2018年10月26日 更新

ナスタチウム(キンレンカ)の育て方は?種まき時期や肥料・用土など、ナスタチウムの栽培方法

ハスの葉のような丸い葉と金色の花を咲かせることからキンレンカの別名があるナスタチウム。葉や花はもちろん果実や種も食べられ、鮮やかな花はエディブルフラワーとして定着しています。 独特の香りでアブラムシやコナジラミを遠ざけるので、トマトなど野菜の隣に植えてコンパニオンプランツとしても利用されています。 種をまくと容易に発芽し育つので、早春から時期をずらしながら種まきして育てると長く楽しめます。ハンギングや寄せ植えにもぴったりです。

57 view

ナスタチウムとは?

 (8922)

ノウゼンハレン科の一年草です。ペルーやコロンビア原産で、3m以上つるを伸ばすつる性のものや草丈30㎝ほどの品種もあります。黄色や赤、オレンジの花色が一般的ですが、最近はクリーム色やピンクのものや、花弁にフリルの入ったもの、八重咲きのものなど、さまざまな品種が登場しています。

葉や花にはクレソンのような辛みがあり、ビタミンやミネラルが豊富で美容効果抜群。貧血を改善し、胃腸の機能を高める効果のあるハーブとしても人気です。

ナスタチウムの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期:3月~4月上旬
植えつけ期:3月下旬~5月
開花期: 4月下旬~7月 9月~10月
※関東地方以西基準

置き場所

夏は明るい半日陰で、それ以外は日なたの風通しと水はけの良い場所で管理します。

水やり

地植えの場合、鉢植えの場合ともに土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。反面、過湿にならないように注意します。

栽培のポイント

日本の夏の高温多湿が苦手なので、夏は風通しの良い、明るい半日陰で管理するのがおすすめです。春から夏までは日当たりと風通しのよい場所で育てます。春になると苗が販売されますが、3月下旬に種をまけば初夏には花が楽しめます。

生育旺盛で、次々と花を咲かせるので、植えつけ時は有機質に富んだ土に元肥をプラスして育てましょう。春と秋の開花期には追肥も忘れずに。

本葉が6枚ほどまで生長したら摘芯(頂点の芽を摘むこと)すると、左右に茎が伸び形よく育ちます。さし芽をすれば簡単に増やすこともできます。多湿を避けるため、咲き終わった花の花がら摘みを欠かさずに。

本格的な夏を迎える前、草丈を2分の1まで切戻しをすると、秋、再び花が楽しめますよ。

主な病害虫

害虫:ハダニ、ハモグリバエ

ナスタチウム栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

有機由来の元肥入りでそのまま使える

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土...

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土 14L

天然素材中心の原料をベースに、排水性、通気性、保肥性にも優れた元肥入りの培養土です。 プランターや鉢植えにも最適で、生育に適したpH調整済です。

ばらまくだけでOK。元肥にも追肥にも使える

住友化学園芸 マイガーデン 花・野菜用 700g

住友化学園芸 マイガーデン 花・野菜用 700g

ばらまくだけでOK。さまざまな植物の元肥や追肥に簡単便利に使える肥料です。栄養分を効率よく吸収させる腐植酸が配合され、緩効性肥料としての効果もあります。粒状で、土壌の温度変化や植物の生育にあわせて溶け出す量が調節されます。

食品成分でできた殺虫殺菌剤。殺ダニ効果も

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 1000ml

アース製薬 野菜と花の虫と病気退治 あめんこ 1000ml

還元水あめから作ったスプレータイプで、ハダニに効果的。ボトルを逆さにしても使用できます。使用回数の制限もなく収穫前日まで使用できます。花や観葉植物にも使用できます。

鮮やかな花を咲かせるナスタチウム!寄せ植えやハンギングに!

 (8984)

鮮やかな色の花は初夏の寄せ植えやハンギングなどにぴったり。品種によって草姿もさまざまなので、飾り方に合わせて選びましょう。

花や葉を料理やサラダの彩りにプラスすると、みずみずしくおしゃれな雰囲気。いつもの食卓が明るくなります。花後は種ができるので、落ちた種を乾燥させ、翌年利用すれば、毎年楽しめますよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニチニチソウ(日々草)の育て方は?種まきや挿し木、肥料・用土など寄せ植えもできるニチニチソウの栽培方法

ニチニチソウ(日々草)の育て方は?種まきや挿し木、肥料・用土など寄せ植えもできるニチニチソウの栽培方法

5月~10月の長い間、毎日のように次々と花が咲くことから「日々草」と名付けられたニチニチソウは高温多湿に強く育てやすいため、夏の花壇や寄せ植えによく使われています。 最近は花形の改良が進み、おしゃれになってきました。花が少なくなる季節にニチニチソウがあれば、毎日眺めて元気をもらえそうですね。
98 view
フクシア(ホクシャ)の育て方は?地植えより鉢植え?肥料や用土など寄せ植えにもおすすめのフクシアの栽培方法

フクシア(ホクシャ)の育て方は?地植えより鉢植え?肥料や用土など寄せ植えにもおすすめのフクシアの栽培方法

フクシアピンクという色の名前にもなった美しい赤紫色の花をつけるフクシア。貴婦人のイヤリングとも呼ばれる花をつけるのが特徴です。小さな1㎝にも満たない花のものから大きな華やかな種類まで、さまざま楽しめます。 初心者には春、苗を購入し、地植えせず、ハンギングなどのコンテナ栽培で育てると管理しやすくおすすめです。4月から7月中旬まで花が楽しめます。日本で品種改良されたエンジュルス・イヤリングの仲間は夏の暑さに強く、初心者向きです。
131 view
カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

室内用の鉢花として昔から親しまれてきたサイネリア。草丈が20~30㎝で半球状に育ち、たくさんの小花を咲かせます。サイネリアの魅力は鑑賞時期が長く、花の色や模様が豊富なこと。ひとつの苗から、たくさんの花が咲くので鉢植え栽培にぴったりです。また、園芸業界には「シネラリア」という名前も存在しますが、死を連想させることからサイネリアという名前が一般化したとされています。
13 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
19 view

この記事のキーワード