2020年8月25日 更新

そら豆の栽培方法は?初心者は種まきの時期に注意!プランターでも栽培できる育て方をご紹介

家庭菜園で人気のソラマメ栽培。株分けや肥料に気をつければ、種まきから収穫まで露地栽培可能な野菜です。また育苗ポットと化成肥料をつかい、プランターで育てれば手軽に栽培することができます。今回は土づくりからプランター栽培まで、初心者でも簡単な育て方をご紹介します。

ソラマメの特徴

gettyimages (28550)

ソラマメは空に向かってまっすぐ上に育つことから、その名前が付きました。
比較的育てやすく、ポットやプランター栽培にも向いているため、家庭菜園でよく栽培されている野菜のひとつです。

ソラマメの基本情報

学名Vicia faba
和名/蚕豆(そらまめ)、天豆(てんまめ)
英名broad bean
原産地/地中海、西南アジア
分類/マメ科ソラマメ属
生育適温/15~20℃前後

ビールのおつまみなどでおなじみのソラマメは、マメ科ソラマメ属に分類される中央アジア、地中海沿岸が主な原産地の野菜です。
実が充実してくるとさやがふくらみ、重みで下を向きだします。

日本では完熟前の実を食べますが、外国は主に完熟した実を乾燥させ、煮豆などで食べることがほとんどです。
ソラマメにはさまざまな品種がありますが、現在スーパーで手に入るのは「一寸ソラマメ」と呼ばれる大粒種。

鮮やかな緑色が特徴で、料理の彩りとして盛り付けによく使われます。
また、最近は海外から細長いさやを持つ長莢種も入ってきており、日本各地で栽培されるようになりました。

大粒種、長莢種どちらも丈夫で育成が早いため、プランター栽培しやすい点でも人気です。

ソラマメの栽培スケジュール

gettyimages (28551)

ソラマメの栽培スケジュールについて紹介します。

ソラマメの種まきは10月~11月ごろが適期です。
ただし、関東から北の寒冷地は、2~3月に種まきをおこないます。
露地栽培が基本ですが、初心者は育苗ポットやプランター栽培で、苗から育てた方が失敗も少なくおすすめです。

種まき期:10月~11月
間引き:12月中旬
追肥:3月中旬~4月中旬
整枝・土寄せ:3月中旬
収穫:5月~6月

寒冷地の種まき
種まき:2月~3月
間引き:3月中旬~4月中旬
追肥:4月下旬~5月上旬
中耕・土寄せ:5月
収穫:6月~7月上旬

苗から育てる場合、植え付け時期は中間地11月、寒冷地は3月中旬~4月中旬に行いましょう。

ソラマメに適した環境

gettyimages (28552)

ソラマメ栽培を始める前に、育成に最適な環境を知っておきましょう。

置き場所

ソラマメは日光を好みます。
プランターで栽培するなら、日当たりも風通しも良い場所に置くのがポイント。
反対に冬は軒下などに移動させ、冷風に当てないよう注意しましょう。

適温

ソラマメは温暖な気候を好む性質があり、15℃~20℃前後が生育に適しています。
寒さに弱く、枯れてしまうこともあるため、寒冷地では特に注意が必要です。

ソラマメの栽培方法

gettyimages (28553)

ソラマメの特徴や適した栽培環境について学んだら、実際に自分で育ててみましょう。
ここからは種まき・苗植えに適した土づくりから育て方のポイント、収穫など、ソラマメ栽培に必要な方法を詳しくご紹介していきます。

土づくり・肥料

ソラマメの栽培はまず土づくりから準備します。
苗を植え付ける前、苦土石灰等を混ぜ込み酸度調整することが大切です。
種まきの場合、18℃前後で発芽するため、市販の野菜用培養土を育苗ポットやプランターに入れて植え付けるとよいでしょう。

畑に地植えする場合は、堆肥や元肥を入れる約2週間前に苦土石灰を混ぜて寝かせておきます。
1点注意したいのが、ソラマメを含め、マメ科の植物は連作を嫌うこと。
過去にマメ科の植物を植えた場所で再び栽培すると、生育不良や病気の原因となるかもしれません。

連続して同じところで栽培しないためにも、植える場所には十分注意しましょう。

粒状なので手が汚れにくく使いやすい培養土

アイリスオーヤマ 培養土 ゴールデン粒状培養土 野菜用...

アイリスオーヤマ 培養土 ゴールデン粒状培養土 野菜用 14L

バーミキュライトと緩効性肥料によって野菜の育成を助け、実付きをよくする培養土です。
粒状態になっており、通気性や排水性に優れているのも大きな特徴。
プランター栽培や育苗ポットも手を汚さずに行えます。

水やり

植え付けた直後は水をたっぷりと与えます。
ソラマメは多湿を嫌うので、その後は乾燥気味に育てましょう。
発芽してからは多湿にならないよう、土が乾いてから水やりするのがポイント。

水はけの悪い畑は水の与え過ぎには要注意です。

ソラマメの育て方

gettyimages (28554)

種まき

ソラマメの種まきはマメの黒い部分を下にして2粒ずつ、頭が出る程度に埋めます。
地植えする場合は根が腐りやすくなるため、生育しても株同士密集しないよう、15~30cm間隔で埋めましょう。
種をまき終わったら水をたっぷりと与えて、日当たりの良い場所で管理してください。

およそ1週間~10日ほどで発芽します。

植え付け

発芽後、本葉が2~3枚になった育苗を植え付けます。
背丈が高いものよりも草丈の低い苗を選びましょう。
あまり生育がよすぎると、寒い時期に凍害を受けやすくなるので注意してください。
大きく生長するため、株と株の感覚を15~30cm開けるのがポイント。

ソラマメは寒さに弱く、生育が鈍ってしまうことから、冬は敷きワラや不織布、寒冷紗などで土の表面をしっかりと覆って、防寒対策しましょう。

家庭菜園が手軽に楽しめる排水性に優れたプランター

アイリスオーヤマ ベジタブルプランター 680

アイリスオーヤマ ベジタブルプランター 680

スリムなシルエットながら、土が容量たっぷりに入る野菜作りに適したプランターです。
通気性と水はけを考量して設計されているため、マメ科の植物にもおすすめ。
支柱取り付け穴付きで、支柱も簡単に取り付けられます。

土寄せと追肥

暖かくなってきたら、整枝後に株元が隠れる程度に土をかぶせ、緩効性の化成肥料を追肥します。
肥料の量は1株につき、スプーン1杯程度で十分です。
ソラマメは生育すると1m近くまで大きくなることから、風などで倒れやすくなってしまいます。

肥料を追加するタイミングで株の四方に支柱を立てて、ソラマメの生育を助けてあげましょう。

整枝、摘芯、間引き

ソラマメの発芽後、本葉が出たら、間引きして1本立ちにします。

また、ソラマメはどんどん、上へ向かって枝を伸ばしていくことから、枝が多ければ多いほど、株の消耗が激しくなってしまいます。
そのため、脇から伸びている側枝を処理して、日当たりや風通しをよくしましょう。
6~7本残す程度で、細い枝や弱っている枝を切り落として整枝してください。

さらに生育して草丈が60~70㎝ぐらいに伸びたら、一番上にある枝を摘み取る摘芯をしましょう。
これで実に栄養が行き渡るようになります。

ソラマメの病害虫

gettyimages (28555)

ソラマメに付く病害虫で最も注意したいのがアブラムシ。
いろいろな病気を運んでくるのでしっかりと対策しましょう。
ほかにハダニ、ヨトウムシもソラマメの天敵です。

病気は主にうどんこ病、立枯病などがあります。
そのぞれの対策法をまとめたので参考にしてください。

・アブラムシ…見つけたらすぐに薬剤を散布する。
農薬を使わない場合はアブラムシが付いている葉ごと取り除く。
草丈が伸びると駆除しづらくなるので、早めに対策すること。

・ハダニ…少数で固まって発生しているならテープに張り付けるか、勢いよく水をかければ駆除できる。
数が多い場合は薬剤を散布。

・ヨトウムシ…成虫は薬剤が効きにくいため、葉の裏をこまめにチェックして卵は葉ごと除去、幼虫は薬剤で駆除する。

・うどんこ病…葉や茎にカビ菌が付いて白っぽくなるのが特徴。
放っておくと枯れてしまうので、発生した部分を園芸ばさみなどで除去する。

・立枯病…糸状菌によって発生する病気で根や茎が腐り、最終的には株全体が枯れてしまう。
発生部分は早めに除去し、枯れ落ちた葉もなるべく残さないようにする。

ソラマメの収穫

gettyimages (28556)

ソラマメの花が咲いてから35~40日、いよいよ収穫の時期を迎えます。

・上を向いていたサヤが下に下がってくる
・サヤの背筋が黒くなって光沢が出てくる

この2つが収穫の目安です。
収穫が遅れると豆が固くなって鮮度が落ちてしまうので、タイミングは逃さないようにしましょう。

ソラマメ栽培で家庭菜園をもっと楽しく

gettyimages (28557)

ソラマメは初めて家庭菜園を行う人でも、簡単に栽培できる野菜です。
収穫期間が短いので、そこさえ気を付ければ、自分で育てた美味しいソラマメを堪能することができます。
今回ご紹介した育て方を参考にして、ソラマメ栽培をぜひ楽しんでみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

気温が暖かくなる春から夏にかけて、家庭菜園を楽しむ方も多いのではないでしょうか。トマトやキュウリなどの夏野菜は難易度がそう高くなく、プランターでも栽培しやすいのが特徴的。そこで今回はおすすめの夏野菜や土作りなど、初心者でも上手に育てる方法をまとめました。
130,569 view
ゴーヤの育て方は?収穫時期や水やりなどプランターで育てられるゴーヤの栽培方法

ゴーヤの育て方は?収穫時期や水やりなどプランターで育てられるゴーヤの栽培方法

家庭菜園で簡単に栽培できる野菜として人気のゴーヤ。最近は自宅のベランダなどで、支柱とネットにつるを這わせてグリーンカーテンとして楽しんでいる家庭も増えました。今回、プランターや土、肥料の選び方、苗の植付け時期や水やり、収穫などゴーヤの育て方を紹介します。
36,619 view
人参(ニンジン)の栽培方法は?種まきの時期に注意!プランターでも栽培できる人参の育て方をご紹介!

人参(ニンジン)の栽培方法は?種まきの時期に注意!プランターでも栽培できる人参の育て方をご紹介!

根が主食の人参は、緑黄色野菜。近年はミニニンジンの種など、プランターでも栽培しやすい品種が家庭菜園に人気です。タネまきは春まきと夏まきがあり、間引きを行います。また、発芽させるには土づくりが大きなポイント。人参のタネまきから収穫、害虫について紹介します。
1,378 view
ミョウガ(茗荷)の栽培方法とは?初心者におすすめ!プランターでの栽培方法をご紹介

ミョウガ(茗荷)の栽培方法とは?初心者におすすめ!プランターでの栽培方法をご紹介

ミョウガ(茗荷)は家庭菜園初心者でも簡単に栽培できることから、人気のある野菜です。気になる栽培場所も、プランターと野菜用培養土を用意すればベランダ菜園でも収穫が可能です。植え付けや肥料の選び方など、ミョウガ栽培初心者にも簡単な育て方をご紹介します。
4,610 view
秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋植え野菜10選!おすすめの秋植え野菜を家庭菜園で栽培してみませんか?

秋に植える野菜は病害虫が少ないため、初心者にもおすすめです。 また、プランター栽培できるので、室内やベランダでも家庭菜園が楽しめます。 そこで今回は秋植え野菜の特徴や育て方のポイントをまとめました。 たくさん収穫して、美味しくいただきましょう。
216,416 view

この記事のキーワード