2018年10月26日 更新

オリヅルランの育て方は?肥料や用土など、地植え・鉢植え・室内での水栽培もできるオリヅルランの栽培方法

鮮やかな緑色の細長い葉っぱが放射状に伸びて広がるオリヅルラン。そのスタイリッシュな容姿と白く染まる斑入り葉がさわやかな雰囲気であることから定番のインテリアグリーンとして人気があります。一年中、緑の葉が楽しめ、育て方も簡単なので、とっても初心者向き。ちなみに、オリヅルランの花言葉は「守り抜く愛」。結婚し家族を持ち始めた人や子供が多くいる人に贈ると喜ばれる素敵な意味を持つ植物でもあるんですよ。

125 view

オリヅルランとは?

 (9091)

オリヅルランはキジカクシ科の観葉植物。名前の由来は、細長い茎から出たランナー(子株)の形が折り紙の鶴に似ているからだそう。昔から地植えや鉢植え、ハンギングバスケットなど、室内外で育て親しまれてきた植物ですが、近年のインドアグリーンブームでハイドロカルチャー(土を使わずに室内で育てる水耕栽培)として楽しむ人も増えています。

主な園芸品種は葉が硬く緑地に乳白色の覆輪が入る「ソトフオリヅルラン」や、葉がやわらかく葉の中心に大きな乳白色の斑が入る「ナカフヒロハオリヅルラン」ですが、最近は葉の先端がカールしている「ボニー」が加わり、選ぶ楽しさが増えました。メインは葉を観賞しますが、春から夏にかけてランナーの節から小さな白花を咲かせますよ。

オリヅルランの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え期:5月~9月
※関東地方以西基準

置き場所

風通しが良く日の当たる場所が向いています。ただし、強い日差しに当たると葉が焼けて枯れる場合があるので要注意。ある程度の寒さには耐えますが、真冬は室内に取り入れて管理した方が良いでしょう。

水やり

根が多肉質で、乾燥に強い植物です。鉢植えは、土の表面が乾いたら与える程度でOK。乾かし気味に管理するのがコツですよ。地植えは、ほとんど水やりをしなくても育ちます。

栽培のポイント

オリヅルランは寒さに強く、半日陰でも育つタフな性質なので、どこで育てても大丈夫。ランナーで子株がどんどん殖え、生長するスピードも早いので、育てがいがありますよ。初めて植物を育て始める人にぴったりの植物です。

オリヅルランは茎から伸びる子株に根が出てきたら取り外し、5月~9月の間に植えつけましょう。子株をハサミで2~3株に分け、下の葉を数枚落として鉢に植えつけます。そのまま放っておくと子株が増え、株が茂り過ぎてしまいます。オリヅルランは生育が旺盛なので、毎年、植え替えをしてあげてくださいね。

主な病害虫

害虫:カイガラムシ
病気:炭そ病

オリヅルラン栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期の生育に必要な有機質肥料をブレンドした土

プロトリーフ 観葉植物の土 ( 2L )/ プロトリーフ

プロトリーフ 観葉植物の土 ( 2L )/ プロトリーフ

赤玉土や鹿沼土、ピートモスなどをバランスよく配合し、保水性と排水性を兼ね備えた観葉植物専用の培養土です。初期生育を助ける有機元肥も配合され、そのまま使用できます。

株まわりに置くだけで、葉色がよくなり丈夫に育つ

ハイポネックス プロミック 観葉植物用 150g

ハイポネックス プロミック 観葉植物用 150g

早く効く成分とゆっくり効く成分を含み、安定した肥料効果が約2ヵ月間持続。 臭いも少なく清潔なので玄関先やベランダ、室内でも使えます。 チッソ成分を多く含むので葉色を鮮やかにし、生育を促進します。

病原菌を退治するのはもちろん予防効果も期待できる

【住友化学園芸】GFベンレート水和剤(0.5g×10袋...

【住友化学園芸】GFベンレート水和剤(0.5g×10袋入)/1個 【M】

炭そ病やごま色斑点病などに効果的。水で薄めて使用します。

初心者でも気軽に挑戦できる!強い生命力のオリヅルラン

 (9122)

地上部が枯れていても根が生きていれば復活するほど強い生命力を持ったオリヅルラン。冬の寒さと水切れにさえ注意すれば、誰でも簡単に栽培でき、殖やせますよ。アウトドアでもインドアでも気軽に鉢栽培に挑戦してみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アブチロンの育て方は?挿し木や剪定、肥料・用土など鉢植えが人気のアブチロンの栽培方法

アブチロンの育て方は?挿し木や剪定、肥料・用土など鉢植えが人気のアブチロンの栽培方法

春から秋まで長期間、次々と花を咲かせ、観賞を楽しめるアブチロン。コンパクトに育つ性質も相まって、近年は鉢植え向きの花として注目を浴びています。赤、白、黄、オレンジ、ピンクと熱帯の花らしいカラフルな色ながら、透き通った薄い花びらが上品な雰囲気を漂わせ、インテリアや庭になじみやすいのも魅力。暑さにも寒さにも強いので、手間をかけずに育てたい人にイチオシの花ですよ。
122 view
ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

ラズベリー(木苺)の育て方は?剪定・収穫時期や肥料・用土など地植えも鉢植えもできるラズベリーの栽培方法

赤や黄色の愛らしい果実をつけるラズベリー。日本に自生する野生種も多く、手軽に育てることができます。日当たりのいいスペースがあったら、ぜひトライしてほしい初心者向けの果樹です。どれもほどよい酸味と甘みがあり、生食向き。熟したものから順に口に運べば至福の時間が広がります。ジャムやソース、果実酒などにも利用できます。ニ季なりの「サマーフェスティバル」や「インディアンサマー」という品種なら、初夏と秋、2回の収穫が楽しめます。
240 view
コスモス(秋桜)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるコスモスの栽培方法

コスモス(秋桜)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるコスモスの栽培方法

日本の秋の季節の風物詩として愛され続けてきたコスモス。道端や原っぱでピンクや白の素朴な花が群生する風景は見事です。そんなコスモスを自宅の庭で咲かせてみませんか? 通常は一回で咲き終わる花ですが、花後もそのままにしておくとタネがこぼれて同じ場所で翌年も花を咲かせてくれますよ。
138 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
158 view
ひまわり(向日葵)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土などヒマワリの栽培方法

ひまわり(向日葵)の育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土などヒマワリの栽培方法

夏の訪れとともに太陽のような花を咲かせるひまわりは、北アメリカ原産で60種類以上の野生種があるといわれています。一般的な黄色の花色のもののほかにオレンジやレモン、なかにはチョコレート色のものもあります。花の大きさも小輪のものから大輪のものまで。一重咲き、八重咲きもありさまざまな品種が揃います。草丈も30㎝のものから3mを超えるものまであり、育てる場所に合わせて選べます。
2,339 view

この記事のキーワード