2018年11月28日 更新

ネモフィラの育て方は?苗から育てる?種まき時期や肥料、用土など鉢植えでもできるネモフィラの栽培方法

澄んだ空を思わせる淡いブルーの小花は、目を釘づけにするほどの美しさ。早春から初夏まで花壇やコンテナを愛らしく彩ってくれますよ。枝が細かく分かれしながらこんもりと茂るので、いくつか株を寄せて植え、あふれるように咲かせると見事です。

花壇にぴったりのネモフィラとは?

 (7264)

アメリカのカリフォルニア州を原産とするムラサキ科の一年草です。11種類の原種がありますが、店先で良く目にするのは、花の中心部がくっきりと白く、花びらが淡いブルーに染まった「インシグニス」という品種。白と青のコントラストが素晴らしく、一目ぼれする人も多い人気種です。

そのほか白い花びらに紫色の斑点が入った「ネモフィラ・マクラータ」、黒っぽい花びらに白い縁取りが入った「ペニー・ブラック」もおすすめ。

淡いブルーをメインにするとナチュラル風に、ブラック系をメインにすると大人っぽい雰囲気に仕上がりますよ。

いずれも草丈が低く、横に広がるように小花が咲くので、野原のような風景を簡単につくることができます。

ネモフィラの育て方

基本的な生育のサイクル

種まき期:9月中旬~11月中旬
植えつけ期:2月中旬~4月
開花期:4月~5月

置き場所

日当たりの良い場所で管理します。

水やり

多湿は根腐れや病気の原因となります。土が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。

栽培のポイント

あらかじめ元肥を混ぜ込んだ水はけ、水もちの良い培養土に種をまくか、苗を植えつけます。
秋まきが一般的ですが、寒冷地では春まきもできますよ。

苗の場合は、移植する時に根を切らないよう注意してくださいね。
ネモフィラは、日当たりが良く5~20℃ぐらいの冷涼な場所で風通し良く育てましょう。

地植えの場合、肥料はほとんど必要ありません。肥料が多いと枝や葉が茂りすぎて蒸れてしまうので、控えめに与えるのがコツ。

鉢植えの場合、日々観察しながら育ちが悪い時は追肥を与えましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ
病気:灰色かび病

ネモフィラを育てるための用土、肥料、薬剤をご紹介

ネモフィラを植えつける用土はこれがおすすめ!

花ごころ 特選有機花ごころ培養土 12L

花ごころ 特選有機花ごころ培養土 12L

土壌改良と肥料の両方の効果を持つ有機資材。土に配合された海藻成分のミネラルとカルシウムの効果で根張りがよくなり、じっくり効き目が表れて骨太の植物が育ちます。

ネモフィラの生長を助ける肥料

ハイポネックス原液 800ml

ハイポネックス原液 800ml

原液なので水で薄めてネモフィラの根本や周辺に7~10日おきに1回与えます。元気に育つために必要な15種類もの栄養素がバランスよく配合されているので、葉や花がピッカピカになりそう!

ネモフィラの病害虫の予防と退治に!

ホームセンターブリコ ヤフー店 - 住友化学園芸 家庭園芸用GFオルトラン粒剤 1kg(袋入) (宅配便配送のみ)|Yahoo!ショッピング (7290)

つぶつぶの粒剤を容器から根本や植溝、周辺にばらまくだけで広範囲の害虫に効き目が持続するスグレモノ!アブラムシやヨトウムシ、アオムシなど、あっという間に枝や茎、葉を食い荒らす害虫の防除に適しています。

初心者は苗からがおすすめ!

 (7294)

種からの栽培も比較的簡単ですが、初心者は苗から育てた方が手軽で失敗がありませんよ。

早春から春にかけて、花や蕾がついた苗が店頭に出回ります。混色で販売されている場合もあるので、花色や品種を確認してから購入してくださいね。

苗はコンパクトで茎の数が多いものを選ぶと良いですよ。この春は、ぜひネモフィラを庭に取り入れて、さわやかな配色を楽しんでみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

ブルーデージーの育て方は?冬越しが心配なら鉢植えで!寄せ植えでも楽しめるブルーデージーの花とは?

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
1,019 view
プリムラ(ジュリアン、ポリアンサ)の育て方は?肥料や用土など地植え・鉢植えできるプリムラの栽培方法

プリムラ(ジュリアン、ポリアンサ)の育て方は?肥料や用土など地植え・鉢植えできるプリムラの栽培方法

中国やヨーロッパ原産のサクラソウの仲間のプリムラは、花の少なくなる秋から春まで、長期間花を楽しませてくれるものが多く、冬を彩る花として人気があります。耐寒性のあるもの、耐暑性のあるもの、品種によってさまざまですが、ポリアンサのなかで花も株も小さめの種類はジュリアンと呼ばれ人気です。
491 view
ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーはケシの仲間の総称で4〜6月の春から初夏にかけて花を咲かせます。長い茎の先に明るい色の花をつけて、ゆらゆらと風にそよぐ姿が可愛らしいですね。ポピーには約150の種類があり、園芸品種として親しまれているのは麻薬成分が含まれないヒナゲシ、ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシ、アイスランドポピー、オリエンタルポピーなど。特にオリエンタルポピーは豪華で大きな花を咲かせるため、地植えの草花として人気があります。
608 view
冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
3,022 view
ビオラの育て方とは?冬越しは大丈夫?春の寄せ植えに欠かせない! ビオラとパンジーとの違いは何?

ビオラの育て方とは?冬越しは大丈夫?春の寄せ植えに欠かせない! ビオラとパンジーとの違いは何?

寒い冬でも、街中で咲く色とりどりの小さな花「ビオラ」。別名「花壇の女王」と言われるビオラの品種は実に多く、毎年新種が出るほど。他の草花とも相性が良く、その強さはガーデニング初心者の栽培にもおすすめです。パンジーを経験した方は、次はビオラに挑戦してみましょう。
839 view

この記事のキーワード