2018年11月5日 更新

カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

室内用の鉢花として昔から親しまれてきたサイネリア。草丈が20~30㎝で半球状に育ち、たくさんの小花を咲かせます。サイネリアの魅力は鑑賞時期が長く、花の色や模様が豊富なこと。ひとつの苗から、たくさんの花が咲くので鉢植え栽培にぴったりです。また、園芸業界には「シネラリア」という名前も存在しますが、死を連想させることからサイネリアという名前が一般化したとされています。

13 view

サイネリアとは?

 (16264)

サイネリアは青や紫、白、ピンク、黄など、カラフルな花をこんもりと密集して咲かせる一年草。園芸品種の種類が非常に多く、花のサイズ、色、形、模様は多種多様です。主な系統は、グランディフローラ系、ポリアンサ系、ムルティフローラ系、ダルマ系の4つ。グランディフローラ系は大輪の花を咲かせる品種、ポリアンサ系は草丈が高くなる品種、ムルティフローラ系は2~3㎝の小輪花をたくさん咲かせる品種、ダルマ系は草丈が低く、5㎝ほどの中輪花を咲かせる品種です。最近は、小輪花が特に人気です。

「アーリー・パーフェクション」シリーズは、花径が2.5~3㎝と小さくコンパクトに育つ人気品種。花色はレッド、ピンク、ブルーなど5つの花色から選べます。そのほか、花芯のまわりが白い蛇の目模様や淡黄色など7つの花色を楽しめる「ジェスター」シリーズもおすすめです。

サイネリアの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:11月~5月
植えつけ期:9月~4月
タネまき期:8月下旬~9月上旬

置き場所

サイネリアは暑さに弱いので半日陰の涼しい場所で管理します。霜に当てると傷むので、11月になったら日が当たる場所に移動して管理しましょう。雨で花が濡れると病気の原因になるので、雨に当てないように注意してくださいね。

水やり

鉢植えは土が乾いたら水をたっぷり与えるのが基本。くれぐれも花に水がかからないように注意してくださいね。

栽培のポイント

サイネリアは、水はけと水もちのよい土に苗を植えつけます。タネでも栽培できますが、初心者は苗か花のついた鉢で育てた方が簡単ですよ。開花株を購入した場合はそのまま育てて構いません。2月~3月に切り戻す時に、ひと回り大きな鉢に植え替えましょう。鉢植えは10月~4月に化成肥料、9月~4月に薄めの液肥を定期的に施してあげればOK。花は上から順に咲くので、花びらが散る前に花がらを摘み取ると、下の方にある蕾が次々咲き続けます。開花→花がら摘みを繰り返し、花が少なくなってきたら、2月~3月頃、切り戻しを行いましょう。切り戻すことで花茎が新しく伸び、再び花が咲くようになりますよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、コナジラミ
病気:うどんこ病、灰色かび病

サイネリア栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期育成に必要な栄養素がはいった有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土 12L

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土 12L

元肥入りでいろいろな植物に手軽に使用できます。赤玉土や鹿沼土、バーク堆肥をほどよく混合し、保水性と排水性の高い培養土は、鉢植えにもぴったりです。

ゆっくり長く効果が持続。植物の生育を助ける

ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

ハイポネックス マグァンプK中粒 600g

植物の植えつけ、植え替え時に混ぜるだけでOK。1度混ぜ込めば1年間効果が持続。根に直接触れても肥料やけの心配もありません。植物の生育を助け、花つきを良くします。

30日間効果が持続。幅広い植物に使用できる

住友化学園芸 殺虫剤 ベニカXファインスプレー 420ml

住友化学園芸 殺虫剤 ベニカXファインスプレー 420ml

アブラムシやうどん粉病などの対策に幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。害虫に対して速効性があり、病原菌の侵入も防ぐため、病気も防いでくれます。

冬に贈り物をするならカラフルな花色のサイネリアがおすすめ

 (16294)

冬に贈り物をするなら、カラフルな花色の「サイネリア」がおすすめです。「いつも元気」「いつも愉快」「喜び」「希望」「華やかな恋」といったサイネリアの素敵な花言葉を添えてプレゼントすれば、相手が喜んでくれますよ。サイネリアはカラフルな花が次々と咲くので、眺めているだけで心がウキウキするという意味が込められているのかもしれません。イギリスでは、「元気になってね」という言葉を添えて、お見舞いの花として贈る習慣があるそうですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フクシア(ホクシャ)の育て方は?地植えより鉢植え?肥料や用土など寄せ植えにもおすすめのフクシアの栽培方法

フクシア(ホクシャ)の育て方は?地植えより鉢植え?肥料や用土など寄せ植えにもおすすめのフクシアの栽培方法

フクシアピンクという色の名前にもなった美しい赤紫色の花をつけるフクシア。貴婦人のイヤリングとも呼ばれる花をつけるのが特徴です。小さな1㎝にも満たない花のものから大きな華やかな種類まで、さまざま楽しめます。 初心者には春、苗を購入し、地植えせず、ハンギングなどのコンテナ栽培で育てると管理しやすくおすすめです。4月から7月中旬まで花が楽しめます。日本で品種改良されたエンジュルス・イヤリングの仲間は夏の暑さに強く、初心者向きです。
131 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
23 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
34 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
26 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view

この記事のキーワード