2018年10月26日 更新

ペチュニアの育て方は?種まき・植え付け時期や水やり、肥料・用土など鉢植えもできるペチュニアの栽培方法

花期が長く、花壇や鉢植えの寄せ植えを色あざやかに演出するペチュニア。生長が早く、そのうえ丈夫で育てやすいので、ガーデニング初心者にぴったりの草花です。地面近くに広がるほふく性タイプ、花がブーケみたいにこんもり茂るタイプ、花がしだれて咲くタイプ、八重咲き種、大輪から小輪まで色も形も豊かに揃うので、好みの品種を選び、組み合わせも楽しめますよ。

319 view

世界中で愛されるペチュニアとは?

 (8037)

小さい朝顔のような花をつけるペチュニアは、南アメリカに自生するものを原種に、ヨーロッパやアメリカで品種改良が進み、たくさんの品種が生まれました。

日本では育苗会社が80年ほど前から世界に先駆けて八重咲き品種の商業化に成功! 幾度の改良を重ね、それまで種から育てるだけだったペチュニアが、さし芽で増やせるようになり、そのうえ花色がバラエティに富んで、雨に強く大きく育つ性質となりました。

これがヨーロッパの窓辺の風景を変えたと称されるほど世界中で評価され、一躍、大人気となったのです。そんなヒストリーがあったなんてびっくりですね。

ペチュニアの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

種まき期・植えつけ期:3月~5月、9月
切り戻し期:5月中旬~6月中旬
※関東地方以西基準

置き場所

泥はねが病気の原因となるので、鉢植えは地面から離して置きましょう。通年日当たりと風通しのよい場所で育てます。

水やり

鉢植えは土の表面が乾いたら、底から水が抜けるくらいたっぷり与えます。

栽培のポイント

品種によって一年草と多年草がありますが、耐寒性はやや弱く古い株には病気になりやすいので、基本的に一年草と考えた方がよさそうです。

花を殖やすポイントは2つ。
1つ目は植えつけ2週間後に先端の芽を切って花のつく茎が出るのを殖やすこと。
2つ目は「切り戻し」です。
ワッと花が咲き揃い、次に茎が伸びて花つきがまばらになったら、梅雨前に茎の長さ1/2を目安に切り戻しを行います。ここで思い切ってカットすると、また新しい茎が育って花をつけるので、ためらわずにやってみることがポイントですよ。

大きく育った葉が根元にあると水や泥で病気になりやすいので、取り除いて風通し良くしておきましょう。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、ハスモンヨトウムシ、オオタバコガ
病気:灰色カビ病

ペチュニアを育てる為の用土、肥料、薬剤とは

有機由来の元肥入りでそのまま使える

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土...

ハイポネックス バンブーパウダー入り 花と野菜の培養土 14L

天然素材中心の原料をベースに、排水性、通気性、保肥性にも優れた元肥入りの培養土です。 プランターや鉢植え植物にも最適で、生育に適したpH調整済です。

リン酸成分多めで花つきよく大きく育てる

ハイポネックス 原液 800ml

ハイポネックス 原液 800ml

植物の健全な生育に必要な15種類の栄養素をバランス良く配合し、いろいろな植物の花色・葉色を良くします。
肥料が切れると花つきも悪くなるので、生育期間中は定期的に施します。

天然成分の殺虫剤。野菜や果樹にも使用できる

住友化学園芸 STゼンターリ顆粒水和剤 20g

住友化学園芸 STゼンターリ顆粒水和剤 20g

オオタバコガやシロイチモジヨトウが発生したときに。自然界にいる天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、アオムシ、ヨトウムシ、ハマキムシなど、チョウ目害虫に効果を発揮します。

ペチュニアを鉢植えにして、ヨーロッパの窓辺を演出してみては

 (8067)

園芸店などでよく見かけるようになった「サフィニア」は、ペチュニアの改良種です。波=サーフィンのように広がって咲く「ペチュニア」から名付けられました。

日本でつくられた品種ですが、今では海外でもポピュラーになり、盛んに花を咲かせています。花壇に植えるのもいいですが、鉢植えにして、あなたの窓辺もヨーロッパの窓辺のように素敵にイメージチェンジしてみてはいかが?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

愛らしいブルーの花弁と黄色の中心部分が個性的なブルーデージーの育て方

紫がかったブルーと黄色のコントラストが美しく愛らしい花を長く咲かせるブルーデージー。多年草で環境があえば毎年開花し大きく育ちますが、日本の高温多湿の真夏が苦手な植物なので鉢植えにし、夏の間は半日陰の風通しのよい場所で管理すると失敗なく育てられます。耐寒温度は5度前後。暖地なら庭植えのままでも冬越しできますが、寒い地域では鉢にして室内で管理したほうが安心です。花壇はもちろん寄せ植えにプラスするのもおススメ。斑入り葉の品種も人気があります。
21 view
キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

キンギョソウの育て方とは?ひらひらと舞うカラフルな花びらがキュート♪

和名の「金魚草」という名前は、開花している様子が金魚のように見える、または、金魚がエサを求めてパクパクと口を開けているように見えるからだと言われています。しかし、英名は「dragon snap(噛みつくドラゴン)」で、花形が動物の口に似ていることから。愛らしい花のイメージとは対照的なのがユニークですね。
19 view
ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

ダリアの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など、鉢植えで寄せ植えも楽しめるダリアの栽培方法

大輪で豪華な花を咲かせるものや、シンプルな一重咲きのものまで、さまざまな園芸品種があるダリア。日本の暑さに耐え、環境さえあえば手間いらずで毎年、花を咲かせてくれる初心者向きの草花です。花色、花形、草丈もさまざまに選べるので、夏花壇を彩る草花として活躍してくれます。ダリアの花ならではのダイナミックな雰囲気は、花壇や寄せ植えのアクセントにぴったり。切り花にしてブーケなど、花束にしても素敵です。
112 view
ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

ストックの育て方は?種まき・植え付け時期や肥料・用土など寄せ植えも楽しめるストックの栽培方法

南ヨーロッパ原産で切り花としても親しまれているストック。ピンクや白、赤、紫、黄など豊富な花色と独特の香りがあります。ふわふわとした花びらが美しい八重咲きのものと楚々とした雰囲気の一重咲きのもの、どちらも人気があり、秋以降、植えつけすると早春から5月頃まで、花の少ない季節に甘い香りとともに華やかな印象の花を楽しませてくれます。ムスカリやスイセンなどの球根植物やパンジー等と花壇に植えると、愛らしい早春の庭ができあがります。
62 view
ノースポールの育て方は?種まき時期や剪定、肥料・用土など鉢植えでも育てられるノースポールの栽培方法

ノースポールの育て方は?種まき時期や剪定、肥料・用土など鉢植えでも育てられるノースポールの栽培方法

中心が黄色で直径3㎝ほどの小さな白い花を咲かせるノースポールは、12月頃から5月頃まで楽しむことができます。花の少ない時期、長期間楽しめる草花として人気があります。初心者でも育てやすいので冬のガーデニングには欠かせません。花はリンゴの香りがするカモミールにも似ていますが、ノースポールの花のチーズのような強い香りと、シュンギクのような葉が特徴です。また白花のマーガレットにも似ていますが、花の大きさに違いがあります。
96 view

この記事のキーワード