2018年11月1日 更新

ヤグルマギク(矢車菊、コーンフラワー)の育て方は?種まきや肥料・用土などヤグルマギクの栽培方法

花の形が矢車に見えることからヤグルマギクと名づけられたとか。青やピンク、白などの小さな花弁を放射状に広げ、枝分かれして多くの花を咲かせます。耐寒性もあり秋に植えつけると冬越しして春に開花します。もともとは青い花でしたが改良されてピンクや白、紫などの花色も楽しめるようになりました。日当たりと水はけのよい場所に植えれば手間なく育つ初心者向けの草花です。草丈も30~100㎝とさまざま揃うので、花壇や寄せ植えにプラスしても素敵ですよ。近年登場した黒花の「ブラックボール」なども人気です。

36 view

ヤグルマギクとは?

 (14458)

キク科の一年草でヨーロッパ東南地域が原産といわれています。ムギやトウモロコシの畑で雑草のように生え広がることからコーンフラワーの別名がついたとか。環境さえあえばこぼれ種でもよく増えるほど旺盛に広がります。
また乾燥した花はハーブティーとして楽しむことも。口内炎や気管支炎などに効果があるといわれています。日本各地に自生するヤグルマソウ呼ばれる植物と混同されがちですが、ヤグルマソウは葉の形が矢車に似たまったく別の植物です。

ヤグルマギクの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:10月~11月
開花期: 3月~5月
※関東地方以西基準

置き場所

日あたりと水はけの良い場所を好みます。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。

栽培のポイント

春と秋に出回る苗を植え付ければ手軽に育てられます。丈夫な性質で、土質も特に選びませんが、植えつける前に腐葉土や堆肥など有機質を加え、排水性と保水性を高めてやりましょう。肥料が少ないところでも育ちますが、鉢植えの場合は月に一度を目安に液体肥料を与えるよいでしょう。

種は比較的大きく発芽しやすいので花壇などに直まきしてもOK。たくさん育てたいときにおススメです。環境さえ合えばこぼれ種で翌年、自然に芽吹き開花します。荒地などでも育つので、栄養分が多いと茎ばかりが伸び、倒れやすくなります。日当たりのよい場所で乾燥気味に、多肥にしないで育てることがポイントです。

主な病害虫

害虫:アブラムシ ヨトウムシ
病気: うどんこ病 立枯病

ヤグルマギク栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

鉢に植えつけるならこれがオススメ!

特選有機 花ごころ培養土 12L

特選有機 花ごころ培養土 12L

土壌改良と肥料の両方の効果を持つ有機資材。土に配合された海藻成分のミネラルとカルシウムの効果で根張りがよくなり、じっくり効き目が表れて骨太の植物が育ちます。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

液体肥料 住友化学園芸 花工場原液 1200ml

液体肥料 住友化学園芸 花工場原液 1200ml

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料で、水で薄めて使用します。

いろいろな病気の消毒・苗立枯病などに

住友化学園芸 殺菌剤 サンケイオーソサイド水和剤80 50g

住友化学園芸 殺菌剤 サンケイオーソサイド水和剤80 50g

かび類(糸状菌)によって起こる広範囲の病気に優れた効果を発揮する保護殺菌剤で、苗立枯病などの土壌病害にも効果があります。花や庭木、野菜類などの広範囲の病気にも優れた効果を発揮し、植物への薬害が少ない殺菌剤です。

花をハーブティーにしたり、サラダに加えたりして楽しめます

 (14503)

ハーブとして古くから利用されてきたヤグルマギク。花をティーにしたり、サラダに加えたりして楽しめます。花に含まれるアントシアニンは強い抗酸化作用があり、眼精疲労にも効果的。消化促進効果もあり食前食後のお茶としてもぴったりです。ヤグルマギクから作られたヤグルマギクエキスは化粧品などにも利用されています。自宅でも環境さえ合えば、こぼれダネで毎年開花するので、美しい花と薬効を身近に楽しみましょう。「信頼」「優雅」などの花言葉があります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
15 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
19 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
40 view
ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
31 view

この記事のキーワード