2018年10月26日 更新

オキザリスの育て方は?鉢植えは植え替えが必要?肥料や用土など、球根・苗から育てるオキザリスの栽培方法

日本の環境に合っていることから、良く生長して葉が茂り、葉を覆うほど花がたくさん咲き誇るオキザリス。秋から春にかけて色とりどりの小さな花を咲かせます。オキザリスは乾燥にとても強く植えっぱなしでも元気に育つほど生命力の強い植物。日当たりの良い場所に植えれば、誰しも簡単に花を咲かせられるはず。そんな良いこと尽くしの花を是非育ててみてくださいね。

131 view

オキザリスとは?

 (9611)

オキザリスはカタバミの仲間で、春咲き、秋咲き、冬咲き、四季咲きとさまざまな品種があります。草丈も5㎝~30㎝のもの、花色も黄、白、ピンク、紫、オレンジ、複色と多種多様。花は夜や雨の時は閉じていて日中、日差しを受けると大きく開きます。

葉はクローバーに似た形をしていて、葉の色は緑、紫、黒っぽいものもありますよ。世界中に850種もの仲間が存在するなか、園芸種として親しまれているのは約20種ほど。

最近の人気品種は、明るいピンクが目を引く「桃の輝き」、白地の花びらの縁にクローバーピンクの覆輪が入る「バーシカラー」、濃い紫色の三つ葉が大人っぽい「紫の舞」など。好みの品種を選んで、鉢に寄せ植えをしてハンギングして飾ったり、庭にグランドカバーとして広くはわせれば、花と葉を両方楽しめるうえ雑草防止にもなりますよ。

オキザリスの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ、植え替え期:3月~4月中旬(春~夏咲き種)、9月~10月中旬(秋~冬咲き種)
開花期:1月~12月(四季咲き種)、5月~6月(春~夏咲き種)、10月下旬~2月(秋~冬咲き種)

置き場所

日が良く当たり、水はけの良い温暖な場所を好みます。

水やり

生育期と開花期は土の表面が乾いたらたっぷり水を与え、休眠中は乾燥気味に管理します。

栽培のポイント

オキザリスは乾燥に強く、滅多なことでは枯れません。さらに病害虫にも強く、初心者にはうってつけの植物ですね。一般的にはポット苗を庭に植えるか、大きめの鉢に植えて育てます。球根で育てることもできますが、1年目は花数も少なく鉢やポットに植え、1年ほど養成する必要があります。

初心者は、ある程度育ったポット苗を購入して植えつける方が簡単です。植えつけ時期は品種によって異なりますが、春や秋、草花向けの培養土に植えつけましょう。

植えつけ後は、水やりをする程度でOK。花が咲いた後も自然に分球して殖え、品種によってはタネや挿し芽でも殖やせますよ。鉢植えの場合のみ、2~3年すると根詰まりして生育が衰えるので休眠明けのタイミングで新しい鉢に植え直してあげましょう。

主な病害虫

害虫:特になし
病気:特になし

オキザリス栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

保水と排水のバランスを考慮した元肥入り培養土

花ちゃん培養土 5リットル

花ちゃん培養土 5リットル

ココナッツファイバーを配合し、オリジナルの有機資材をプラスした元肥入りの培養土です。リン酸成分の多い有機肥料を配合し、花つきを促します。

水で薄めて使用する即効性の液体肥料

住友化学園芸 花工場 原液 800ml

住友化学園芸 花工場 原液 800ml

植物の生育に欠かせない各種成分をバランスよく配合した、すばやい効きめの液体肥料。水で薄めて使用します。

さびのような粉が葉につくなど、異常が見られたら早めに薬剤を

サンケイエムダイファー水和剤 2g×10

サンケイエムダイファー水和剤 2g×10

病気はほとんど見られませんが、時折トリアングラリス種などに、さび病がつくことがあります。病気を見つけた時には早めに薬剤を。この薬剤は予防効果もあります。

秋から春まで3シーズン楽しめる花 オキザリス

 (9642)

オキザリスの花言葉は「輝く心」、「喜び」、「母親の優しさ」。花の少ない時期に可愛らしい小さな花が旺盛に咲く姿から、そんな風に表現されているのかもしれませんね。暑さには弱く、夏は花が枯れてしまいますが、秋から春まで3シーズンも楽しめる花はそう多くありません。花のある暮らしをしてみたい方は、ぜひ植えてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

クリスマスローズの育て方は?植え替え・株分け・肥料・種まき・土など、クリスマスローズの育て方をご紹介

うつむいて咲く姿がとても可憐なクリスマスローズ。控えめで気品ただよう花で、咲き方・花形・花色が豊富でとても魅力的。“冬の貴婦人”とも呼ばれ、バラに次いでファンの多い冬の多年草です。好みのクリスマスローズを手に入れて、冬枯れの庭をおしゃれに彩ってみませんか。
11 view
アベリアにはどんな種類の花がある?剪定・挿し木・植え替えは?生垣や植栽に重宝されるアベリアとは?

アベリアにはどんな種類の花がある?剪定・挿し木・植え替えは?生垣や植栽に重宝されるアベリアとは?

花色や葉色の種類が豊富で、品種選びを楽しめる花木「アベリア」。大気汚染や乾燥に強いため、昔から公園の垣根や街路樹で重宝されてきました。最近は暑さや寒さ、病害虫に強く、花が長く咲き続ける丈夫で育てやすい、ローメンテナンスプランツのひとつとして注目されています。一旦、定植すれば放っておいても大丈夫。手間がかからず見映えがするアベリアを育ててみませんか?
35 view
イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

イチゴの栽培方法は?うどんこ病など病気の予防は?四季なりイチゴなら季節問わず収穫できるイチゴの育て方

子どもから大人まで誰もが大好きな「イチゴ」。見てかわいく食べておいしいと、人気急上昇中の野菜です。真っ赤に熟した頃を見計らいながら収穫でき、最もおいしい果実を味わえるのが家庭菜園の醍醐味。最近は年に一度、春に収穫する一季なりイチゴだけでなく、収穫期間が春~秋と長く、たくさん収穫できる四季なりイチゴも増え、より楽しみが広がりました。
55 view
かすみ草の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するかすみ草の栽培方法をご紹介

かすみ草の育て方は?花束やドライフラワー、ブーケと重宝するかすみ草の栽培方法をご紹介

「カスミソウ」の由来は白い小花を無数に咲かせる姿が花霞のように見えることから。長く白花が主流で、メインの花を引き立てる脇役として使われることの多かったカスミソウですが、近年は園芸品種の改良により、ピンクや赤いといった鮮やかな花色の品種や、大輪でバラのような華やかさを持った品種が続々と誕生し、カスミソウを主役にしたアレンジが注目を浴びています。あなたも庭で育てて収穫して、花束などフラワーアレンジを楽しんでみませんか?
54 view
庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
62 view

この記事のキーワード