2018年10月17日 更新

初心者必見。シクラメンの育て方とシクラメン育成に便利なガーデニング用品

冬に花を咲かせるシクラメン。お庭やお部屋が寂しくなりがちな季節を彩ってくれる、可愛らしいお花です。比較的育てやすいので、ガーデニング初心者にもおすすめ。今回はシクラメンの育て方とあったら便利なアイテムをいくつかご紹介します。

7,866 view

シクラメンとは?

 (167)

ピンクや赤、白や紫などたくさんのカラーバリエーションがあり、私たちの目を楽しませてくれるシクラメン。
サクラソウ科、シクラメン属の多年草です。
鉢植えされている株を購入するか、種ではなく球根から育てます。

耐寒性が高く低い気温を好むので、日本では冬に開花します。
霜に当たると枯れてしまうので、基本的には鉢植えにして室内で育てます。
冬に花をつける植物は少ないので、寂しくなりがちな部屋を明るくしてくれますよ。

原産はヨーロッパの地中海周辺。
現地では涼しい雨季に開花するので、日本では開花時期が冬になるというわけですね。

シクラメンの育て方

 (169)

基本的な生育のサイクル

●11月~3月
開花時期

●3月~6月
鉢植え時期

●6月~9月
夏越し・植え替え時期

●9月~11月
生育時期

※気温や植物の状態により前後します。

置き場所

【秋・冬】
シクラメンの適温は15~20℃程度なので、室内で育てるのが基本です。
しかしリビングなどの常に暖房が効いている部屋は、シクラメンにとっては暑すぎてしまいます。廊下や玄関など、涼しい場所で管理しましょう。

ただ寒い場所を好むと言っても日光は必要なので、部屋の中でも暖房が当たらないような窓際がおすすめです。
窓際で管理する場合は、夜冷えすぎてしまわないように、厚手のカーテンで寒気を遮るか、夜間だけ場所移動をするなどして、シクラメンが凍えないような工夫が必要です。

【春・夏】
直射日光が当たらない涼しい場所で管理しましょう。
日中は遮光ネットなどを活用すると安心です。

水やり

土が乾いたら葉や花を避けて、水差しでゆっくりと水を与えてください。
鉢の底から水が流れ出るくらい、たっぷりとあげましょう。受け皿に流れ出た水は必ず捨てててください。そのままにしてしまうと、根腐れする可能性があります。

上からざばざば水をあげてしまうと、葉が傷んでしまうので気を付けましょう。

開花後の注意点

枯れた葉や花はこまめに取り除きましょう。放っておくと病気の原因になります。
はさみは使わず根元を指でつまみ、優しくひねりながら引き抜くように根元から摘み取ってください。

葉が増えてきたら、できるだけ多くの葉に日光が当たるように、葉の位置を調節しましょう。これを「葉組み」と言います。

夏を越す方法

【休眠させる方法】
夏を越す方法は2通りありますが、1つは苗を休眠させる方法です。
花が咲き終わったら水やりの回数を減らしていき、新しい葉が出なくなったら水やりをやめて、涼しくて雨が当たらず、風通しの良い場所に保管します。
9月ごろから水やりを再開し、植え替えを行ってください。
湿度が高い場所だと球根が腐ることがあります。気を付けましょう。

【休眠させない方法】
花が終わりかけの時期に、ひと回り大きな鉢に植え替えをします。
直射日光を避けて涼しい場所で管理し、水やりは通常通り行ってください。
病気や害虫などのリスクが高く難しい方法ですが、成功すれば前年よりも大きな株に育ちます。

あると便利!シクラメン育成に便利なアイテム

ガーデンシクラメン・シクラメンの土

花ごころ ガーデンシクラメンの土 5L

花ごころ ガーデンシクラメンの土 5L

シクラメンの生育に適した、シクラメン用の培養土です。
花をつきやすくしてくれるリン酸と、水を腐りにくくしてくれるゼオライトが配合されています。
自分で土の配合をしなくていいので、ガーデニング初心者の方にとくにおすすめですよ。

シクラメン・ベゴニア用の肥料

ハイポネックス キュート シクラメン・ベゴニア用 150ml

ハイポネックス キュート シクラメン・ベゴニア用 150ml

シクラメンなどの、たくさん花が咲く植物に適した肥料です。
薄めずにそのまま使用できるので、とても便利です。
使いやすいように、口が細長くなっているのが嬉しいですね。

シクラメン用の活力液

シクラメンの底面給水活力液 花ごころ 1L

シクラメンの底面給水活力液 花ごころ 1L

シクラメン用の活力液です。
開花時期や生育時期など、時期を選ばずに使用できるのが強み。
元気がなくなってしまったシクラメンに使用してあげましょう。

そのまま使える花工場

住友化学園芸 そのまま使える花工場 シンビジウム・シク...

住友化学園芸 そのまま使える花工場 シンビジウム・シクラメン用 700ml

シクラメンや シンビジウムに使用できる液体肥料です。
こちらも薄めずに使用できます。
700mlと大容量なので、たくさんの鉢を同時に育てている方におすすめです。

ベニカXスプレー

住友化学園芸株式会社 ベニカXスプレー/1000ml

住友化学園芸株式会社 ベニカXスプレー/1000ml

スプレータイプの農薬です。
シクラメンはアブラムシの被害に合いやすいので、農薬を1つ用意しておくと安心ですね。
「ベニカXスプレー」は害虫だけでなく、うどんこ病や黒星病にも効果を発揮します。

ハイポネックス原液

ハイポネックス原液殺虫剤入り 450ml

ハイポネックス原液殺虫剤入り 450ml

肥料とアブラムシの殺虫剤が一緒になった、便利な液体肥料です。
薄めて株元に流すだけと、使い方も簡単ですよ。

ガーデニングを楽しもう!

 (170)

シクラメンの育て方やおすすめの商品をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
上手に育てれば、長い付き合いになるシクラメン。
初心者でも育てやすいですし、ご紹介したシクラメン用のガーデニング用品を使用すれば、さらに難易度が下がります。

物悲しい気持ちになる冬ですが、お部屋にシクラメンが咲いていれば、きっと気分も晴れやかになるはず。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
41 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
271 view
植物をラクして育てたい人に最適!“クロレラ”配合の便利商品ご紹介!

植物をラクして育てたい人に最適!“クロレラ”配合の便利商品ご紹介!

驚異的な生命力を持つクロレラは人間の健康促進効果があることはよく知られていますが、植物の発育促進や豊かな土作りにも効果的な働きがあることをご存知でしょうか?今回はそんなクロレラの魅力やクロレラのパワーが詰まった「クロレラの恵み」シリーズについてご紹介します。
187 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

サクランボの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
29 view
桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

桃の栽培方法は?剪定・収穫時期・病気害虫対策・肥料・土壌など、桃の育て方をご紹介

生長が早く、鉢植えでも育てられるモモ。病害虫が多いので、注意が必要です。植えつけた後、1年あれば実をつけ始めるのが魅力。多くの品種がありますが、家庭で栽培するなら6月頃から収穫が楽しめる早生品種 「ちよまる」や「ひめこまつ」などの品種が初心者向きでおススメです。4月上旬に開花したあと6月から実をつけ始めます。モモは1本だけでも結実してくれる自家結実性。自宅で栽培すれば、旬の時期には完熟したモモが存分に堪能できます。
29 view

この記事のキーワード