2019年12月20日 更新

テーブルヤシの育て方は?初心者におすすめの観葉植物!テーブルヤシの栽培環境や増やし方をご紹介

小さな観葉植物として親しまれるテーブルヤシ。育てやすい反面、肥料や水の管理を怠ったり、直射日光のあたる場所に置いたりすると根腐れなどの原因に。そこで今回は、栽培に最適な土選びからおすすめの液体肥料、剪定、株分けでの増やし方や害虫予防まで詳しく紹介します。

テーブルヤシは100均やスーパーなどでも購入できる、おしゃれな観葉植物です。どんな植物なのか、基本的な特徴を見てみましょう。

テーブルヤシとは

gettyimages (25543)

テーブルヤシの特徴

テーブルヤシは中央アメリカ原産で、ヤシ科の常緑低木。ヤシの仲間の中でも比較的サイズが小さく、一般に販売されているのはエレガンスという、高さ30〜40cmほどの種類になります。

耐陰性がとても強く、室内でも育てやすい植物です。また、水をそれほど必要としないので、テラリウムなどにもよく用いられます。

草丈が50~60㎝ほどまで大きくなると、2~4月ごろ、稲穂のような粒状の黄色い花が一斉に咲きます。生育が遅いので、花をつけるまでは数年かかりますが気長に待ちましょう。

テーブルヤシの栽培スケジュール

gettyimages (25558)

植え付け、植え替えのタイミングは温かい時期が適しています。
株分けも同様で、もし真夏に行う場合は猛暑日をできるだけ避けるようにしましょう。

・植付け、植替え:5月~7月・9月
・株分け:5月~7月・9月
・肥料:4月~10月

また、肥料は生育期に与えるようにします。

テーブルヤシの栽培環境

テーブルヤシは耐陰性を持つ植物なので、半日陰でも十分生育できます。
その反面、強い日差しに弱く、直射日光が当たると葉が枯れてしまうので要注意。

屋外で育てるなら、朝の弱い日差しが入り込む場所か、半日陰になる風通しのよい場所に置きます。

室内の場合は窓際に置き、レースカーテンなどで日光を遮るなどの工夫をしましょう。
またエアコンの風が直接当たると葉が枯れてしまうので、自然の風が入る場所を選ぶことも大切です。

次にテーブルヤシの土についてですが、水はけのよいものを選びます。
おすすめなのは市販の観葉植物用の土。
もし自分でブレンドする場合は、観葉植物用の土2に、赤玉土1、鹿沼土1を混ぜて使いましょう。

室内用栽培に適した観葉植物専用土

観葉植物の土5L【花ごころ】

観葉植物の土5L【花ごころ】

清潔に使える観葉植物用の土です。
配合されたマグネシウムが光合成を助け、葉の付きなどをよくします。室内の栽培におすすめ。

テーブルヤシを育てるポイント

gettyimages (25014)

テーブルヤシの上手な育て方のポイントを分かりやすくご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

肥料・水やり

テーブルヤシに与える肥料は観葉植物用の液体肥料がおすすめです。
春~秋にかけて、10日に1回の頻度で与えるのがポイント。
あまり与えすぎると土の中の肥料の成分が濃くなってしまい、かえって元気がなくなってしまいます。
葉の状態をチェックして、元気がなければ水で薄めて与える程度にしておきましょう。

また、肝心の水やりですが、土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにします。
通常の水やりのほか、霧吹きで葉に水を吹きかける葉水を行うと乾燥、害虫防止に効果的です。

葉水は1~2日に1度の間隔で行いましょう。
冬の時期は緩やかに生育するため、水やりの頻度を少なくして乾燥気味に育てます。
水をやり過ぎると根が腐ってしまう「根腐れ」を起こす原因になるので注意してくださいね。

手を汚さずに簡単に使える液体肥料

園芸用肥料 観葉植物の肥料アンプル

園芸用肥料 観葉植物の肥料アンプル

さまざまな有効成分を配合し、植物の葉や色つきをよくし、根元から丈夫にする液体肥料です。
土に差し込むアンプルタイプなので手を汚さず、ガーデニング初心者も簡単に扱えます。

お部屋のインテリアにもおすすめ!シックなガラス瓶のスプレー

ダルトン グラススプレー 211

ダルトン グラススプレー 211

インテリアメーカー「DULTON」のスプレー容器です。
ガラス製なので高級感があり、置いて置くだけでインテリアとしても見栄えします。
テーブルヤシの隣に飾っておいてはいかが。

植え替え・植え付け

テーブルヤシは生育するにつれて根が長くなり、鉢いっぱいに広がってしまいます。
放っておくと根腐れを起こして枯れてしまうため、大きな鉢へ植え替えしてあげましょう。

頻度は2~3年に1回のペースで、春~夏、秋の暖かい時期に行います。
植え替えの手順は以下の通りです。

・鉢からテーブルヤシを引き抜き、根元の土を手でやさしく落す。
・新しい鉢に鉢底石、ネットなどを敷いて水はけをよくしておく。
・土を新しい鉢に1/3ほど入れる。
・テーブルヤシを植えて、縁から2~3センチ下まで残りの土を入れる。
・鉢底から流れ出るぐらいまで、たっぷりと水やりして完了。

もし、同じ鉢、もしくはサイズの同じ鉢を使いたい場合は、根と葉を半分にカットしてから植え替えするとよいでしょう。

植え付けも上記の要領で行いますが、根腐れを防ぐために必ず乾いた土を使うようにします。

かかりやすい病害虫

観葉植物の天敵、害虫。
テーブルヤシにはどのような害虫が付くのか、予防と対策のために知っておきましょう。

ハダニ…発生すると葉の裏側に白い斑点ができ、大量に繁殖した場合、蜘蛛の巣のような状態になる。
予防、対策は水に弱いので、葉水するか、直接葉を水で洗って落す。

カイガラムシ…発生時は葉や茎に白い粒状のものや茶色の殻のようなものがつく。
殺虫剤が効きにくいので、ピンセットなどで取り除いたり、歯ブラシでこすり落としたりして駆除する。

アブラムシ…繁殖力が強く、植物を枯らしてしまうので素早く対応する必要がある。
葉や茎をチェックして、発見したらすぐに殺虫剤で駆除する。

観葉植物から野菜までオールマイティに活躍!

ベニカグリーンVスプレー 1000mL

ベニカグリーンVスプレー 1000mL

新配合のフェンプロパトリンが病害虫を素早く防除。
人体への毒性が少ないとされる殺虫・殺菌剤です。
自分で殺虫剤を扱うのは苦手だという方も安心して使えます。

枯れてしまったら?

枯れてしまう原因をあらかじめ知っておくことで、大切なテーブルヤシを守ることができます。

枯れる原因はさまざまありますが、もっとも多いのは「温度が低すぎる」「直射日光が当る」
「害虫による」などがあげられます。
また、水のやり過ぎもガーデニング初心者が失敗しやすいケース。

テーブルヤシは高温多湿に弱いので、鉢の中が常に湿った状態だと根腐れを起こしてしまいます。
必ず、土が乾いてから水やりしてくださいね。

もしも枯れてしまった時は枯れた葉をはさみなどでカットして剪定しましょう。
内側から新しい芽が出てくるので、あくまでも枯れた部分のみ剪定します。

テーブルヤシの増やし方

テーブルヤシは株分けで増やすことが可能です。株分けとは根元ごとハサミやナイフで切り分けて、
別々の鉢に植えることで、植物を増やすのに一般的な方法となります。

テーブルヤシを鉢から引き抜き、土を落してから茎を数本まとめて、根元から切り分けます。
後は植え替え、植え付けと同じ要領で鉢に植えて、最後にたっぷり水やりしましょう。

株分けは植え替えと同時に行うこともできるので、鉢のサイズを変えたくない、
テーブルヤシをこれ以上大きくしたくないという場合にもおすすめですよ。

観葉植物をおしゃれに惹きたてるヴィンテージ風ポット

プラクト プランター ポット Mサイズ

プラクト プランター ポット Mサイズ

表面にヴィンテージ加工を施し、ニュアンスのあるデザインがおしゃれなポット。
シンプルなので、どんな植物にも合います。たくさん並べて飾っても素敵ですね。

テーブルヤシの花言葉

gettyimages (25051)

テーブルヤシの花言葉は「あなたを見守る」。
テーブルの上など、すぐそばに置いて鑑賞できることからこの名がついたと言われています。

テーブルヤシはインテリアアイテムとしてもおすすめ

gettyimages (25054)

ハイドロカルチャーやハイドロボールは人工培土を使う水耕栽培。
卓上サイズのテーブルヤシはハイドロカルチャーととても相性がよく、
手軽に栽培を楽しみたいという方におすすめです。

豊富なデザインと容器があるので、おしゃれなインテリアとして育ててみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コーヒーの木(コーヒーノキ)の育て方は?日々のお手入れから病害虫の対策まで

コーヒーの木(コーヒーノキ)の育て方は?日々のお手入れから病害虫の対策まで

コーヒーの木は耐陰性で丈夫なため、室内でも育てることが可能です。ただし、直射日光を浴びると葉焼けしてしまうので、日光のあたる場所は避け、時々葉水を行う必要もあります。今回はコーヒーの木に必要な土や培養土、肥料の選び方から適度な温度調整まで育て方をまとめました。
1,927 view
パセリの育て方はむずかしい?初心者でも失敗しない栽培のコツをご紹介!

パセリの育て方はむずかしい?初心者でも失敗しない栽培のコツをご紹介!

香りや苦みがある葉が料理に使われるパセリ。真っすぐ下に向かって根を張るので、プランター栽培、水耕栽培に向いています。水やりなどに気を付ければ、簡単に種や苗から育てて収穫することが可能です。今回はパセリの栽培に適した土、肥料、プランターの選び方などを紹介します。
59,146 view
ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

ハボタン(葉牡丹)の育て方は?アブラナ科の植物であるハボタンは品種も豊富!

葉牡丹はアブラナ科の植物です。品種も様々で、花かキャベツのように見える葉が特徴的です。葉牡丹は、丸葉系など、葉の形も様々。今回は増やし方など葉牡丹の栽培方法をご紹介します。日当たりや鉢を置くのに適した場所、そして新芽の処理、肥料や土にも触れていきます。
1,848 view
観葉植物ユーカリの育て方とは?栽培のポイントや枯れてしまう原因を詳しくご紹介

観葉植物ユーカリの育て方とは?栽培のポイントや枯れてしまう原因を詳しくご紹介

鉢植えの観葉植物やドライフラワーとしても人気のユーカリ。レモンの香りがするレモンユーカリや丸葉のユーカリグニーなど500品種ほどあります。乾燥気味を好むので水やりや肥料も少なく、病気にも強く成長も早いので初心者にも育てやすくおすすめですよ。
21,800 view
サンスベリア(トラノオ)の育て方をご紹介!水耕栽培(ハイドロカルチャー)でも育てられるの?

サンスベリア(トラノオ)の育て方をご紹介!水耕栽培(ハイドロカルチャー)でも育てられるの?

別名がトラノオというサンスベリア。品種が多く、乾燥に強い観葉植物です。初心者にも難易度が高くなく育てやすい反面、水の与え過ぎなどで根腐れしてしまうことも。そこで今回は葉水の仕方や置き場所などの基本的な管理から、株分けで増やす方法まで詳しくご紹介いたします。 
17,874 view

この記事のキーワード