2018年10月17日 更新

ニンジン(人参)をタネから栽培!種まき、収穫の時期や必要な肥料は?ニンジンの育て方をご紹介

根の部分を食べることが多いニンジンですが、実は葉にもβカロテンがたっぷり含まれています。自分で育ててれば若採りの葉を収穫して味わえ2度楽しめます。近年はミニニンジンなどの種も出回り、プランターでも栽培できるようになりました。発芽さえ成功すれば栽培はさほど難しくないですよ。

140 view

いろいろ使えるニンジンって?

 (5696)

ニンジンは、セリ科ニンジン属の緑黄色野菜。原産地は中央アジア、アフガニスタンの山麓といわれ、ヨーロッパに伝わった西洋種とアジアに伝わった東洋種があり、現在主流となっている西洋種はニンジン特有のくさみが少なく甘みも強いため人気です。

一般的なオレンジ色の五寸ニンジンのほか濃い赤色の金時ニンジン、黄色い島ニンジン、紫ニンジン、小ぶりなミニキャロットなど色々な品種があります。

最近は甘みが特に強くカロテン含有量を豊富に含む高機能ニンジン「ベータ―リッチ」や「京くれない」などが注目されています。料理をする際は皮ごと使うと栄養を効率的に摂取できますよ。

ニンジンの育て方

基本的な生育のサイクル

種まき期:3月中旬~4月、6月下旬~8月上旬
収穫期:7月~8月(春まき)、11月~2月(夏まき)
※気温や植物の状態により前後します。

置き場所

日当たりと水はけの良い場所で、比較的冷涼な気候を好みます。

水やり

発芽するまでは土を乾燥させないようこまめに水やりをするのがコツ。芽が出た後は土の表面が乾いたら与える程度で大丈夫です。

栽培のポイント

生育適期は春と秋。根の長さが15~20cmの短根種(西洋種)が栽培しやすくおすすめです。
ニンジンは発芽しにくいため、種まきを成功させるのがポイント。

土に元肥を混ぜ込み、種をまいたら軽く土で覆い水を与えます。
本葉が1~2枚出てきたら株間が3cmになるように1回目の間引きをし、追肥し土寄せを行います。本葉が3~4枚になったら株間が5~6cmになるように2回目の間引きをし、追肥し土寄せを行います。1週間に1回、液体肥料を与えるとより効果的。

発芽後はゆっくり生長し、養分が詰まったニンジンに育ちます。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ネコブセンチョウ、夏や秋はコオロギ
病気:うどんこ病、葉の枯れによる黒葉枯病

ニンジンを育てるのに必要なものとは?

ニンジンに必要な用土

特選有機培養土 12L〔リットル〕 【花ごころ】

特選有機培養土 12L〔リットル〕 【花ごころ】

野菜やいろいろな植物にそのまま使えます。地力を高めるココナッツファイバーなどの土壌改良素材を配合。 効き目が穏やかで肥効期間が長いIB肥料と海藻成分のミネラルとカルシウムの効果で、根張りをよくします。

野菜に適した肥料

ハイポネックス 野菜の錠剤肥料 250g

ハイポネックス 野菜の錠剤肥料 250g

土の上に置くだけの錠剤の肥料。臭いも少なく使いやすいのが特長。速く効く成分とゆっくり効く成分を含み、約1~2ヵ月効果が続き、野菜を丈夫に育てます。 ニンジンの栽培にも最適ですよ。

おいしいニンジンになる肥料

花ごころ 土にやさしい健康野菜の肥料 2kg

花ごころ 土にやさしい健康野菜の肥料 2kg

いろいろな野菜に使える万能肥料です。 もちろんニンジンにも使えます。
まきやすい小粒タイプです。有機質をたっぷり含み、おいしい野菜を育てます。

ニンジンの害虫対策に

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

住友化学園芸 ベニカベジフルスプレー 420ml

野菜と果樹の害虫退治に。害虫の発生を長く予防します(アブラムシで約1か月)。春野菜から冬野菜まで幅広く使えます。

自分で育てたニンジンで、いろいろな料理に

 (5721)

自分で育てたニンジンを使って、ご飯のおかずだけではなく、キャロットケーキなどのおやつづくりも楽しそうですね。お子様と一緒につくったキャロットケーキを家族で食べるなんて素敵ですね。ぜひ挑戦してみてください!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

大根(ダイコン)の栽培方法は?種まき・収穫時期や肥料、害虫・病気など、種類豊富な大根の育て方をご紹介

全国各地にいろいろな地方品種があり、日本人に古くから親しまれている根菜の大根。ビタミンB、C、D、Eなど、さまざまな栄養を含む健康野菜としても知られています。根だけでなく葉も食べられ、捨てるところがありません。クセがないので、自分で栽培してさまざまな料理に活用して味わいたいものですね。
173 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
43 view
栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

栄養満点のエシャレット栽培に挑戦しよう!らっきょうやエシャロットとの違いとは?

エシャロットとは、若採りのラッキョウのこと。ラッキョウは生食できますが、固くて辛いため生食には適しません。そこで、生食用として改良された品種がエシャレット。「ラッキョウ」と「エシャレット」は呼び方が異なるだけで、同じ野菜です(ただし、エシャロットはベルギー・エシャロットのことで、小型タマネギのことをさします)。エシャレットは薄皮がついておらず食感もやわらかいので、水で洗えば、そのままおいしく食べることができますよ。主に、西洋料理の香味野菜としてよく利用されています。
45 view
小松菜(コマツナ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土など小松菜の育て方

小松菜(コマツナ)の栽培方法は?種まき・収穫時期や水やり、肥料・用土など小松菜の育て方

ビタミンC、ビタミンB、カロテン、カルシウム、鉄分を豊富に含み、緑黄色野菜のなかでも栄養価の高さでは群を抜いているコマツナ。鉄分やカルシウムはホウレンソウ以上、カルシウムにおいては牛乳に匹敵するほど優れた成分を持っています。そんな健康野菜を自宅で育て、スープや炒めものなどにして、たっぷりと味わってみてくださいね。
51 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
271 view

この記事のキーワード