2018年10月26日 更新

ジャーマンアイリスの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えもできるジャーマンアイリスの栽培方法

天を向いてスラリと茎が伸び、フリルのような大きな花びらを風になびかせながら咲くジャーマンアイリス。虹色に輝く大輪花は美しく、遠くから眺めても絵になります。その洗練された花姿から、庭をより素敵に見せてくれる花として近年、注目を浴びています。あなたも庭に取り入れて、ワンランク上の庭づくりを目指してみませんか?

91 view

初心者にぴったり!たくさんの種類があるジャーマンアイリスとは?

 (8310)

ジャーマンアイリスは、約200種類あるアヤメ科のアイリスのうち地植えで楽しめるよう交配により生み出された園芸品種。そのためアイリスの中で最も華やかで、たくさんの品種が存在します。

別名「虹の花(レインボーフラワー)」と言われる通り、白や赤、黄、オレンジ、青、紫、ピンクなど、多彩な花色が揃いますよ。品種によっては上下で花びらの色が異なったり、覆輪になったりとバリエーションもさまざま。

草丈も10~20㎝のミニタイプから1mほどの高性種まで、大きさもバラエティーに富んでいます。そのうえ丈夫で育てやすいので、まさに初心者にぴったりの花といえますね。

ジャーマンアイリスの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え期:8月~10月
開花期:5月~6月(一部は10月~11月にも開花)
※関東地方以西基準

栽培環境 置き場所

日当たりと水はけのよい場所を好みます。高温多湿や日照不足だと病気が発生しやすくなるので、乾燥気味に管理しましょう。

水やり

鉢植えの場合は、地面の表面が乾いたらたっぷり与えます。
地植えの場合、水やりは特に必要ありません。

栽培のポイント

ジャーマンアイリスは、鉢でも育てられますが庭に植えるのが一般的です。
地植えの場合は、高台や傾斜地、盛り土をした場所など、乾きやすい場所に浅く植えるのがコツ。もともと丈夫な植物なので、日当たりと風通しと水はけの良い場所に植えれば簡単に育ちます。

球根の植えつけ適期は3月と9月下旬の年2回ありますが、秋に植えた方が根の張りが良く、春よりも一回り大きな花を咲かせてくれますよ。

植える際は、芽を上へ向け、球根の半分が上に出るようにして植えつけましょう。芽が出たら良く光が当たるようにして管理してくださいね。

特に注意したいのは肥料の与え過ぎによる病気の発生です。ジャーマンアイリスは肥料を与えなくても十分に株が茂り、花をさかせるほど強健な植物です。

芽が動き始めたら緩効性の固形肥料を控えめに与えるか、生育期間中に液肥を数回与えれば十分です。花が咲き終わったら早めに花がらや枯れ葉を摘み取って清潔に保ち、快適な生育環境を作ってあげてくださいね。

堀り上げ・植え替えは2~3年に1度、花後の7~8月に行いましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:軟腐病

ジャーマンアイリスを育てるためのおすすめの用土、肥料、薬剤

天然成分配合で元気に育つ培養土

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

花ごころ プレミアム花ちゃん培養土 25L

木質堆肥やココナッツファイバーなどの天然成分を原料にオリジナルの有機資材や海藻成分等もプラスされ、そのまま植えれば元気に育つ培養土。球根栽培にも安心です。

ゆっくり長く効果が持続。植物の生育を助ける

ハイポネックスジャパン:マグァンプK中粒 600g

ハイポネックスジャパン:マグァンプK中粒 600g

植えつけ、植え替え時に混ぜるだけでOK。1度混ぜ込めば1年間効果が持続。根に直接触れても肥料やけの心配もありません。ジャーマンアイリスの生育を助け、花つきを良くします。

ジャーマンアイリスのアブラムシ退治には

カダンプラスDX  250ml フマキラー

カダンプラスDX 250ml フマキラー

アブラムシ類やハダニ類にはこの薬品を。病気の発生の予防効果もあり、すばやい殺菌効果で葉のすみずみまで浸透します。

ジャーマンアイリスのお気に入りの種類を探してみよう

 (8340)

開花中は見た目だけでなく、さわやかな柑橘系の香りも楽しめるジャーマンアイリス。最近は、暑さや寒さ乾燥に強く豪華な花姿の「コンジュレーション」や白地に黄色の覆輪が入る「リングアラウンドロージー」が人気です。品種がとても多いので、お気に入りを見つけてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

チューリップの育て方!球根の植え方や開花時期、土や肥料の選び方をご紹介

春に咲きほこる、球根植物の代表格ともいえるチューリップ。品種により、開花期間や色などさまざまです。今回は、チューリップを球根から育てるときに適した培養土選びや水やりなどの管理方法、鉢植えの場合におすすめのプランターや置き場所、植え付けの方法などをご紹介します。
43 view
ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
36 view
ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ルピナスの育て方は?種から栽培!様々な種類のルピナスの豪華な花でガーデンや寄せ植えを楽しもう!

ピンクや赤、オレンジ、白、黄、紫など多くの花色があり、華やかな花穂が個性的なルピナス。大型のものは初夏の花壇の後段に植えると見栄えがします。草丈30㎝前後の「テキセンシス」は寄せ植え等にプラスすると素敵。清涼感を感じさせるルピナス。多くの園芸品種が揃い、春先には苗も多く出回ります。初夏の花壇や鉢植えなど、ちょっと個性的にしたい時にぴったりの植物です。
20 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
40 view
オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

オミナエシ(女郎花)の育て方 黄色い小花がまとまって咲く姿が美しい

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかない恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
46 view

この記事のキーワード