2019年8月10日 更新

キャベツの育て方!家庭菜園でもできる栽培のコツやお手入れのポイントを初心者にも分かりやすくご紹介

キャベジンと呼ばれるビタミンUを始め、栄養豊富で胃腸に優しく食べる薬ともいわれるキャベツ。 捨ててしまいがちな芯には葉以上の栄養があるとご存知でしたか? そんなキャベツもコツを掴めば、プランターでも簡単に収穫できるのです。 ぜひ家庭菜園にチャレンジしてみてください。

キャベツ栽培の特徴

gettyimages (20758)

さまざまな料理との相性も抜群で、食卓に欠かすことのできない万能野菜キャベツ。
さらに栄養価も高いとあって、家庭菜園では育てることは難しいと思われがちですが、コツを掴めば初心者でも上手にキャベツを栽培することができますよ。

家庭菜園のキャベツ栽培では、秋から冬にかけて収穫する「夏まき栽培」が一般的です。
しかし、実は春から初夏に収穫する「春まき」や「秋まき」も可能なので、慣れれば長期間キャベツ栽培を楽しむことができます。

また、キャベツにもさまざまな品種があるので、ご家庭に合った品種を選んでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

キャベツの栽培時期、暦

キャベツには春まき・夏まき・秋まきと三回あり、どの時期も苗づくりの温度管理をすることが大切なポイントになります。

種まきから収穫までの日数は約110日~140日ですが、品種などによって異なるので、しっかりと確認しましょう。

タネまき期:2月下旬~3月中旬(春まき)7月中旬~下旬(夏まき)10月上旬~中旬(秋まき)
植えつけ期:3月下旬~4月(春まき)、8月中旬~9月中旬(夏まき)、11月上旬~中旬(秋まき)
収穫期:4月下旬~5月中旬(春まき)、6月(夏まき)、11月~12月上旬(秋まき)
育てやすい品種
四季まきキャベツ

四季まきキャベツ

キャベツの栽培方法

gettyimages (20759)

キャベツは暑さに弱く冷涼を好みますので、初心者の方には夏の終わりから育てる「夏まき」の苗をプランター栽培で挑戦してみてはいかがでしょうか。

種から育てる生育適温は26~20℃、外葉が育ち始め結球ができる結球適温は13~20℃となっています。
完全結球に適した温度はキャベツの品種によって違ってくるので、しっかりと確認をしてから取り組んでいきましょう。
外葉が大きく育つほど、大きい球ができますよ。

キャベツ栽培の土つくり

良い土を作るポイントは、物理性・化学性・生物性の三要素のバランスを改良すること。
そのための理想の土は、大小の粒が混ざり合った「団粒構造の土」になります。

キャベツの場合、土壌中の湿度が高いと根腐れを起こしやすいので高畒にして水はけを良くしましょう。
pHは5.5~6.5が目安となっています。

また、キャベツは外葉の展開を早めることが大切ですが、肥料が多すぎても外葉ばかりが大きく成長してしまい甘さが出なくなるので、バランスの良い配合肥料が重要です。
プランター栽培
キャベツをプランターで育てる場合は60㎝の大型、もしくは深底の大鉢サイズを利用しましょう。
株間が30㎝は必要になるので、小型プランターでは1株しか育てられません。
畑栽培
キャベツを種から育てる場合は、直植えではなく9㎝程の3号育苗ポットから始めましょう。
本葉が5~6枚になった苗から畑に植え付けますが、深植えにならないように注意してください。

キャベツ栽培の種まきの時期と方法

gettyimages (20760)

キャベツの種まきには、箱まき・ポットまきの方法があります。

箱まきでは深さ1㎝のU字溝を8㎝感覚で作って、1㎝感覚で1粒ずつまきましょう。
5㎜ほど覆土したらたっぷり水やりを行い、発芽までは新聞紙をかけておいてください。

ポットまきの場合は直径3㎝・深さ1㎝の穴に3,4粒を離してまきます。
夏まきの場合は日差しを和らげるために寒冷紗などで高温対策を忘れずに。
本葉が2~3枚になったら、1本に間引きします。

キャベツの苗植えの時期と方法

地中海沿岸地方が原産のキャベツは20℃前後の涼しい気候を好みますが、現在は品質改良が進み、長期間キャベツ栽培を楽しむことができるようになりました。

植えつけのポイントは、いかに苗が土になじんで根付くかどうかです。
できれば晴れた日の午前中を狙って植えつけを行いましょう。
3~5日程で発芽するので、葉同士が巻き込まないよう1~2回程度間引きして育てていきます。

キャベツ栽培の水やりと肥料

水やりは朝に行いますが、キャベツは過湿に弱いので夕方には乾く程度の水やりを行いましょう。

苗から植えた場合は根が活着するまで1週間はたっぷり水を与えること。
1回の水やりをたっぷり与えて回数を減らすのがポイントです。

定着してからは、表面が乾いた時に水やりを行う程度で大丈夫です。

1回目の追肥は、植え付けから約3週間経ち本葉が約10枚前後になったころに行います。
化学肥料10gを用土と混ぜ合わせてから株元に寄せてあげると、根を傷付けずにできます。

液肥の場合は、結球が始まるまでに週1回程度の割合で与え続けるといいでしょう。
元肥にも追肥につかえるおすすめの肥料
白菜 キャベツ ホウレン草 ブロッコリー肥料7kg

白菜 キャベツ ホウレン草 ブロッコリー肥料7kg

キャベツ栽培のお手入れ方法

定植の時期になったら、害虫のつきやすいキャベツには防虫ネットを用意しましょう。
防虫ネットをトンネル状にかけると被害をおさえることができます。

また、大きなキャベツを作るポイントとして外葉を大きく枚数を多く育てると、綺麗な葉を巻きよく育ってくれますよ。

定植から2週間が経った頃に、追肥と根元に土寄せを行いましょう。

キャベツが生長すると同時に、外葉もだんだん枯れてくるので、黄色く枯れた外葉は摘み取り、茎が見えてきた場合は根元に土寄せを行って、安定させてください。
防虫対策におすすめの防虫ネット
ダイオ化成 農園芸用菜園用防虫ネット75

ダイオ化成 農園芸用菜園用防虫ネット75

キャベツ栽培での収穫時期と方法

gettyimages (20764)

キャベツの生長は、葉が次第に湾曲し中心の葉を包むように肥大して玉のように形成していくことを結球と呼びます。

植え付けから10週間ほどから結球が始まっていきますが、見た目では収穫時期を見極めるのは難しいので、結球部分を手で押して確認します。
球の頭部を手でギュッと押してみて、固くなっていたら収穫時期です。

外葉を2~3枚つけたまま玉を根元から包丁などで切り離します。
収穫が遅れてしまうと、球が破裂してしまったり、腐りやすくなったりするため、収穫時期には注意しましょう。

キャベツ栽培でよくあるトラブル

gettyimages (20767)

キャベツ栽培での病気対策

雨が多い年は特に、黒腐病、萎黄病、菌核病、根こぶ病などが発生しやすくなります。
排水対策もあわせて対策していきましょう。
害虫と病気対策におすすめの薬剤
アースガーデン 食べる野菜と果樹 虫&病気対策 1000ml

アースガーデン 食べる野菜と果樹 虫&病気対策 1000ml

キャベツ栽培での害虫対策

野菜の中でも害虫が発生しやすいキャベツ。
シンクイムシ、ヨトウムシ、コナガ、アオムシなどがよく発生します。
結球するまでは防虫ネットや寒冷紗などで、入り込む隙を与えないように注意しましょう。
見つけた場合も、すぐにピンセットなどで除去することがポイントです。
病害虫対策から活力補給までつかえる薬剤
フマキラー 殺虫・殺菌スプレー

フマキラー 殺虫・殺菌スプレー

キャベツが結球しない、育たない

キャベツのトラブルに「とう立ち」というものがあります。
「とう」とは花を咲かせる茎のことで、それが伸びることを「とう立ち」と呼びます。

植物の生育には欠かせない現象ですが、キャベツには花を形成する必要がないため、このとう立ちをしないように育てることが重要です。

キャベツの場合、1か月以上低温が続いた後に高温になると、とう立ちをしやすくなるので、時期に合った品種を選んでください。

肥料についても、肥料不足になると未結球の原因になります。
また2回目の追肥以降、結球が始まってから追肥すると裂球の原因になってしまうので注意しましょう。
肥料不足におすすめの肥料
 尻ぐされ・芯ぐされが気になる野菜に 600g

尻ぐされ・芯ぐされが気になる野菜に 600g

時期に合ったキャベツを上手に育ててみよう!

gettyimages (20768)

1年のうちに複数回栽培できるキャベツも、品種や時期をしっかり見極めるなどコツを掴めば上手に育てることができます。

キャベツにも定番の結球の大きなキャベツを始め色々な種類があるので、ぜひ家庭菜園で色んな種類のキャベツを育ててみてくださいね。

収穫できた時の達成感も、きっと大きいはずですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

ルッコラ(ロケット)の栽培方法とは?種から育てた方が良い?失敗しない育て方をご紹介

サラダなどレシピによく使われるルッコラ。英名ではロケットと呼ばれており、独特の香りと風味があるため、ハーブとしても扱われてきました。ルッコラは園芸初心者でも育てやすく、家庭菜園でも人気の野菜です。今回は種まきから収穫まで、ルッコラの栽培方法をご紹介いたします。
614 view
おしゃれで大型だから寄せ植えに最適!腐るデメリットを解決した防腐仕様のウッドプランターをご紹介

おしゃれで大型だから寄せ植えに最適!腐るデメリットを解決した防腐仕様のウッドプランターをご紹介

木で作られた「ウッドプランター」はデザイン性が高く、木ならではの通気性・吸湿性によって温度管理がしやすいなど機能性も抜群で、ガーデナーたちから人気のガーデニングアイテムの一つです。今回は、ウッドプランターのメリットやおすすめ商品をご紹介します。
3,024 view
プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

プランターでも栽培できる初心者におすすめの夏野菜12選!春植えの夏野菜と育て方のポイントをご紹介!

気温が暖かくなる春から夏にかけて、家庭菜園を楽しむ方も多いのではないでしょうか。トマトやキュウリなどの夏野菜は難易度がそう高くなく、プランターでも栽培しやすいのが特徴的。そこで今回はおすすめの夏野菜や土作りなど、初心者でも上手に育てる方法をまとめました。
16,667 view
肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

肥料の種類が多くて迷っている方必見!ガーデニングで使う肥料のおすすめランキング!

美味しい野菜を育てるときや、美しい庭作りをする場合には肥料が欠かせません。しかし、どんな肥料を使えばいいか迷う方もいるでしょう。そこで今回は、さまざまなレビューをもとに「よく使われている肥料」をGarché編集部がランキングしました。初心者でも簡単に使えます。
3,847 view
液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

液肥(液体肥料)とは?使い方やメリットなど、ガーデニング初心者でも簡単に使えるおすすめの液肥をご紹介

ガーデニングを始めるうえで欠かせない肥料。草花や野菜の育成を促し、実を肥やす大切な栄養分です。中でも液肥(液体肥料)は私達にとっての栄養ドリンクのような存在。今回はそんな液肥について、成分や使い方、おすすめの商品などを紹介するので、ぜひ参考にしてください。
23,621 view

この記事のキーワード