2018年12月18日 更新

オリーブの剪定とは?樹形を整えるだけじゃない!病害虫から守り、木を育てるための剪定方法とは?

「オリーブの木が大きくなってきたけど、どう剪定すれば良いか分からない」「オリーブが枯れてきたので剪定したい」そんな悩みをお持ちの方、必見です。オリーブの剪定方法や剪定時期などについて、詳しく解説します。剪定をマスターすれば、ガーデニング初心者でも安心です。

240 view

オリーブの剪定とは?

gettyimages (17314)

剪定とは、余分な枝や葉を切り除いて、樹木の形を整えることを言います。
オリーブの木は、放っておくとどんどん成長してしまうので、定期的に剪定をする必要があります。

剪定することによって「風通しを良くする」ことができ、「病害虫」が増えるのを予防することもできます。

剪定は、形を整えて見た目を美しくするだけではなく、オリーブの木が病気になったり枯れたりしないために必要なメンテナンス作業なのです。

オリーブの剪定はいつ?

gettyimages (17289)

では、オリーブの木を剪定するのに適した時期は、いつ頃でしょうか。

オリーブの剪定は、年に2度行うのが一般的。まずは、新芽が出始める3~4月に剪定するのがおすすめです。本格的に成長が始まる前に、余計な枝を切り捨てて形を整え、オリーブの木の生育を促すために行います。

次に、5~10月頃の成長期に、枝の切り戻しの剪定を行います。こちらは、伸びすぎてしまった枝を切り揃えて美しい形を保つために行います。

また、剪定してはいけない、注意しなければいけない時期があります。
それは1~2月の休眠期です。この時期はオリーブの木の体力が弱っているので、強剪定をしてしまうと枯れてしまう場合があります。
剪定は、暖かくなって新芽が出始めるまで待ち、冬の間は、オリーブをゆっくり休ませてあげてくださいね。

オリーブはどこを剪定する?

gettyimages (17291)

では、どこを切り捨てればよいのか、剪定箇所を確認していきましょう。

まずは、樹木の「根元」に生える「ひこばえ」という枝です。ひこばえは、残しておいても見栄えも良くないですし、木の栄養が流れてしまうので全て剪定してしまいます。

次に剪定するのは、「絡み枝」です。
枝どうしが絡み合ってしまっていると、木全体の風通しが悪くなり、害虫がつきやすく病気の原因となります。全体のバランスを見ながら、どちらかの枝を残して片方を切り捨てるようにして、枝を間引いていきます。

また、地面に向かって生えてしまっている「逆さ枝」や、幹の方に向かっている枝なども剪定します。変な方向に伸びてしまっている枝はそのままにしておくと樹木の形が悪くなってしまうので、切り落としてしまいましょう。

余分な枝を剪定することで、成長してほしい枝に十分な栄養が届き、オリーブの木が見栄えよく元気に成長してくれるようになります。

枯れた!?失敗しない剪定のコツと おすすめの剪定バサミ

gettyimages (17297)

オリーブを枯らさないためには、剪定時期を守り、必要な剪定を定期的に行うことが大切です。
剪定を避けたほうが良い1~2月に強剪定してしまうと、木のダメージが大きく枯れてしまう場合もあります。

大切なオリーブを枯らさないためには、「適した時期に剪定を行う」ことが先決ですが、「癒合剤」を使うのも効果的です。

癒合剤は、剪定後の枝に塗って使います。
剪定によって傷ついた枝に、細菌などが入らないようにカバーしてくれるため、木や枝が弱ったり枯れたりするのを予防できます。
癒合剤を塗った枝の切り口は回復も早いので、弱った木の症状改善も期待できます。

剪定後の切り口に塗るだけ簡単!樹木用・癒合剤「トップジンM」

トップジンMペースト

トップジンMペースト

果樹や樹木の切り口・傷口から病原菌が侵入することを防ぐ、塗るタイプの殺菌剤です。弱ってしまった樹木に使用したり、樹木が枯れたりすることを予防する目的で使用できます。

鉢植えと地植えで剪定方法は違うの?

gettyimages (17310)

オリーブの木の剪定は、大きくなりすぎてしまったり、枝が伸びすぎて絡み合ったりしている場合に行うものです。

まだ小さなオリーブの木や、鉢植えの小さい木には剪定の必要はありません。
小さな木は枝葉の成長が旺盛ではないので、剪定してしまうと弱ってしまうこともあるので無理に剪定することは避けましょう。
どうしても形が気になる場合は、強剪定は行わず、伸びすぎた枝を切り戻す程度の剪定にしておくことをおすすめします。

小さな鉢植えを剪定するタイミングは、大きな鉢に「植え替える時期」です。
大きさの目安は、9号鉢サイズ。植え替えに合わせて形を整える程度の枝剪定を行います。

逆に、地植えのオリーブの木は成長が旺盛なため、こまめに剪定する必要があります。成長期はとくにどんどん枝が伸びてくるので、気になる箇所をこまめに枝剪定することで樹木の形を保つことができます。とくに、「虫がつきやすくなった」と感じたら、剪定が必要な合図です。ばっさり余分な枝を切り捨てて十分に風通しを良くしてあげてください。

ただし、剪定のやりすぎにはご用心!あまりにも強剪定してしますと、木に大きなダメージを与えて枯れてしまうこともあるために、木全体の30~50%を目安に剪定しましょう。

樹形を整えてお手入れをしよう

gettyimages (17308)

オリーブを希望の樹形に整えていくには、完成形をイメージしながら、じっくり剪定していきます。また、オリーブの品種を確認して、本来の「樹形」を確認しながら剪定を行うのも大切です。

例えば、代表的なオリーブの品種ルッカは、開帳型で成長が早い品種です。シンプルに、縦長の楕円形に整えてシンボルツリーとして楽しむことができます。また、あまり高さを出したくない場合には、枝を横に広げるように剪定して楕円形にしていくこともできます。

さらに、室内の観賞用として鉢植えで育てる場合には、丸く剪定してボウル型にするのも可愛くておすすめです。ボウル型に剪定したい場合は、萌芽力が強くて枝葉の数が多いネバディロブランコなどの品種が適しています。
あなたの育てるオリーブは、どの品種でしょう。また、どんな完成形にしたいですか。
上手な剪定で、理想のイメージ通りの元気なオリーブの木を育ててくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

庭の植物・花に効果のある活力剤(植物活性剤)を使おう!おすすめの活力剤ランキングをご紹介

庭の植物・花に効果のある活力剤(植物活性剤)を使おう!おすすめの活力剤ランキングをご紹介

手塩にかけて育てている花や野菜、果実も、季節の移り目や気候の変化に伴って、少し元気がないように感じることはありませんか?そんなときはサプリのように植物の元気復活を助けてくれる活力剤を上手に利用してみましょう。今回は売れ筋活力剤をランキング形式でご紹介します!
183 view
縁起のいい花・木や花言葉をご紹介!お正月・結婚・受験・お祝いに最適な花や、お見舞いに避けたい花とは?

縁起のいい花・木や花言葉をご紹介!お正月・結婚・受験・お祝いに最適な花や、お見舞いに避けたい花とは?

お祝いごとや大切な人への贈り物には、願いを込めて「縁起のいい」花や木を贈りたいものです。お正月や結婚式、還暦祝い、新築祝いなど贈り物をするシーンに合わせて、それぞれの場面にぴったりの縁起のいい植物をご紹介します。花木に想いを託し、心よりのお祝いを届けましょう。
859 view
肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

美味しい野菜を育てるときや、美しい庭作りをする場合には肥料が欠かせません。しかし、どんな肥料を使えばいいか迷う方もいるでしょう。そこで今回は、さまざまなレビューをもとに「よく使われている肥料」をGarché編集部がランキングしました。初心者でも簡単に使えます。
520 view
液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

液体肥料(液肥)は使い方簡単!野菜、水耕栽培、観葉植物におすすめの液体肥料(液肥)人気ランキング

植物へ肥料を与える場合は、与え過ぎても不足してもいけません。しかし、固形肥料はどれだけの量が溶けだしているか分かりづらい場合もあります。液体肥料なら与える量が調節できるので、初心者ガーデナーでも安心して使用できます。今回は売れ筋の液体肥料をご紹介します!
456 view
液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、おすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
956 view

この記事のキーワード