2018年10月17日 更新

アカンサスの育て方 装飾のような葉で一度見たら忘れられない人気の花

1.5mと大きく育ち、遠くから眺めてもサマになるアカンサス。ほのかにワインがかる筒状の花と、造形的な大ぶりの葉はとても美しく、ガーデナーに根強い人気があります。また、アカンサスはギリシャの国花で、深い切れ込みが入った葉の形は、古代ギリシャの建築物や装飾品のモチーフ(模様・柄)として好んで使われてきたという歴史があります。それゆえ花言葉も、美しさにちなんだ「芸術」「美術」「建築」「技巧」「永遠に離れない結び目」などがつけられています。

36 view

アカンサスとは?

 (14776)

アカンサスは、キツネノゴマ科ハアザミ属、常緑性の多年草です。熱帯アジア・熱帯アフリカ原産の植物で、日本には大正時代に渡来したといわれています。和名は「ハアザミ」ですが、葉にトゲはありません。しかし、花の苞(蕾を包んでいた外側の葉)には鋭いトゲがあり、触れるととても痛いので注意してくださいね。

園芸種としては「アカンサス・モリス」が有名。つややかな濃い緑葉は羽のような形をしていて、とても個性的。白地に淡くワイン色を帯びる筒状の花もエキゾチックで魅惑的です。人の背丈ほどに大きく育ち、大株に育てると見映えがするので、花壇のフォーカルポイントにもぴったり! アカンサスがあれば、洋風の雰囲気をカンタンにつくることができますよ。「アカンサス・モリス」の種類の中にも葉が黄色っぽい「ホーランズ・ゴールド」、萼が緑色の「アルバ」など、さまざまな品種があるので、園芸店やネット通販などで、お気に入りを探すのも楽しいですよ。一方、庭が小さい場合や植える場所が少ない場合は、小型種の「アカンサス・スピノサス」がおススメ。比較的コンパクトに育つため、コンテナ栽培でも楽しめます。

アカンサスの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:6月中旬~8月中旬
植えつけ・植え替え期:3月中旬~5月中旬、9月中旬~11月中旬

置き場所

アカンサスは耐寒性、耐暑性、乾燥に強く、日当たりでも日陰でも育ちます。花つきをよくしたい場合は、木もれ日が当たる場所(日なた~半日陰)に植えるとよいでしょう。

水やり

鉢植えの場合、極端に乾かさなければ、水やりは控えめで大丈夫。乾き具合を見ながら、葉がしおれない程度に与えましょう。地植えの場合の水やりは不要です。水はけが悪いと根腐れを起こしやすいので要注意。

栽培のポイント

常緑のアカンサスは一年中、美しい葉が鑑賞できます。ツヤツヤとした葉は、草丈が90㎝~1.5m、葉の幅も約5㎝と大きめ。地際から勢いよく伸びて茂るので、存在感抜群! 葉だけでも鑑賞の価値があります。初夏に葉の中心から花茎を伸ばし、下から上へと白~薄ピンク~薄紫色の花を次々と咲かせます。

春にタネをまいて育てれば3~4年後に花が咲きますが、初心者は苗を植えつけた方がすぐに花を楽しめるのでおススメ。植えつけ適期は春と秋ですが、一年中、植えつけることも可能。大きく育つので、ある程度、広い場所に植えつけましょう。植えつけ後の管理は、花がらや枯れ葉を取り除く程度でOK。4~5年そのまま植えっぱなしにしても育ちます。手がかからず、美しい花や葉を楽しめるのもアカンサスの大きな魅力ですね。

主な病害虫

害虫:ネコブセンチュウ類
病気:特になし

アカンサス栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期育成に必要な栄養素がはいった有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機培養土

元肥入りでいろいろな植物に手軽に使用できます。赤玉土や鹿沼土、バーク堆肥をほどよく混合し、保水性と排水性の高い培養土は、鉢植えにもぴったりです。

すべての成分を1粒に。むらなくまける

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用

3~4カ月に一度、ばらまくだけでOK。植物を元気に育てるための栄養素がバランスよく配合され、マグネシウム・カルシウム・イオウ・鉄など微量要素もプラス。いろいろな植物の花色・葉色を美しく育てます。

ネコブセンチュウ退治には

アグロカネショウ ネマキック粒剤

アグロカネショウ ネマキック粒剤

センチュウの種類を問わず効果的。長期間残効性があるので、一度使用すれば成分が拡散して安定した効果がある土壌消毒剤です。

葉模様が美しい装飾花アカンサス

 (14807)

アカンサスの葉模様は「アカンサス文様」とも呼ばれ、一万円札や賞状の縁のデザインにも用いられています。昔から珍重され、人々の心を惹きつけてきたことが分かりますね。昔と今をつなぐ装飾花、アカンサスを自宅で育てて眺め、思いを馳せてみてはいかが? 初心者でも育てやすくおすすめ。大きく育てて庭にポイントに。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
40 view
かすみ草の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するかすみ草の栽培方法をご紹介

かすみ草の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するかすみ草の栽培方法をご紹介

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?
28 view
サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

サルビアの育て方は?サルビアネモローサなど種類も豊富!様々な色の花が花壇を彩るサルビアの育て方をご紹介

900種以上あるというサルビアの中で、最も一般的なのは鮮やかな赤い花をつけるサルビア・スプレンデス。子どもの頃、学校の花壇などでも栽培されていたという記憶のある方も多いでしょう。サルビアの仲間は本来多年草ですが、「サルビア・スプレンデス」を筆頭に寒さに弱く冬越しできないものは一年草として扱われています。品種によって耐寒性のあるなし、また花色、草姿にも大きな違いがあり、低木状に育つものなどさまざまそろいます。
26 view
ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
22 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
41 view

この記事のキーワード