが、すぐに楽しみたい場合は苗を購入して植えつけるのが簡単です。ひとつの株に雄花と雌花が咲いて結実するので、ひと株から挑戦してみると良いでしょう。

おすすめの育て方は、夏の日除けと観賞を同時に楽しめるグリーンカーテン。ネットに誘引すれば、葉→花→実と変化する様子を長く楽しめますよ。苗の植えつけは4月下旬以降、十分に暖かくなってから。比較的簡単に育ちますが、地植え、鉢植えともに水切れには注意しましょう。

生育期と開花期は週に一回、液体肥料を与えるか、月に1回ほど化成肥料を与えます。たくさん花を咲かせるのが、実をたくさん実らせるコツです。花つきが悪い場合は、リンを多く含む肥料を与えると良く咲くようになりますよ。その後、8月下旬~9月にかけて実が赤く色づき始めます。

主な病害虫

害虫:特になし
病気:特になし

オキナワスズメウリ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

栽培に失敗しない!プロが配合した有機質入りの培養土

みんなの花と野菜の土 | 土・肥料事業部|花ごころ

756
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ココナッツファイバーや木質堆肥などの有機素材を多く配合し、安心して使える培養土です。独自の土壌改良剤や有機緩効性肥料分も配合され、長期間、植物の生育を助けます。

ゆっくり長く効果が持続。植物の生育を助ける

/元肥/肥料/ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

/元肥/肥料/ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

植物の植えつけ、植え替え時に混ぜるだけでOK。1度混ぜ込めば1年間効果が持続。根に直接触れても肥料やけの心配もありません。植物の生育を助け、花つきを良くします。

害虫を速効&持続で退治。いろいろな植物に

殺虫剤 住友化学園芸 ベニカベジフル乳剤 100mL

殺虫剤 住友化学園芸 ベニカベジフル乳剤 100mL

オキナワススメウリに発生しやすいカメムシにも効果的。68種類の害虫に効果のある園芸用殺虫剤。水で薄めて使用します。

緑や赤のかわいい実はオリジナルリースにも最適

 (9262)

緑から赤へと染まるオキナワスズメウリの実。収穫時期をずらして2色の実を採っておけば、クリスマスにぴったりのリースが作れそうですね。マツボックリやドングリ、多肉植物をプラスして彩り、オリジナル作品を作って楽しんでみてはいかが? 木箱に入れてお部屋に飾っておくだけでも可愛いですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
32 view
プルーンの育て方は?剪定・収穫時期・おすすめの品種など、鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンの育て方は?剪定・収穫時期・おすすめの品種など、鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンというとドライフルーツが一般的でしたが、最近は生食するプルーンも人気。鉄分や食物繊維が豊富で、便秘や貧血に効果のある健康果実として注目されています。ヨーロッパ原産のスモモをプルーンと呼び、そのまま食べるのはもちろん、凍らせてシャーベットのように楽しんだり、ジャムやソースにしたりして利用できます。スモモ同様、1本で結実し、収穫できる自家結実性があるかどうか、確認して栽培する品種を選びましょう。
37 view
キンカンの木の育て方は?苗木からがおすすめ!庭木としても鉢植えでも出来るキンカンの育て方をご紹介

キンカンの木の育て方は?苗木からがおすすめ!庭木としても鉢植えでも出来るキンカンの育て方をご紹介

柑橘類のなかでは珍しく果実を皮ごと食べることができるため、栄養価が高く、丈夫で育てやすい果樹「キンカン」。花も葉も果実も柑橘特有の甘くさわやかな香りを放ち、果実はほろ苦く甘酸っぱい風味を楽しめます。1本あると、鮮やかなグリーンの葉っぱ、愛らしい白花、オレンジ色の果実で庭が華やかになりますよ。
13 view
サルスベリの育て方 木肌がツルツルでなめらか!夏~秋まで次々咲く

サルスベリの育て方 木肌がツルツルでなめらか!夏~秋まで次々咲く

サルスベリは、名前がとってもユニーク!木登りが得意なサルでさえ登ることが出来ないほど、樹皮がなめらかなことから命名されたそう。夏の青空に、フワフワとしたピンクの花が映えて咲いているのをよく見かけますね。オーソドックスなピンク花のもののほか、白や赤花もありますよ。夏から秋にかけて長期間咲くので1本あると、とても華やかですよ。
20 view
オリーブの木の育て方は?剪定・植え替えは必要?収穫時期や肥料・用土など鉢植えからできるオリーブの栽培方法

オリーブの木の育て方は?剪定・植え替えは必要?収穫時期や肥料・用土など鉢植えからできるオリーブの栽培方法

オリーブはアンチエイジング効果が期待できるとして、ここ数年大ブーム。その流行と同時に、庭を素敵に彩る樹木としても人気急上昇中です。銀色に輝く細葉が軽やかな印象で美しく、1本あるだけで今どきの洋風の庭に仕上がります。庭に一度は植えてみたいと思わせるのは見た目だけではなく、剪定をする必要がなく手間がかからないのと、結実した果実が可愛らしいから。果実は観賞するだけでなく、塩漬けやピクルスにしたり、枝をカットしてリースを作ったり……。いろいろな楽しみ方ができますよ。
216 view

この記事のキーワード