2018年10月26日 更新

キュートな花が愛されるデイジーの育て方・種類は?肥料や用土など、種からも苗からもできるデージーの栽培方法

雛菊の和名を持つデージー。晩秋から早春にかけて冬枯れの庭にも元気に花を咲かせ、春や夏の花たちにバトンタッチしてくれます。デージーは1年草でポット苗が主流。種類が多く、茎の先につける2~5㎝ほどの花の色もさまざまです。花壇の縁取りや寄せ植えの鉢にも最適。愛らしい姿ゆえ世界中で好まれて栽培されています。

56 view

さまざまな種類があるデージーとは?

 (7937)

デージーは、草丈15~40㎝の一年草。ヨーロッパ、地中海沿岸が原産地です。

「ポンポネット」はヒナギクの呼び名で親しまれている花径約3㎝のピンク色の花。
「イングリッシュデージー」は花径約2㎝の小輪で白い一重咲き種。
「チロリアンデージー」は花の色が濃いピンクから中心に向かって白くなる花径約5㎝の大輪種。

デージーはまとめてボリュームを出して植えた方が見映えがいいので、色合いや草丈を考えて庭や鉢を好みのデザインで仕上げてみてはいかが?

デージーの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期・植えつけ期:9月中旬~11月中旬
開花期:12月中旬~5月中旬
※関東以西基準

置き場所

日当たりが良く、水はけと水もちの良い土壌に植えつけます。強い霜や寒風が当たらないように管理しましょう。

水やり

鉢植えは水切れしやすいので土の表面が乾いたら、たっぷりと。地植えはほとんど必要ありませんが、乾燥の続く冬の間は温かい日中に水やりをします。

栽培のポイント

デージーは、夏には枯れる一年草です。晩秋から早春までポット苗が売られているので利用するのが簡単な栽培の第一歩です。苗は全体がしっかり立ちあがって、根もがっしり張っているものを選んでくださいね。買ったら苗ポットをそのままにしておかないで、すぐに鉢植えや地植えにして強い寒さが来る前に根を張らせておきましょう。そうすれば冬の間かわいい花をつけてくれますよ。

花は茎の先にポンポンのようにつきます。まばらに植えるよりかためて植えた方がセンス良くレイアウトできます。たくさん咲かせたいなら種からの栽培もできるので挑戦してみてくださいね。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:特になし

デージーを育てる為のガーデニング用品

一粒一粒に栄養成分が配合された粒状培養土

ゴールデン粒状培養土 14L

ゴールデン粒状培養土 14L

通気性、保水性に優れ、植物の生育に適した培養土です。天然有機物がまんべんなく配合され、植物がいきいきと育ちます。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

【住友化学園芸】【液体肥料】 花工場 原液 800ml

【住友化学園芸】【液体肥料】 花工場 原液 800ml

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料で、水で薄めて使用します。

花や野菜、果樹にもOK!幅広く使用できる殺虫剤

アースガーデン オールスタースプレー(野菜・果樹・花の...

アースガーデン オールスタースプレー(野菜・果樹・花の害虫退治) 1000ml

花につきやすいアブラムシ類にも効果的。花以外の野菜や果樹の外虫退治にも幅広く使用できる殺虫剤です。

ガーデニング初心者でも安心して育てられるデージー

 (7964)

デージーの花が嫌いな人は、まずいないでしょう。欧米では女性の名前になっているほどです。耐寒性があって丈夫で育てやすいのでガーデニング初心者でも失敗しないのが魅力。冬は害虫も病気も少ないので、安心して始められますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
15 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
19 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
40 view
ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
31 view

この記事のキーワード