2018年11月28日 更新

キュートな花が愛されるデイジーの育て方・種類は?肥料や用土など、種からも苗からもできるデージーの栽培方法

雛菊の和名を持つデージー。晩秋から早春にかけて冬枯れの庭にも元気に花を咲かせ、春や夏の花たちにバトンタッチしてくれます。デージーは1年草でポット苗が主流。種類が多く、茎の先につける2~5㎝ほどの花の色もさまざまです。花壇の縁取りや寄せ植えの鉢にも最適。愛らしい姿ゆえ世界中で好まれて栽培されています。

88 view

さまざまな種類があるデージーとは?

 (7937)

デージーは、草丈15~40㎝の一年草。ヨーロッパ、地中海沿岸が原産地です。

「ポンポネット」はヒナギクの呼び名で親しまれている花径約3㎝のピンク色の花。
「イングリッシュデージー」は花径約2㎝の小輪で白い一重咲き種。
「チロリアンデージー」は花の色が濃いピンクから中心に向かって白くなる花径約5㎝の大輪種。

デージーはまとめてボリュームを出して植えた方が見映えがいいので、色合いや草丈を考えて庭や鉢を好みのデザインで仕上げてみてはいかが?

デージーの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期・植えつけ期:9月中旬~11月中旬
開花期:12月中旬~5月中旬
※関東以西基準

置き場所

日当たりが良く、水はけと水もちの良い土壌に植えつけます。強い霜や寒風が当たらないように管理しましょう。

水やり

鉢植えは水切れしやすいので土の表面が乾いたら、たっぷりと。地植えはほとんど必要ありませんが、乾燥の続く冬の間は温かい日中に水やりをします。

栽培のポイント

デージーは、夏には枯れる一年草です。晩秋から早春までポット苗が売られているので利用するのが簡単な栽培の第一歩です。苗は全体がしっかり立ちあがって、根もがっしり張っているものを選んでくださいね。買ったら苗ポットをそのままにしておかないで、すぐに鉢植えや地植えにして強い寒さが来る前に根を張らせておきましょう。そうすれば冬の間かわいい花をつけてくれますよ。

花は茎の先にポンポンのようにつきます。まばらに植えるよりかためて植えた方がセンス良くレイアウトできます。たくさん咲かせたいなら種からの栽培もできるので挑戦してみてくださいね。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

デージーを育てる為のガーデニング用品

一粒一粒に栄養成分が配合された粒状培養土

ゴールデン粒状培養土 14L

ゴールデン粒状培養土 14L

通気性、保水性に優れ、植物の生育に適した培養土です。天然有機物がまんべんなく配合され、植物がいきいきと育ちます。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

【住友化学園芸】【液体肥料】 花工場 原液 800ml

【住友化学園芸】【液体肥料】 花工場 原液 800ml

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料で、水で薄めて使用します。

花や野菜、果樹にもOK!幅広く使用できる殺虫剤

アースガーデン オールスタースプレー(野菜・果樹・花の...

アースガーデン オールスタースプレー(野菜・果樹・花の害虫退治) 1000ml

花につきやすいアブラムシ類にも効果的。花以外の野菜や果樹の外虫退治にも幅広く使用できる殺虫剤です。

ガーデニング初心者でも安心して育てられるデージー

 (7964)

デージーの花が嫌いな人は、まずいないでしょう。欧米では女性の名前になっているほどです。耐寒性があって丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者でも失敗しないのが魅力。冬は害虫も病気も少ないので、安心して始められますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チューリップの育て方は?球根の植え付け時期や水やり、肥料や用土など鉢植えもできるチューリップの栽培方法をご紹介

チューリップの育て方は?球根の植え付け時期や水やり、肥料や用土など鉢植えもできるチューリップの栽培方法をご紹介

春に咲きほこる、球根植物の代表格ともいえるチューリップ。品種により、開花期間や色などさまざまです。今回は、チューリップを球根から育てるときに適した培養土選びや水やりなどの管理方法、鉢植えの場合におすすめのプランターや置き場所、植え付けの方法などをご紹介します。
84 view
ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
72 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
54 view
ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

大輪で豪華な花を咲かせるものや、シンプルな一重咲きのものまで、さまざまな園芸品種があるダリア。日本の暑さに耐え、環境さえあえば手間いらずで毎年、花を咲かせてくれる初心者向きの草花です。花色、花形、草丈もさまざまに選べるので、夏花壇を彩る草花として活躍してくれます。ダリアの花ならではのダイナミックな雰囲気は、花壇や寄せ植えのアクセントにぴったり。切り花にしてブーケなど、花束にしても素敵です。
124 view
ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

南ヨーロッパ原産で切り花としても親しまれているストック。ピンクや白、赤、紫、黄など豊富な花色と独特の香りがあります。ふわふわとした花びらが美しい八重咲きのものと楚々とした雰囲気の一重咲きのもの、どちらも人気があり、秋以降、植えつけすると早春から5月頃まで、花の少ない季節に甘い香りとともに華やかな印象の花を楽しませてくれます。ムスカリやスイセンなどの球根植物やパンジー等と花壇に植えると、愛らしい早春の庭ができあがります。
95 view

この記事のキーワード