2019年12月17日 更新

オジギソウ(おじぎ草)の育て方とは?枯らさない栽培のポイントや増やし方を詳しくご紹介

葉に触れるとおじぎをするように閉じてしまう、不思議な「オジギソウ(おじぎ草)」。そのユニークさに加え可愛らしい花を咲かせることから、人気の高い植物です。今回はオジギソウの育て方を中心に、栽培のポイントや冬越しの方法、必要なツールなどもご紹介します。

オジギソウ(おじぎ草)とは

gettyimages (24654)

オジギソウ(おじぎ草)の特徴

オジギソウの特徴は、なんと言ってもその不思議な習性。葉に刺激が加わると、徐々に葉を閉じていき下向きに垂れ下がってしまいます。
下がった葉の見た目がおじぎに似ているため、「オジギソウ」という名がついたほどです。
眠っているようにみえることから、「ネムリグサ」という別名もあります。
ただ、面白いからといって頻繁に触れてしまうと、生育に悪影響が出てしまうのでほどほどに。

昔から日本にあるイメージですが、原産は南アメリカやブラジルです。
江戸時代あたりに、日本に入ってきたと言われています。
本来は多年草なのですが、暖かい地方が原産のため寒さに弱く、日本では一年草として販売されていることがほとんどです。

オジギソウは葉に注目が集まりがちな植物ですが、花は花でとても可憐。
ピンク色や紫色をした、丸くて小さい花をつけます。
アカツメクサやセンニチコウに少し似ているかもしれません。

オジギソウ(おじぎ草)の栽培スケジュール

オジギソウを育てるには、苗を植え付ける方法と種をまく方法があります。
苗を植え付ける場合は6月、種をまく場合は5月中旬から6月中旬あたりが適切です。
前述通り寒さに弱いため、暖かくなってから行いましょう。

肥料はほとんど必要ないとされています。
もしあげる場合は、1シーズンに1回程度に抑えましょう。開花時期は7月から9月頃です。

オジギソウ(おじぎ草)を育てる環境

オジギソウを育てる上で、日当たりと水はけはかなり重要なポイントです。
日照不足だと生育が悪くなるので、なるべく日の当たる暖かい場所に植えるようにしましょう。
日本の猛暑にもある程度耐えてくれますが、直射日光が当たりすぎると葉焼けを起こすことがあるので、真夏は少し日の当たり方を気にした方がいいかもしれません。

オジギソウ(おじぎ草)を育てるポイント

gettyimages (25535)

オジギソウは特別なお世話がほとんど必要ないので、育てるのは比較的簡単と言えます。

水やりと肥料

オジギソウは乾燥を好まないので、土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。
ただし、常にしめっている状態だと根腐れを起こしやすくなります。
植え付けの段階で、水はけの良い土を選ぶようにしてください。市販の草花用培養土でも十分です。

また、肥料はほとんど必要ありません。むしろ肥料をあげすぎると、葉ばかりが茂って花が咲かなくなることも。
かなり弱っているときに1回など、必要最低限にとどめましょう。

持ち運びしやすいジョーロ

ガーデンジョーロ 4L カカオレッド

ガーデンジョーロ 4L カカオレッド

お庭にたくさんの植物がある場合は、大容量のジョーロがおすすめ。
こちらのジョーロは4L入りますし、持ち運びしやすい取っ手や水がこぼれにくいフタなどがついているため、お庭での庭作業にうってつけです。

かかりやすい病害虫

オジギソウは丈夫な上、あまり虫も寄ってきませんが、ときどきハダニやカイガラムシが発生することがあります。
特に乾燥するとハダニが寄ってきやすいので、ご注意ください。

便利な殺虫剤

ベニカグリーンVスプレー

ベニカグリーンVスプレー

ハダニに寄生されると発育不良になってしまうので、見つけたら速やかに駆除することが大切です。
こちらの殺虫剤なら、植物に負担をかけずにハダニやカイガラムシを退治することできます。

冬越し

南米原産のオジギソウは、日本の冬に耐えることができません。
夏にきれいな花を咲かせてくれても、ほとんどの個体が冬を越せずに枯れてしまうのです。
しかし、沖縄などの冬でも比較的暖かい地方や、室内の暖かい場所で育てている場合、
枝を剪定しておけば、まれに翌年も花を咲かせることがあります。
当てはまる方は、冬越しに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

植え付け、植え替え

上記の通り、冬にはほぼ枯れてしまうので、植え替えの必要はありません
。翌年もオジギソウを楽しみたい場合は、また1から植え付けをして、新しい個体を育ててあげましょう。
植え付けの時期は5~6月。
地植えの場合は水はけの良い土を選び、株間は25cm前後あけてあげましょう。

オジギソウ(おじぎ草)の増やし方

gettyimages (24683)

オジギソウは苗を買って植え付ける以外に、種をまいて育てることもできます。
枯れた花から種を収穫し、翌年まくことによって、子孫を繁栄させることができるのです。

種の収穫

マメ科のオジギソウは、花が終わったらさやの中に種をつけます。
さやが茶色くなったらさやごと収穫し、そのまま陰干しに。
完全に乾燥したら、さやの中から種を取り出し、封筒などに入れて冷暗所で保管します。
封筒の中に乾燥剤を入れておくと、なおいいでしょう。

種まき

種まきの時期は5月中旬から6月中旬ですが、発芽温度が25℃から30℃なので、暖かくなるまで待ちましょう。
ただし、暖かくなったからと言って、そのまままいてはいけません。
オジギソウの種は表面が固いので、1~2晩水につけて給水させてください。
種をまいたら、しばらく日陰で水を切らさないように育てれば、1週間ほどで芽が出てきます。

オジギソウ(おじぎ草)の花言葉

gettyimages (24691)

オジギソウの花言葉は、「感受性」「繊細な感情」「敏感」など。
どれもデリケートな意味を持っていますね。
やはり、触れると敏感に反応する習性から来ているのでしょう。
中には、「失望」といった少し強めの言葉もあるようです。

初心者向けのオジギソウ(おじぎ草)栽培を楽しもう

gettyimages (25537)

オジギソウは寒さにこそ弱いものの、肥料や虫除けの手間があまりかからず丈夫なので、初心者向けの植物と言えそうです。
葉はユニーク、花は可憐、育てやすい、3拍子揃ったオジギソウ。興味が出たら、あなたのお庭にも加えてあげてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者でもバラ(薔薇)は育てられる?育て方やお手入れのコツをご紹介!

初心者でもバラ(薔薇)は育てられる?育て方やお手入れのコツをご紹介!

バラは「花の王様」と呼ばれるほど華やかで存在感のある花です。多くの品種があるバラ。四季咲き性・返り咲き性・一季咲き性など開花もさまざまです。生育期と休眠期があり、剪定や花がら摘みなどのポイントを押さえましょう。苗や肥料についても選ぶコツをご紹介します。
127 view
ダンゴムシは害虫?駆除すべき?対処方法から大量発生させないための予防方法までご紹介!

ダンゴムシは害虫?駆除すべき?対処方法から大量発生させないための予防方法までご紹介!

ガーデニングを行う際には駆除した方が良いダンゴムシ。害虫の中でも不快害虫とされており、害虫対策が必要です。さまざまな駆除方法があり、殺虫剤や薬剤、粉剤、誘引タイプのものもありますが、無農薬のものでも駆除は可能で、木酢液やコーヒーがオススメです。
430 view
おしゃれなじょうろを選ぼう!デザインで選べばガーデニングはもっと楽しくなる!

おしゃれなじょうろを選ぼう!デザインで選べばガーデニングはもっと楽しくなる!

植物を育てるうえで、水やりという作業は必要不可欠なものです。ベランダでのガーデニングや家庭菜園など、水やりはじょうろで十分だという方も多いのではないでしょうか?おしゃれなじょうろを選んで、水やりをもっと楽しくしましょう!また、じょうろを選ぶポイントとして、サイズや重さなども悩むポイントです。そこで今回はじょうろ選びのポイントとおすすめのおしゃれなじょうろをご紹介します。
960 view
ハクサイ(白菜)の育て方!家庭菜園もできる栽培のコツや手入れのポイントを初心者にも分かりやすくご紹介

ハクサイ(白菜)の育て方!家庭菜園もできる栽培のコツや手入れのポイントを初心者にも分かりやすくご紹介

ハクサイ(白菜)は味にクセがなく幅広く愛されている野菜です。 和・洋・中など料理のジャンルを問わずどんなレシピにも合うところがポイント。 家庭内では鍋物や炒め物、漬物などでおなじみですよね。 そんな親しみのあるハクサイ(白菜)をぜひ家庭菜園としては畑・プランターで栽培してみましょう!
6,082 view
大根(ダイコン)栽培のコツ!初心者でもプランターや露地栽培で失敗しない大根の育て方とは?

大根(ダイコン)栽培のコツ!初心者でもプランターや露地栽培で失敗しない大根の育て方とは?

さまざまな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている大根。 ビタミンB・C・D・Eなど、多くの栄養素を含む健康野菜としても有名です。 根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。 クセがなく、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
2,669 view

この記事のキーワード