2018年11月1日 更新

マトリカリア(フィーバーフュー)の育て方は?肥料や用土など種・苗から育てるマトリカリアの栽培方法

ヨーロッパでは16世紀頃から栽培され、熱を下げるハーブ、フィーバーヒューと呼ばれ親しまれてきたというマトリカリア。夏に白いキクに似た花を咲かせることからナツシロギクという和名がつけられました。現在は花壇や寄せ植えに利用しやすい草丈の低いもののほか、切り花用の草丈の高いものや、斑入り葉のもの、葉が黄色のものなども登場しています。葉には独特に香りと苦みがあり、昆虫も嫌うほどといいます。

27 view

マトリカリアとは?

 (14554)

キク科の多年草で、現在はタナセツム属ですが、明治時代渡来した当時、学名がマトリカリアだったことから現在もこの名前で呼ばれています。マトリカリア属で有名なものにはカモミールの名前で親しまれている一年草のジャーマン・カモミールがあり、どちらもキクに似た花を咲かせます。ガーデニング業界でマトリカリアとして扱っているものの多くはナツシロギクのことです。
秋に植えつけし、翌春に開花します。夏の高温多湿に耐え、夏越しできれば翌春また開花しますが、日本の夏を越せず、2年草として扱われている植物です。

マトリカリアの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

タネまき期: 9月~10月
植えつけ期:3月~4月、10月~11月
開花期:5月~7月
※関東地方以西基準

置き場所

日あたりの良い場所を好みます。冬は強く凍らない場所で越冬させます。庭植えの場合、株元を腐葉土などで覆い防寒しましょう。

水やり

地植えの場合、乾燥したら与えます。鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。

栽培のポイント

排水性の良い栄養分を含んだ土を好み、酸性土を嫌うので、庭植えする場合は苦土石灰等で酸性を中和し、腐葉土やバーミキュライトなどをすき込んでから植えつけます。鉢植えの場合は市販の草花用培養土が便利です。春先か秋に園芸店に出回る苗を購入して植えつけるのが手軽ですが、9月頃にタネまきして育てることもできます。開花前後の春と秋にリン酸成分の多い化成肥料等を与えると花つきがよくなります。

夏の暑さに弱いので、気温が高くなってきたら風通しの良い場所で管理するのがオススメ。また株元にできる太い新芽を切って挿し芽にすると手軽に殖やすこともできます。5月頃から花が咲き始めますが、開花後の花や傷んだ花は株元で切戻し風通しよく管理しましょう。タネと取る場合は花後、小さな紙袋などで覆い熟した頃に茎ごと切って採取します。病害虫も少なく初心者でも育てやすい草花のひとつです。

主な病害虫

害虫:アブラムシ ハダニ
病気: 特になし

マトリカリア栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

地力を高める有機質やミネラルをたっぷり配合 

特選有機 花ごころ培養土 12L

特選有機 花ごころ培養土 12L

いろいろな植物にそのまま使える培養土。地力を高める堆肥やココナッツファイバー、バーミキュライトなどの土壌改良素材をブレンドしています。効き目が穏やかで肥効期間が長いIB肥料と海藻成分のミネラルとカルシウムの効果で根張りを良くします。

リン酸成分多めで花つきよく大きく育てる

ハイポネックス 原液 800ml

ハイポネックス 原液 800ml

植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合し、いろいろな植物の花色・葉色を良くします。肥料が切れると花つきも悪くなるので、生育期間中は定期的に施しましょう。

いろいろな花の虫や病気に

ハイポネックス ヒットゴール液剤AL 950ml

ハイポネックス ヒットゴール液剤AL 950ml

いろいろな花や樹木、観葉植物の虫や病気に。幅広い植物のアブラムシ類の防除に有効です。殺菌成分も含まれて、うどんこ病や白さび病、アブラムシ類、チャドクガ(ケムシ)、アオムシの防除に使うことができます。そのまま使えるスプレータイプ。簡単に散布できます。

株元からカットして風通しの良い場所に吊るし、ドライフラワーにしても楽しめます!

 (14575)

花芯部が盛り上がり、こんもりとした花を咲かせるマトリカリア。細い茎に小さな八重咲きの花が密集する「ホワイトワンダー」やポンポン咲きの「べグモ・スノーボール・エキストラ」などは切り花用として人気です。シンプルな一重咲きのものはハーブのフィーバーヒューとして販売されることも多く見られます。
洋風の庭はもちろん和風の庭にプラスしても愛らしいマトリカリア。環境があえば大きくこんもりと育つので、花壇や寄せ植えにプラスしてみて。開花期間中、株元からカットして風通しの良い場所に吊るしドライフラワーにして楽しむこともできますよ。たくさん育てて愛らしい花いっぱいの花壇をどうぞ。薬草として利用されていることから「鎮静」などの花言葉があります。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
15 view
愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
19 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
40 view
ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

ブッドレアの育て方は?肥料や用土など、鉢植えでもできる品種豊富なブッドレアの栽培方法

藤色や紫、白などの円錐形の長い花穂が個性的なブッドレア。美しく甘い香りのする花には蜜があり、チョウやハチなどが集まってくることからバタフライブッシュの別名があります。日本に自生する品種もありますが、園芸店で出回っているものはヨーロッパで改良されたものが多く、洋風の庭にも和風の庭にも合わせやすい花木として人気があります。育てやすく生長も早いので初心者向き。品種にもよりますが、春に植えつければ、夏から秋にかけて花が楽しめます。
31 view

この記事のキーワード