2018年11月21日 更新

キンカンの木の育て方は?苗木からがおすすめ!庭木としても鉢植えでも出来るキンカンの育て方をご紹介

柑橘類のなかでは珍しく果実を皮ごと食べることができるため、栄養価が高く、丈夫で育てやすい果樹「キンカン」。花も葉も果実も柑橘特有の甘くさわやかな香りを放ち、果実はほろ苦く甘酸っぱい風味を楽しめます。1本あると、鮮やかなグリーンの葉っぱ、愛らしい白花、オレンジ色の果実で庭が華やかになりますよ。

24 view

キンカンとは?

 (16036)

キンカンは、中国原産のミカン科キンカン属の植物。キンカンは寒さに強く栽培が簡単なので初心者におすすめしたい庭木です。キンカンにはいろいろな種類がありますが、生でおいしく食べることができて、果実が大きい品種は「ネイハキンカン」。この品種は、果実にビタミンAとビタミンCを多く含み、生食もでき、調理にも向いているので特におススメです。

地植えのキンカンは、ほかの柑橘に比べて開花も熟期も遅いですが、熟すのを待ち、3月~5月頃に収穫したものを食べるととてもおいしいですよ。また、キンカンは樹形が小ぶりなので、場所をとらず育てることができます。庭のシンボルツリーにしてもかわいいですよ。

キンカンの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

収穫期:2月~5月中旬
開花期:7月~8月
植えつけ期:3月下旬~4月中旬
剪定:3月~5月

置き場所

キンカンは鉢植え、地植えともに日のよく当たる場所で育てます。

水やり

鉢植えの場合、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えましょう。地植えの場合、特に水やりの必要はありません。

栽培のポイント

キンカンは受粉する必要がないため、1本でも果実がなります。苗木の植えつけ適期は、春(3月下旬~4月中旬)。水もちと水はけのよい土壌に苗木を植えましょう。植えつけ後、夏に白い小花が咲きますが、大きくおいしい果実をつけるには花を間引くのがコツ。枝1本につき1~2個の果実がつくようにすると、冬から春にかけて大粒のおいしい果実を収穫できますよ。収穫後、果実がなっている3月~5月に軽く剪定を行いましょう。キンカンは生長が遅いので、混みあった枝を軽く切るくらいの方が果実がよくなります。

鉢植えは2月、5月、10月に、庭植えは2月と10月に、リン酸を多く含んだ化成肥料を施してあげると、さらに実つきがよくなりますよ。鉢植えは根詰まりを防ぐために、2年に1度は植え替えましょう。

主な病害虫

害虫:カイガラムシ
病気:特になし

キンカン栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期の生育に必要な有機質肥料をブレンドした専用培養土

プロトリーフ 果樹・花木の土

プロトリーフ 果樹・花木の土

保水性、排水性、通気性の良い熟成した有機肥料入りの専用培養土は、しっかりとした幹と枝を生育させ、花を咲かせてくれます。

花つき・実つきをアップさせる肥料

花ごころ 花・実をつける肥料

花ごころ 花・実をつける肥料

花つき、実つきを良くする天然成分を豊富に含んでいます。醗酵した有機質なので植物にやさしく長く効果が持続します。

カイガラムシを見つけたら

住友化学園芸 ベニカ水溶剤

住友化学園芸 ベニカ水溶剤

野菜と果樹の害虫退治に。害虫の発生を長く予防します。春から冬まで幅広く使えます。

キンカンは冬の健康を維持する保存食にピッタリ!

 (16067)

キンカンがたくさん実ってあまったら、ジャム、甘露煮、フルーツソースを作ってみてはいかが? 昔から喉の痛みや咳止め、風邪の予防に効果があると言われています。キンカンは、冬の健康を維持する保存食にピッタリ! 皮の部分にビタミンCやヘスぺリジンといった栄養が凝縮しているので、丸ごと調理するのがポイント。タネは苦みが残るので、取り除いてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

子どもから大人まで誰もが大好きな「イチゴ」。見てかわいく食べておいしいと、人気急上昇中の野菜です。真っ赤に熟した頃を見計らいながら収穫でき、最もおいしい果実を味わえるのが家庭菜園の醍醐味。最近は年に一度、春に収穫する一季なりイチゴだけでなく、収穫期間が春~秋と長く、たくさん収穫できる四季なりイチゴも増え、より楽しみが広がりました。
38 view
庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
43 view
そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

空に向かってマメのサヤがまっすぐ上に育つことからソラマメと呼ばれ、家庭でも育てやすい野菜のひとつです。通常サイズのものに加え。大きな粒が収穫できる品種もあります。タンパク質やビタミン類、ミネラルなどが豊富に含まれ、ゆでるのはもちろんかきあげなどにして楽しみたい初夏の味覚のひとつです。秋にタネまきすると、翌年の6月頃収穫でき、タネから育てても比較的失敗が少なく生育し、初心者向けの野菜のひとつです。
66 view
ルッコラの栽培方法は?種まき、収穫時期、間引きなど、プランターで出来るルッコラの育て方をご紹介

ルッコラの栽培方法は?種まき、収穫時期、間引きなど、プランターで出来るルッコラの育て方をご紹介

イタリア料理に欠かせないルッコラ。チーズやオリーブオイルとの相性が抜群で、ピザやサラダに大活躍する人気野菜です。英名ではロケットと呼ばれています。独特の香りがあるのでハーブとして扱われることも。ビタミンCやE、カルシウムも豊富で胃の調子を整えてくれる効果もあるとか。5~7月気温が上がってくると、淡い黄色がかった4枚の花びらが十字に開き開花します。ほのかにゴマのような香りがする花も食用になります。
24 view
ラディッシュの育て方は?プランターで種から栽培に挑戦!間引きや収穫のポイントも!

ラディッシュの育て方は?プランターで種から栽培に挑戦!間引きや収穫のポイントも!

タネをまいた後、30日ほどで収穫できるラディッシュ。ハツカダイコンとも呼ばれ、家庭でも手軽に栽培できる野菜のひとつです。真夏と冬を除いていつでもタネまきでき、菜園にスペースができたら、タネまきしておくと便利に利用できます。サラダの彩りや漬物などにも利用でき、いつも栽培しておきたい彩り野菜です。ダイコンの葉同様、ラディッシュの葉も野菜として利用できます。自宅で栽培してさまざまな料理にして味わいたいものですね。
31 view

この記事のキーワード