2019年11月2日 更新

フリージアの育て方とは?花色も豊富で芳香があり、切り花としても親しまれているフリージアの栽培方法をご紹介

11月頃に球根を植えると3月頃には花を咲かせるフリージア。黄花や白花が一般的ですが、赤やピンク、オレンジ、紫などの花色も。やや丸みのある愛らしい香りのあるカラフルな小花は、花壇はもちろん寄せ植えにプラスしたり切り花にしたりして。さみしくなりがちな早春の庭を、ぱっと明るく華やかに彩る草花として活躍してくれます。

フリージアとは?

 (15193)

アヤメ科の多年草で、球根植物です。
南アフリカ原産で、明治時代に日本に渡来しましたが昭和30年代以降、
オランダからさまざまな園芸品種が紹介され広く栽培されるようになりました。
秋に球根を植え、翌春花を楽しみますが、耐寒性はさほど強くなく、
氷点下になったり霜にあったりすると葉が変色してしまうので、
寒冷地では鉢植えで管理するのが安心です。

フリージアの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期: 10月~11月
開花期:3月~5月
※関東地方以西基準

置き場所

日あたりと風通しの良い環境を好みます。寒冷地では冬は軒下や室内で管理。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりしますが、水をやり過ぎは禁物です。

栽培のポイント

地植えする場合は、植えつける前に腐葉土や堆肥などの有機質や赤玉土、バーミキュライト、
元肥の緩効性の化成肥料等を混ぜ込み、水はけが良く、保水性のある土にするとよいでしょう。

フリージアは連作を嫌うので、前年、アヤメ科の植物を植えた場所は避けましょう。
鉢植えの場合は市販の球根用培養土を利用するのが手軽です。

秋、球根を植えて育てますが、葉茎が長く伸びた状態で冬を迎えると、
葉が寒さで枯れてしまうので、11月初旬、霜が下りる前を見計らって植え付けするのがおすすめです。

フリージアの球根を植えつけするときは浅めに植えるのも大事なポイント。
球根上部が軽く土に隠れるぐらいに植え、葉が伸びてきたら株元に土を足してやります。

早春、暖かくなり始めると葉がのび次々と花を咲かせます。
花茎が長く伸び、ぐらつく場合は支柱を立ててやりましょう。

咲き終わった花は順に摘み取り、花が終わった茎は茎ごとカットします。
これを花茎切りと言い、翌年に元気な花を咲かせるために球根に栄養をために行います。
茎は切っても良いですが、葉は光合成をおこなうのに必要なので、一緒に切らない様に注意しましょう。

花が終わり6月頃、葉が黄変したら球根を掘り上げのタイミングです。
土をよく落としてネットなどに入れて陰干し、秋になったら植えつけます。

フリージアの増やし方で代表的なのは分球です。
親球の横についた子球で増やします。
きれいに消毒したカッターナイフで親球と小球を切り分けましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:菌核病

フリージア栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

球根栽培ならコレ! 手軽に使える専用培養土

プロトリーフ 球根の土 14リットル

プロトリーフ 球根の土 14リットル

球根が好む適度な保水性と排水性を兼ね備えた専用土。
初期生育に必要な栄養素入りで、球根栽培に手軽に利用できます。

リン酸成分配合で花つきよく育てる

花ごころ:球根の肥料 400g

花ごころ:球根の肥料 400g

アミノ酸やビタミン等を含む有機肥料を配合し、ゆっくり長く効く緩効性肥料。
リン酸成分が多く、花つきよく育てます。

そのまま使えるスプレータイプ。アブラムシの防除に!

ハイポネックス GSヒットゴール液剤AL 950ml

ハイポネックス GSヒットゴール液剤AL 950ml

アブラムシの防除が手軽にできるスプレー。
殺菌成分も含まれ、うどんこ病や白さび病、チャドクガなどの防除にも効果的。
いろいろな草花や樹木、観葉植物に使用でき、1本あると便利です。

さみしくなりがちな早春の庭を、ぱっと明るく華やかに彩ります!

 (15245)

カラフルで愛らしく香りのある花は、早春を彩る草花の代表選手。
春の訪れとともに次々と花を咲かせるフリージアは、明るく印象と甘酸っぱい香りから
「純潔」「無邪気」などの花言葉があります。
球根植物で、冬の寒さを上手に管理すれば手間いらず。
色とりどりのフリージアをいっぱいに咲かせてみるのも素敵ですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ユリの育て方とは?花の色や形、草丈など、さまざまな園芸品種が揃うユリの栽培方法をご紹介

ユリの育て方とは?花の色や形、草丈など、さまざまな園芸品種が揃うユリの栽培方法をご紹介

花が風にゆらゆらと揺れることがその名前の由来になったというユリ。美しい花を庭や鉢で育てたり、切り花で楽しんだりするのはもちろんですが、その根は食用にするなど、古くから日本人の生活に取り入れられ、愛されてきました。さまざまな品種があり、花の色や姿、性質などはそれぞれ違いますが、1株だけで華やかで優雅な雰囲気を演出してくれるのはユリならではの魅力。地植えにして、鉢植えにして存在感たっぷりのユリをお楽しみください。
293 view
リンゴ(林檎)の栽培方法は?リンゴ(林檎)栽培は苗木からがおすすめ!

リンゴ(林檎)の栽培方法は?リンゴ(林檎)栽培は苗木からがおすすめ!

世界中でさまざまな品種が栽培され、なじみの深いリンゴ。寒い地方で育つイメージがありますが品種によっては暖地でも栽培できます。4月に開花し、秋には収穫できる落葉果樹で、一般的な食用のものと、ガーデニングで利用する鑑賞用の姫リンゴ、クラブアップルなどがあります。観賞用のものは食用リンゴのように甘くはなりませんが、砂糖などを加えてジャムなどに利用できます。食用リンゴ を家庭で栽培する場合、矮性台木に接ぎ木された苗を使用するとコンパクトに育ちます。なかでも病害に強く育てやすい「ぐんま名月」「つがる」などの品種を選ぶと家庭でもかわいらしい赤い実が楽しめます。
6,478 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
17,883 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
3,847 view
プルーンの育て方は?ポイントを押さえれば簡単!?鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンの育て方は?ポイントを押さえれば簡単!?鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンというとドライフルーツが一般的でしたが、最近は生食するプルーンも人気。鉄分や食物繊維が豊富で、便秘や貧血に効果のある健康果実として注目されています。ヨーロッパ原産のスモモをプルーンと呼び、そのまま食べるのはもちろん、凍らせてシャーベットのように楽しんだり、ジャムやソースにしたりして利用できます。スモモ同様、1本で結実し、収穫できる自家結実性があるかどうか、確認して栽培する品種を選びましょう。
6,641 view

この記事のキーワード