2018年10月26日 更新

四角豆(シカクマメ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料・用土など種からも苗からもできる四角豆の育て方

別名「うりずん豆」とも呼ばれ、沖縄で多く栽培されている四角豆。近年は、地方の伝統野菜が注目を集めていて、四角豆もそのひとつ。主に若いさやを食べますが、実は、葉や花、種、イモ(塊根)の全てを食べることが出来るんですよ。暑さに強く旺盛に伸びるツルの特性を生かして、最近はグリーンカーテンとしても活用され始めています。今夏は四角豆で涼をとりながら秋に収穫する、そんな一石二鳥の楽しみ方をしてみませんか?

107 view

四角豆(シカクマメ)とは?

 (9495)

実の断面にひだがついて四角い形をしている「シカクマメ(四角豆)」はツル性のマメ科の夏野菜で、熱帯アジアが原産。そのユニークな形から、英語では「winged bean(翼のある豆)」、沖縄では「うりずん豆」「シカクマーミ」と呼ばれています。

四角豆は、日本では1960年代の後半から沖縄で栽培が開始されました。種まき、または苗を植えつけた後、8月上旬頃に淡青色のスイートピーに似た花を咲かせます。9月頃にできる15cmほどの若いさやを収穫してくださいね。

コリコリとした食感が楽しく、あっさりとした味わいですよ。茹でて、炒めものやサラダ、和え物にして食べると美味しいですよ。加熱し過ぎると色がくすむので、あざやかな緑色を楽しむには短時間で加熱調理するのがポイントです。

四角豆(シカクマメ)の育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

収穫期:7月下旬~10月中旬
種まき期:5月~6月上旬
※関東地方以西基準

置き場所

四角豆は太陽が大好きなので、日が良く当たる場所で育てましょう。15℃以上であれば良く育ちます。夏場の蒸れを防ぐため水はけと風通しが良いこともポイントです。

水やり

土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。

栽培のポイント

四角豆の植えつけから収穫までの期間は40~50日と比較的短くスピーディー。種からでも苗からでも育てることができますよ。上手く育てる自信がない人は苗の方が失敗がなく安心です。上手に育てるコツは十分暖かくなってから種をまくこと。種をまいてから発芽するまでは乾かないようにしましょう。

発芽後1~2本立ちにし、本葉が3~4枚になった頃に植えつけます。生育中の夏の間は十分に水やりを行い、つるが伸びてきたらネットや支柱を立てて誘引しましょう。花が咲いたら肥料を少し与えると実つきが良くなりますよ。

さやの長さが15cm位になったら収穫どき。大きくなり過ぎるとさやが硬くなるのでタイミングを逃さないようにしましょう。10月下旬頃、株全体の葉が枯れ始めた時がイモ(塊根)の収穫適期。イモを掘り出してみましょう。
※四角豆はマメ科です。マメ科は毎年植えると連作障害を起こします。翌年は別の場所か新しいプランターに植えてあげてくださいね。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ヨトウムシ、フキノメイガなど
病気:炭そ病、菌核病

四角豆(シカクマメ) 栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

栽培に失敗しない!プロが配合した有機質入りの培養土

みんなの花と野菜の土 | 土・肥料事業部|花ごころ

756
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
ココナッツファイバーや木質堆肥などの有機素材を多く配合し、安心して使える培養土です。独自の土壌改良剤や有機緩効性肥料分も配合され、長期間、植物の生育を助けます。

速効性と持続性を兼ね備えた使いやすい粒状肥料

マイガーデン ベジフル 700g  住友化学園芸

マイガーデン ベジフル 700g 住友化学園芸

ばらまくだけで、野菜の元肥や追肥に使用できます。腐植酸配合で土に活力を与え、保水性や通気性も高めてくれます。

化学殺虫成分不使用!食品成分で作られた殺虫殺菌剤

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー 420ml

住友化学園芸 ベニカマイルドスプレー 420ml

イヤな臭いもなく、さまざまな野菜、果樹に使えます。有機JAS規格(オーガニック栽培)でも使える食品成分の殺虫殺菌剤で、アブラムシ類、ハダニ類、うどんこ病を包み込んで退治します。薬に抵抗性のある病害虫にも効果的です。

四角豆は種で増やせる!翌年は自分で採った種で育ててみては?

 (9524)

四角豆は種で殖やせます。株にさやを少し残しておき、茶色く枯れたらさやの中に入っている茶色の種を取り出してみてください。苗栽培に成功したら、翌年はステップアップして自分で採った種で育ててみるのも楽しいものですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
23 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
34 view
山椒(サンショウ)の育て方は?苗木の植え付け・収穫時期や肥料・用土など山椒の栽培方法

山椒(サンショウ)の育て方は?苗木の植え付け・収穫時期や肥料・用土など山椒の栽培方法

ウナギ料理や七味唐辛子でおなじみのサンショウ(山椒)。スーパーで購入すると高価ですが、自宅で育てて収穫すれば新鮮なうえ香りも豊か! しかも、木の芽と実の両方をたっぷりと味わえてお得です。料理の名脇役であるサンショウの栽培にチャレンジしてみませんか?
85 view
唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

唐辛子(トウガラシ)の栽培は種から?苗から?植え付け・収穫時期や水やり、肥料・用土などとうがらしの育て方

刺激的な辛さのあるハバネロなど、辛みのある仲間を総称して唐辛子(トウガラシ)と呼ばれています。辛みのないピーマンやパプリカ、シシトウなどは甘唐辛子(sweet pepper)と呼んで区別されています。高温多湿の日本の夏にも耐える夏野菜の代表格で、ビタミン類やカプサイシンなどの栄養を含み、香辛料や野菜として活躍してくれます。初心者でも育てやすい野菜のひとつなので、庭やベランダでひと株、プランターなどで栽培してみては。
157 view
ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

ピーマンの栽培はプランターで苗からがおすすめ?収穫時期や水やり、肥料・用土などピーマンの育て方

日本では辛みのないトウガラシの仲間を甘トウガラシ=ピーマンと呼んでいます。熱帯原産で暑さに強く、日本の夏も旺盛に生育して次々と収穫できます。日当たりと水はけのよい環境なら病害虫も少なく、初心者でもプランターなどで手軽に栽培が楽しめます。カロテンやビタミン類が多く、健康野菜としても人気のピーマン。無限ピーマンなどおいしいレシピも多いですね。5月に苗を購入して植えつければ、6月には収穫できはじめ、10月頃まで長期間収穫できます。
170 view

この記事のキーワード