2018年11月1日 更新

リコリス(彼岸花/曼珠沙華)の育て方は?植え付け時期や肥料・用土など鉢植えもできるリコリスの栽培方法

古くから日本の各地に自生し、秋のお彼岸の頃、見事な真っ赤な花を咲かせる姿が印象的な彼岸花(ヒガンバナ)。曼珠沙華(マンジュシャゲ)の名前でも広く浸透しています。このヒガンバナに代表されるリコリスにはいろいろな種類があります。近年、欧米での人気を受け、日本でも注目されるようになり、さまざまな種類が出まわるようになりました。花色も白や黄色、ピンク、紫などが揃い、植えたままでもOK。初心者でも育てやすい草花のひとつです。

26 view

リコリス(彼岸花)とは?

 (14518)

ヒガンバナ科の多年草。球根草花で日本や中国に広く自生しているといわれています。9月頃に球根を植えつけると10月に1週間ほど花を咲かせます。そのまま葉だけが残り、翌年の初夏までにすべての葉が枯れてしまいます。秋になると再び発芽し開花します。光沢のある花びらと踊るような花形が個性的。庭に植えると華やかな雰囲気が漂います。種類によって葉の出る時期や開花期が異なり、7月頃開花するキツネノカミソリなどもあります。球根には毒がありますが口に入れなければ症状がでないので市販されています。

リコリス(彼岸花)の育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:6月~9月(品種によって異なる)
開花期:7月~10月(品種によって異なる)
※関東地方以西基準

置き場所

日あたりの良い場所を好みます。過湿を嫌います。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。葉が枯れた後の休眠中の水やりは不要です。

栽培のポイント

日当たりを好むので、日なたで水はけのよい場所で育てます。球根は6月~7月に植えつけますが、植えつけ前には腐葉土や堆肥などを多めにすき込んでよく耕し、水はけと保水性のよい土に十分な株間を取って植えつけます。鉢植えの場合は市販の球根用の培養土が手軽です。開花後、1週間ほどで枯れるので咲き終わった花は花首でカットしておきます。そのまま植えておけば越冬し、翌年以降、また芽吹いて花を咲かせます。耐寒性、耐暑性にすぐれ、一度植えれば一定期間楽しめます。冬、堆肥などの肥料を与えてやる(寒肥)と元気に育ちます。病害虫の被害もなく、初心者でも育てやすい草花のひとつです。

主な病害虫

害虫:特になし
病気:特になし

リコリス(彼岸花)栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

球根の栽培はこの土だけでOK

プロトリーフ 球根の土

プロトリーフ 球根の土

適度な保水性と排水性を兼ね備え球根の植えつけにぴったり。初期生育に必要な栄養素も配合され、手軽に使用できます。

植物にやさしく長く効く有機質肥料

花ごころ 花・実をつける肥料

花ごころ 花・実をつける肥料

醗酵した有機質配合の緩効性肥料。花つき花色を良くする天然成分が豊富で、植物にやさしく長く効きます。

暗いイメージのリコリス(彼岸花)。華やかな雰囲気の花も登場!

 (14551)

墓地に植えられているイメージの強いヒガンバナ。全草が有毒であることから、土葬後、動物によって掘り荒らされるのを防ぐために墓地に植えられたといいます。近年は暗いイメージを覆すような華やかな雰囲気のものが多く登場し、見直されています。花の時期には葉がなく、すっと伸びた茎に直径10㎝にもなる華やかな花をつけるので郡植すると見応えがあります。「悲しき思い出」などの花言葉があります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
32 view
育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

育てやすいスモモの木の品種は?剪定時期・害虫・病気・摘果・肥料など、スモモの育て方をご紹介

夏の暑い時期にぴったりの甘酸っぱいスモモ。そのまま食べるのはもちろん、ジャムやシロップ漬け、ゼリー、果実酒にしても楽しめ、家庭で庭木として栽培したい果樹のひとつです。長く日本の庭で親しまれてきたスモモ。甘みの増す完熟スモモを楽しめるのが醍醐味です。12~2月頃に込み合ったところや徒長した枝を剪定し、日当たりと風通しを良くしてやればOK。この頃長く伸びている長果枝は剪定し、切戻しておくと翌年花芽をつけ結実する短果枝が多く発生します。
35 view
サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

900種以上あるというサルビアの中で、最も一般的なのは鮮やかな赤い花をつけるサルビア・スプレンデス。子どもの頃、学校の花壇などでも栽培されていたという記憶のある方も多いでしょう。サルビアの仲間は本来多年草ですが、「サルビア・スプレンデス」を筆頭に寒さに弱く冬越しできないものは一年草として扱われています。品種によって耐寒性のあるなし、また花色、草姿にも大きな違いがあり、低木状に育つものなどさまざまそろいます。
15 view
そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

そら豆の栽培方法は?種まき・収穫時期・摘心・肥料など、プランターで出来るそら豆の育て方

空に向かってマメのサヤがまっすぐ上に育つことからソラマメと呼ばれ、家庭でも育てやすい野菜のひとつです。通常サイズのものに加え。大きな粒が収穫できる品種もあります。タンパク質やビタミン類、ミネラルなどが豊富に含まれ、ゆでるのはもちろんかきあげなどにして楽しみたい初夏の味覚のひとつです。秋にタネまきすると、翌年の6月頃収穫でき、タネから育てても比較的失敗が少なく生育し、初心者向けの野菜のひとつです。
47 view
ルッコラの栽培方法は?種まき、収穫時期、間引きなど、プランターで出来るルッコラの育て方をご紹介

ルッコラの栽培方法は?種まき、収穫時期、間引きなど、プランターで出来るルッコラの育て方をご紹介

イタリア料理に欠かせないルッコラ。チーズやオリーブオイルとの相性が抜群で、ピザやサラダに大活躍する人気野菜です。英名ではロケットと呼ばれています。独特の香りがあるのでハーブとして扱われることも。ビタミンCやE、カルシウムも豊富で胃の調子を整えてくれる効果もあるとか。5~7月気温が上がってくると、淡い黄色がかった4枚の花びらが十字に開き開花します。ほのかにゴマのような香りがする花も食用になります。
22 view

この記事のキーワード