2018年10月17日 更新

白やピンクの花が咲く!シンボルツリーにもぴったりの人気の庭木 ハナミズキの育て方

桜が咲き終わる頃、いっせいに新葉が芽吹き、白やピンクの花を咲かせるハナミズキ。秋につける赤い実や紅葉も美しく、一年を通して楽しめる樹木として人気があります。1本でも楽しめますが、街路樹のように数本植えても見た目が華やかで見ごたえがありますよ。玄関に植えればウェルカムツリーに、庭の中心に植えればリビングから四季の変化を感じられます。

ハナミズキとは?

 (8414)

活き活きした若葉、枝一面につける花、赤く熟した実、そして紅葉と四季を彩ってくれるハナミズキ。花として鑑賞しているものは、実は花びらではなく、総苞片(そうほうへん)という花のつけ根の葉。そのため花のように早く散らず、長い間、観賞できます。

樹形がまとまりよく整うので、剪定の手間がかからないのも魅力のひとつですね。花色は白花種が基本で、清楚な雰囲気の純白の大輪花が咲く「クラウド・ナイン」が代表的。紅花種には、育てやすい「チェロキー・チーフ」や大輪花が美しい「レッド・ジャイアント」などがあります。白花と紅花を組み合わせて植えても素敵ですね。

ハナミズキの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え:12月~3月
開花期:4月初旬~5月下旬
※関東地方以西基準

栽培環境

日が良く当たり、やや乾燥した場所で、幹に西日の当らない場所が最適。通気性と水はけが良い肥沃な土に植えましょう。

水やり

地植えは水やりをする必要がありません。鉢植えの場合は夏の朝に1回与えます。

栽培のポイント

鉢植えの場合は、木が休眠している12月~3月、2、3年に1回、ひと回り大きい鉢に植え替えます。地植えも同じ時期に腐葉土などの有機物をよく混ぜた土に植えつけましょう。晩秋にはかわいい実がつくので熟した実を採り、種を取り出して水洗いしたあと、すぐにまくか、乾かないように注意して冷蔵庫に保存し、翌春3月にまきます。

樹形が早期に安定するので、特に剪定や整枝の必要はありません。伸びすぎて不都合な枝を切りたいときは、12月~3月に分枝点から間引きます。茂り過ぎたら花後7月頃までに軽い剪定を行いましょう。

落葉樹の魅力は、夏は日陰を作って暑さから人や植物を保護し、冬は日なたを作り日当たりを良くして、落ち葉も堆肥になるというところ。庭に1本あると重宝しますよ。植える際は大きく育つことを考慮して植えつける場所を決めましょう。

主な病害虫

病気:紋羽病、ウドンコ病
害虫:コウモリガ、アメリカシロヒトリ

ハナミズキに使えるおすすめの用土、肥料、薬剤とは

地植えにも鉢植えにも混ぜて使えばOK

花ごころ GET果樹・花木の土壌改良剤 10L

花ごころ GET果樹・花木の土壌改良剤 10L

腐植を多く含み、土を改良するので地植え、鉢植え、どちらの場合も用土に20%程度混ぜて使用します。根張りを良くし、排水性を高めるための木炭が配合されています。

早く効いて長く効く、花色も良くなる有機肥料

花の有機肥料「開花前線」 プロトリーフ 700g

花の有機肥料「開花前線」 プロトリーフ 700g

特殊な製法で抽出した16種類のアミノ酸でできた天然成分の有機肥料。追肥にも元肥にも使用でき、花弁を充実させ、花色を良くする効果があります。

病気の退治と予防におすすめ

 住友化学園芸 殺菌剤 GFベンレート水和剤

住友化学園芸 殺菌剤 GFベンレート水和剤

うどんこ病が発生したら、病原菌を退治し、侵入を防ぐ薬剤が効果的です。水で薄めて使用します。

ハナミズキは手入れいらず!

 (8444)

ハナミズキは一度植えればほとんど手入れ要らず。枝の込み具合が絶妙で、夏の木漏れ日も涼しく感じられますよ。ハナミズキの株元にテーブルセットを置いて、木陰でお茶を楽しむのも贅沢ですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なすを家庭菜園で栽培して料理に挑戦しよう!なすの種類や保存方法や簡単レシピをご紹介!

なすを家庭菜園で栽培して料理に挑戦しよう!なすの種類や保存方法や簡単レシピをご紹介!

なすは一年を通して手に入る野菜ですが、夏から初秋にかけてが旬となっています。油との相性のいいなすは、油で揚げたり、炒めたりと色んな調理法で楽しむことができます。そこで今回は、美味しいなすの選び方と、家族みんなで楽しめるなすを使ったレシピをご紹介します。
4 view
きゅうりは栄養が無い野菜なんて考えは古い!きゅうりをプランターで栽培して、食べ方やレシピを覚えよう!

きゅうりは栄養が無い野菜なんて考えは古い!きゅうりをプランターで栽培して、食べ方やレシピを覚えよう!

お料理のメインにはならずとも、漬物やおつまみとして大好きな人も多いキュウリ。家庭菜園でも、初心者にも育てやすいと言われています。名脇役がゆえに、意識して摂ることが少ないかもしれないキュウリですが、そんなキュウリの効能やレシピを知ったら、毎日摂りたくなるかも?
24 view
おすすめの散水ノズルとは?洗車用?園芸用?散水ノズルの選び方をご紹介

おすすめの散水ノズルとは?洗車用?園芸用?散水ノズルの選び方をご紹介

戸建てガーデンの方は、ガーデニングの水やりをじょうろで行うと大変ですよね。ホースに散水ノズルなどの散水パーツを付けて水やりを行うと、一度に広範囲の水やりができます。しかし、どんなものを使えば良いのでしょうか。今回は散水ノズルの選び方やおすすめの商品をご紹介します。
2,086 view
保水剤とは?お花の水やりの手間が半減!園芸用の保水剤で毎日の水やりを楽にしよう

保水剤とは?お花の水やりの手間が半減!園芸用の保水剤で毎日の水やりを楽にしよう

ガーデニングにおいて、毎日の水やりは重労働です。そんな水やりを楽にしてくれる画期的なアイテム、保水剤をご存知ですか?水やりの手間を軽減し、回数を減らすことができます。今回は、保水剤の使い方やおすすめの保水剤をご紹介します。
1,294 view
バジルの栽培方法とは?種まき・収穫時期や肥料・用土などバジルの育て方をご紹介

バジルの栽培方法とは?種まき・収穫時期や肥料・用土などバジルの育て方をご紹介

バジルはトマトやチーズ、オリーブオイルとの相性がよく、イタリア料理に欠かせないハーブのひとつ。甘くフレッシュな葉の香りを生かしたパスタやピザ、ソースなどでおなじみですね。カロテンやミネラルなどの栄養分を豊富に含んでいるので自宅で育て、たっぷり味わいたいもの。アブラムシにさえ注意すれば、あっという間に葉が茂り、簡単に育てることができます。初めて食用のハーブを育てるならバジルが一番オススメですよ。
544 view

この記事のキーワード