2018年11月30日 更新

かすみ草の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するかすみ草の栽培方法をご紹介

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?

28 view

カスミソウとは?

 (16001)

カスミソウの種類には一年草タイプと宿根草タイプがあり、園芸店や花屋さんで見かける多くは、宿根タイプのカスミソウ。庭で育てる場合も、開花を長く楽しめる宿根タイプがおススメです。タネからでも苗からでも育ちますが、タネは小粒で発芽率が低いため、ガーデニング初心者は、苗を植えた方が失敗せず安心ですよ。カスミソウは、どんな花やグリーンとも相性が良いので、花壇に混植したり、寄せ植えにしたりしても素敵。風にそよぐカスミソウを庭いっぱいに植えて、憧れのナチュラルガーデンをつくってみませんか?

カスミソウの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:5月~7月
植えつけ期:2月~4月、10月~11月
タネまき期:9月~10月

置き場所

鉢植えの場合、風通しと日当たりの良い場所で育てます。過湿を嫌うため、梅雨や夏は長雨に当てないように注意してください。地植えは水はけの良い日なたに植えましょう。

水やり

カスミソウは乾燥に強いので、過湿になると株が蒸れて枯れたり、根腐れを起こしたりします。水の与え過ぎに注意し、乾いたらたっぷり与えましょう。地植えの場合、水を与えなくとも元気に育ちます。

栽培のポイント

カスミソウは、タネからでも苗からでも育てられます。でも、たくさんの花を咲かせたいなら苗から育てた方がスムーズに育つので安心。カスミソウは水はけのよい土に、苗よりもひと回り大きな穴をあけ、苗を浅植えにするのがコツですよ。タネをまく場合は、20℃前後と気候が暖かくなってから、タネまき用のポットに4~5粒ずつまきましょう。まいたら軽く土をかぶせ、日陰で7~10日ほど管理して発芽させます。葉が混みあってきたら間引きし、本葉が4~5枚になった頃に鉢や庭に定植しましょう。生育中に与える肥料は控えめでOK。3月~5月と10月~11月に各1回、追肥を施します。3月頃に新芽の先端を摘芯すると脇芽が良く出て、花がたくさん咲きますよ。花が咲き終わったら、株元まで切り戻しておきましょう。

一年草タイプは花後に枯れるので、植え替えは不要です。宿根タイプは3月頃か9月下旬~10月中旬頃に、毎年、植え替えを行いましょう。宿根タイプのカスミソウは草丈が大きく伸びるので、支柱を立ててあげるといいですよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ハダニ
病気:立枯病

カスミソウ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

軽くて通気性の良い清潔な専用培養土

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 花・野菜用

アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 花・野菜用

通気性、保水性に優れ、植物の生育に適した培養土です。天然有機成分がまんべんなく配合され、植物がいきいきと育ちます。

じゃんじゃん咲かせる

花ごころ もっともっと花の肥料

花ごころ もっともっと花の肥料

花つきを良くするリン酸成分多めの肥料です。扱いやすいペレットタイプで、魚粉などの有機質素材が、葉や花の色を良くします。

花や野菜、果樹にもOK。幅広く使用できる殺虫剤

アース製薬 アースガーデン オールスタースプレー

アース製薬 アースガーデン オールスタースプレー

花につきやすいアブラムシ類に効果的。野菜や果樹の害中退治にも幅広く使用できる殺虫剤です。

色で違う?カスミソウの花言葉とは?

 (16031)

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「純潔」。清楚で可憐な白い花姿に由来した花言葉のほか、控えめで他人を引き立てる脇役のイメージから「親切」や「感謝」といった意味もあるとか。また、花色によっても別の花言葉あり、ピンクの花の花言葉は「切なる願い」「感激」など。白い花に比べて、ピンクの花にはやや強いイメージの花言葉がついているのがおもしろいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

900種以上あるというサルビアの中で、最も一般的なのは鮮やかな赤い花をつけるサルビア・スプレンデス。子どもの頃、学校の花壇などでも栽培されていたという記憶のある方も多いでしょう。サルビアの仲間は本来多年草ですが、「サルビア・スプレンデス」を筆頭に寒さに弱く冬越しできないものは一年草として扱われています。品種によって耐寒性のあるなし、また花色、草姿にも大きな違いがあり、低木状に育つものなどさまざまそろいます。
26 view
ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
40 view
イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

子どもから大人まで誰もが大好きな「イチゴ」。見てかわいく食べておいしいと、人気急上昇中の野菜です。真っ赤に熟した頃を見計らいながら収穫でき、最もおいしい果実を味わえるのが家庭菜園の醍醐味。最近は年に一度、春に収穫する一季なりイチゴだけでなく、収穫期間が春~秋と長く、たくさん収穫できる四季なりイチゴも増え、より楽しみが広がりました。
38 view
庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
43 view
育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

夏の暑い時期にぴったりの甘酸っぱいスモモ。そのまま食べるのはもちろん、ジャムやシロップ漬け、ゼリー、果実酒にしても楽しめ、家庭で庭木として栽培したい果樹のひとつです。長く日本の庭で親しまれてきたスモモ。甘みの増す完熟スモモを楽しめるのが醍醐味です。12~2月頃に込み合ったところや徒長した枝を剪定し、日当たりと風通しを良くしてやればOK。この頃長く伸びている長果枝は剪定し、切戻しておくと翌年花芽をつけ結実する短果枝が多く発生します。
51 view

この記事のキーワード