2018年10月26日 更新

ワイルドストロベリーの育て方は?肥料や用土・水やりなど、室内で鉢植えでもできるワイルドストロベリーの栽培方法

ショートケーキに乗っているのはおおむねオランダイチゴと呼ばれる一般的な食用品種ですが、それよりも実が小さく育てやすいのがこのワイルドストロベリーです。小粒ながら、イチゴの甘い香りがふわりと漂いますよ。茎はグングン伸びて大きな葉を広げるので、グラウンドカバープランツとして使っても素敵です。

312 view

ランナーが特長!ワイルドストロベリーとは?

 (8108)

ワイルドストロベリーは野イチゴの一種で、世界各地に広く分布する原産地から明治時代に日本に入ってきたと言われています。北海道で野生化したことから、エゾヘビイチゴ(エゾノヘビイチゴ)とも呼ばれます。

名前にヘビとついているのは茎(ランナー)が地表の近くでウネウネと広がっていく姿から名付けられたとか。

実がつく前の白い小花も愛らしく、観賞用としても楽しめます。赤だけでなく白、淡黄色の実もありますよ。
葉はハーブティーとしても使えます。花を愛でて、実を食べて、葉で飲むことができるワイルドストロベリー。3段階で楽しめるなんて素敵ですね。

ワイルドストロベリーの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え期:3月~6月 9月~11月
開花期:4月~6月
結実期:5月~7月
※関東地方以西基準

置き場所

日当たりと水はけの良い場所を好みます。日陰や湿地では育たないので気をつけましょう。

水やり

湿地は嫌いますが、根が浅いので予想以上に水分が必要です。水はけが良く水が切れしないように注意して。土が乾き始めたら水やりを行いましょう。

栽培のポイント

ワイルドストロベリーは、暑さと寒さに強く育てやすいのが特長です。
植えつけの適期は5月~8月。暑い時期にランナーが伸びるので、大きく育てるチャンスです。

鉢植えの植えつけは、根鉢を崩さず、そのまま植えつけましょう。小さい芽の出ている部分には土がかからないように、必ず頭を土から出しておくのがポイントですよ。

日当たりと水はけさえ良ければ、あまり場所も選ばず、石組みの間やコンクリートのわずかなすき間でも旺盛に伸びていく性質を持っています。ただし、日陰や湿地では生育が悪く、実もつきません。

やせ地でもよく育ちますが、鉢植えは、3月以降、月1回を目安に置き肥をするか、月3回くらい液体肥料を施します。ランナーの根が浅いので、水切れさせないように気をつけましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ハダニ
病気:灰色カビ病、ウドンコ病

ワイルドストロベリーを育てるための用土、肥料、薬剤とは

有機由来の元肥入りでそのまま使える

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土...

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土 14L

天然素材中心の原料をベースに、排水性、通気性、保肥性にも優れた元肥入りの培養土です。 プランターや鉢植え植物にも最適で、生育に適したpH調整済です。

リン酸成分多めで花つきよく大きく育てる

ハイポネックス 原液 800ml

ハイポネックス 原液 800ml

植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合し、植物の花色・葉色を良くします。肥料が切れると花つきも悪くなるので、生育期間中は定期的に施しましょう。

食品成分でできた殺虫殺菌剤なら安心。殺ダニ効果も

アースガーデン 野菜と花の虫と病気退治  (1000mL)

アースガーデン 野菜と花の虫と病気退治 (1000mL)

還元水あめから作ったスプレータイプ。アブラムシやうどんこ病に効果的でボトルを逆さにしても使用できます。使用回数の制限もなく収穫前日まで使用できます。花や観葉植物にも使用できます。

地植えでも鉢植えでもできるワイルドストロベリー

 (8138)

観賞用にも食用にもハーブとしての薬用にもワイルドストロベリーは、意外と簡単に育ちます。殖やしたい場合は5月~10月にランナーの茎を5~10cmほど切り取り、植えつけ用土に挿すだけで殖やせます。

また、切り取った茎を水につけておくだけでも根が出るので、発根したら土に植えてもいいですね。たくさん実ったらジャムにして、近所の人におすそ分けしたくなりそうです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

ソーセージの語源は、ソーがソルト、セージがハーブのセージと言われていることをご存知ですか? セージは清涼感のある独特のさわやかな香りで肉や魚の臭みを抑え、抗菌作用も強いハーブとして、古くから肉を腸詰に加工する際に用いられてきました。
99 view
パクチー(コリアンダー)の栽培方法!種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土などパクチーの育て方

パクチー(コリアンダー)の栽培方法!種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土などパクチーの育て方

香草、コエントロ、パクチー、シャンツァイ、コリアンダー。どれも同じものなのに国によってこんなに名前が違うのは、それほどたくさんの民族に愛されているハーブだからですね。東南アジアの料理に欠かせないイメージが強いですが、原産地のヨーロッパでも古くから珍重され、今や料理だけでなくスイーツにも利用されている人気急上昇中のハーブです。
83 view
バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

バジルの育て方は?種まき・収穫時期や肥料・用土などプランターや鉢植えでできるバジルの栽培方法をご紹介

トマトやチーズ、オリーブオイルとの相性がよく、イタリア料理に欠かせないハーブのひとつ。甘くフレッシュな葉の香りを生かしたパスタやピザ、ソースなどでおなじみですね。カロテンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいるので自宅で育て、たっぷり味わいたいもの。アブラムシにさえ注意すれば、あっという間に葉が茂り、簡単に育てることができます。初めて食用のハーブを育てるならバジルが一番おススメですよ。
296 view
ローズマリーの育て方は?挿し木は必要?剪定時期や肥料・用土、水やりなどローズマリーを苗から栽培する方法

ローズマリーの育て方は?挿し木は必要?剪定時期や肥料・用土、水やりなどローズマリーを苗から栽培する方法

森林を思わせるスッキリした香りが漂うローズマリー。古代ローマ、ギリシャ時代から老化防止の薬として用いられ、今でも料理や美容、芳香剤、薬用として幅広く親しまれているハーブです。常緑なので冬でも緑の葉が茂り、庭に彩りを与えてくれる植物でもありますね。生育旺盛で丈夫なので、何度も収穫して楽しめます。庭に1株あると便利ですよ。
125 view
モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

深い切れ込みや穴のある独特の葉形が印象的なモンステラ。ハワイでは葉の切れ込みから「希望の光を導く」といわれているとか。これがあるだけでインテリアがぐっとモダンな雰囲気になります。丈夫で初心者にも育てやすい点も魅力的。大型品種はインパクトがあるのでリビングのアクセントにぴったり。また、中型、小型の品種を玄関にウエルカムプランツとして置くのも素敵ですよ。
226 view

この記事のキーワード