2019年11月9日 更新

モンステラの育て方とは?金運アップって本当?初心者でも簡単に育てられるポイントや風水についてもご紹介!

インテリアとしても人気の観葉植物のモンステラ。熱帯地方の土で育ったので、直射日光や冬の耐陰性にも優れるモンステラは初心者にも簡単に育てられますよ。室内でも丈夫な熱帯植物なので手軽に育ち、成長が早い場合は、鉢中で増えすぎた葉や気根を剪定して管理します。

モンステラとは?

gettyimages (24350)

モンステラの特徴

おしゃれな部屋のインテリアに欠かせない、観葉植物の中でも人気のモンステラは、
目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
品種も多く、25種類から40種類ほどあるといわれています。

大きなぷっくりとした丸いフォルム、切れ目が入っている特徴的な葉は、
パッと見ても印象に残りやすいでしょう。

モンステラにはもう一つ、「気根」という特徴もあります。
モンステラは地表と地中の2つに根を持つ珍しい植物で、空気を取り入れたり、
他の樹木や大木に巻き付いたりして大きく成長していきます。
南国を感じる迫力あるモンステラは、部屋に一鉢置いてあるだけでもその存在感は抜群です。

そんなモンステラの名前の由来は、熱帯のジャングルで育つモンステラの大きな葉っぱが
「怪物=モンスター」に見えたことからモンスターという名前が変形した、
また、ラテン語の「monstrum(奇形・異常)」が語源になっているという説もあります。

その名の通り見た目にも迫力があり、「常緑性」という1年を通して葉が緑色を保つ特徴性、
またジャングルの中で育ってきたので日光不足や水切れなどにも強く元気なことから
、初心者でも育てやすく、インテリアとしての人気も高いです。

学名:Monstera
英名:Monstera
和名:モンステラ
原産国:熱帯アメリカ
科名:サトイモ科

開花時期:おおよそ7~9月の成熟したタイミングで、白い花を咲かせます
花言葉:うれしい便り、壮大な計画、深い関係、dedication献身

モンステラの風水効果

観葉植物には、大自然の良いパワーを引き寄せ、
運気の流れを良くして人と自然のバランスを良くしてくれると言われています。

おしゃれなインテリアや、さまざまなデザインのモチーフとしても愛用されるモンステラには、
優れた風水パワーを持つと言われ、ハワイでは神聖な植物としても知られ、
アロハシャツのデザインでもよく使われています。

その中でも、「金運を引き寄せる効果がある」と言われており、ハワイでは「湧き出る水」
という意味も持ち、湧き出る水のように幸運を引き寄せる力があるといわれています。

ぷっくりと丸みをふくんだ葉は優しさをもたらし、人間の余計な欲求を静め無駄遣いを防ぎます。
また「陰」の気を「陽」に変えてくれるので、精神的に穏やかになり、
家庭をプラス方向に繁盛させ豊かさをもたらせてくれるのです。

方角別にモンステラを置く場合にも良い意味があります。
家の中でモンステラを「西」に置く場合は「玄関」に限ります。
玄関が西にある場合は、モンステラを置き、金運を呼び込みましょう。

東方向に置くなら「仕事運アップ」、南方向に置くなら「知性や芸術運の向上」「人気運の上昇」、
北方向はお金に関わる運気を呼び込んでくれるので
金運上昇を願うなら北の方角に置くこともおすすめです。
お金にまつわる悪い運気を跳ね除けてくれますよ。

モンステラの種類

モンステラには、熱帯アメリカ地域に約25~40種類ほどあります。
品種によって葉の形や茎の数、花や実の形など細かい違いがあります。
一般的には「デリシオーサ」と呼ばれる品種が、人気の高い観葉植物として認識されています。

■モンステラ・デリシオーサ(蓬莱蕉ホウライショウ)
モンステラの品種の中でも最も有名な品種で、大きいもので直径が1m、
ツルは5~6mにもなります。左右対称の切れ込みが特徴で綺麗に育ちます。

■モンステラ・アダンソニー
デリシオーサと違って、葉の切れ込みが左右非対称になります。

■ヒメモンステラ
小型モンステラの流通名で、名前の通り小型のモンステラです。

■フリードリッヒスターリー(別名:マドカズラ)
虫食いにあったような無数の穴がある葉が特徴です。
デリシオーサに比べて、寒い環境に弱い品種です。

■モンステラ・デリシオサ・コンパクタ
生長が遅く、他の品種よりも大きくならないので、小さい観葉植物が好みの方にはおすすめです。
ただし茎が高くなるので適宜に剪定が必要になります。

モンステラの栽培スケジュール

熱帯地域に自生するモンステラは1年中緑の葉をつけ、7~9月の生育期に花を咲かせます。

植え付け:5月~7月
植え替え:5月~7月
肥料:5月~9月

夏越し:熱帯植物のモンステラでも、気温が40℃近くになる場合は葉焼けを起こすので
日陰に移動させてください。

冬越し:気温5℃以下で生長が止まるので、水やりを1~2週間に1度の頻度に減らします。
それ以上気温が下がると枯れてしまう場合もあるので暖かい部屋で管理してください。

モンステラを育てるときの準備とは?

gettyimages (24347)

モンステラを育てるときに必要なもの

■鉢植え
・好みのモンステラに適した鉢
・観葉植物用の土、培養土
・鉢底石
・霧吹き
・置き肥タイプや液体肥料
・剪定はさみ
・スコップ

■ハイドロカルチャー
(粘土を発砲させたハイドロボールという土を利用して、植物の栽培をすること)
・ハイドロボール
・液体肥料、活力液
・鉢(ハイドロカルチャーにはガラス容器がおすすめ)
・根腐れ防止剤

モンステラに適した環境、置き場所

熱帯地方で育つモンステラですが、比較的日光に当たらなくても生長していく耐陰性の観葉植物になります。
カーテン越しの日差しがやんわりと届く置き場所に置いてあげましょう。
しかし、できるだけ日当たりに当てた方がしっかり大きく成長してくれます。
その場合、直射日光に当たり過ぎると葉焼けを起こしてしまうので注意してください。

また、風水的にも南の方角に置けば金運アップにつながりますよ。

モンステラに適した土

モンステラが好む土は、水はけや通気性の良い土になります。
水はけの悪い土を選んでしまうと、根腐れを起こす可能性もあるので、
初心者さんには観葉植物専用の培養土がおすすめです。
観葉植物の土 14L

観葉植物の土 14L

モンステラの育て方

gettyimages (23484)

モンステラの特徴でもある大きな葉は、ホコリもたまりやすいので定期的に取り除きます。
枯れた葉も適宜取り除きましょう。

モンステラの水やり

鉢植えの場合
土が乾いてきたタイミングで、鉢底から水があふれてくる程度に水やりをしましょう。
夏は乾きが早いので、毎日与えてください。
冬場は、土が乾いてから2、3日程度空けた間隔で水やりをするとちょうど良いです。

ハイドロカルチャーの場合
鉢が完全に乾いたことを確認してから水やりを行ってください。
ハイドロカルチャーでは根腐れを起こさないことが最大のポイントなので、
容器の底に水がなくなっても2、3日は空けてから水やりをしましょう。
葉水も忘れずにおこないます。

モンステラの肥料

春~夏のあたたかい時期
土の上に置くだけの固形緩効性肥料を、2か月に1回程度、鉢の淵に沿って置いてあげましょう。
モンステラの元気がない時には、即効性の高い液体肥料を2週間に1度の割合で
与えると効果がありますよ。

秋~冬のさむい時期
生長が止まるので肥料は不要です。
しかし、春夏期同様、元気がない場合は活力剤を与えてあげてください。

置くだけかんたんな錠剤肥料

ハイポネックス 錠剤肥料シリーズ 観葉植物用 約70錠

ハイポネックス 錠剤肥料シリーズ 観葉植物用 約70錠

モンステラの剪定方法

大きく育つモンステラには、茎の途中から生える「気根」という根があります。
これはモンステラを支える支柱で、他の樹木や壁に巻き付いたりしますが、
不要の場合は剪定しても問題ありません。
見た目的にも、剪定が必要と感じるときには茎や葉を生え際から切り落としましょう。

ただ、モンステラの樹液には肌が弱い人がふれるとかぶれたりすることがあるので、
ゴム手袋を使って作業してくださいね。

モンステラの病害虫

黒すす病
夏の暑い時期にカイガラムシのフンで発生する感染病です。
カイガラムシを1匹でも見つけた場合、すぐに駆除をしましょう。
あっという間に広がってしまうので要注意です。

立ち枯れ病
春~秋の温かい時期に湿度が高すぎると、葉の一部が枯れてしまいます。
風通しの良い場所にモンステラを置いてあげましょう。

主な害虫
ハダニ、アブラムシ、カイガラムシ、ナメクジ、ダンゴムシ

モンステラの植え替え時期と方法

大きくなってきた場合
生長が早いモンステラは「いつの間にかこんなに大きくなってしまった」という場合もあります。
大きくなりすぎると、鉢が根でいっぱいになり水が行き届かないことも。
植え替えも春から夏の時期がおすすめです。大き目の鉢に、ネットと鉢底石を敷いて、
モンステラを置いて隙間なく土を入れてあげましょう。古くなった土は落とします。

水耕栽培、ハイドロカルチャーの場合
鉢植え同様の手順で、ハイドロボールを新しいものに変えて植え替えをします。

モンステラの増やし方

モンステラを増やしたい場合、適期は5月から9月になります。

挿し木、茎挿し
モンステラの茎を根元から切り取り、切り取った茎を土に植えこむだけのシンプルなやり方です。
根がしっかりと育ち、新芽が出てくる1か月ほどまでは土が乾かないように水を与えましょう。

茎伏せ
土や水苔に切り取ったモンステラの茎をたいらに置いて、新しい苗として発根させます。
茎挿しよりも時間はかかりますが、多く増やすことが可能です。

モンステラで幸運を呼び込もう!

gettyimages (23485)

初心者でも簡単に育てやすいモンステラ。
室内におけば部屋も華やかになるうえに、金運アップにもつながるモンステラを
一度育ててみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

もう土の処分に困らない!室内で清潔に楽しめるインドアガーデニング

もう土の処分に困らない!室内で清潔に楽しめるインドアガーデニング

植物を育ててみたいと思っていても、庭や広いベランダがないといって諦めていませんか?今回は、お部屋で育てる「インドアガーデニング」にぴったりな、次世代の土をご紹介します。リビングやキッチンカウンターなどにインテリアとして置くのもいいですね。
4,146 view
さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの木の育て方は?開花・剪定・収穫の時期・おすすめの肥料など、さくらんぼの栽培方法をご紹介

さくらんぼの旬の時期は、梅雨~初夏。サクランボは追熟しないので、一番おいしいタイミングで収穫される果物ですよ。小さい粒より大きい粒の方がおいしいといわれています。自宅で大粒の果実を収穫して、贅沢に味わってみませんか?
17,443 view
金のなる木の育て方は?置き場所や水やり、肥料・用土など鉢植えでできる金のなる木の栽培方法

金のなる木の育て方は?置き場所や水やり、肥料・用土など鉢植えでできる金のなる木の栽培方法

金運アップ!?花言葉は「一攫千金」「幸運を招く」など縁起が良いので 開店祝いなどのプレゼントにされる方もいらっしゃるのではないでしょうか? ぷっくりした葉をつける別名ベンケイソウは、サボテンと同じ多肉植物です。 和名はフチベニベンケイまたはカゲツ(花月)。 金のなる木という名前は、新芽の小さいうちに5円玉の穴に通して抜けなくなるまで成長させ、 枝にお金がなっている風に仕立てたものが流行したことに由来するそう。
11,819 view
ゴムの木の育て方は?水やりや置き場所、肥料や用土など挿し木で殖やせるゴムの木の栽培方法

ゴムの木の育て方は?水やりや置き場所、肥料や用土など挿し木で殖やせるゴムの木の栽培方法

ツヤのある楕円形の肉厚の葉とクネクネと曲がった樹形が魅力的なゴムノキ。太い幹には大きな葉がたくさんつき、強い生命力を感じます。その姿は長寿のシンボルとされ、室内のシンボルツリーとして飾られることも。ゴムノキが1本あるだけで部屋の印象がアップしますよ。葉の色は緑以外に黄色の斑が入るものもあり、おしゃれなインテリアプランツとしても最適。寒さに強く育てやすいので、初心者はゴムノキから取り入れてみてはいかがでしょうか。
6,610 view
マーガレットの育て方! 初心者にもおすすめ、肥料や剪定のポイントとは?

マーガレットの育て方! 初心者にもおすすめ、肥料や剪定のポイントとは?

可憐な白い花が魅力的なマーガレット。鉢植えでも育てやすいうえに開花時期が長いので、ガーデニングでも人気があります。今回は肥料・培養土の選び方から、夏越し・冬越しについて初心者にも分かりやすいようまとめました。ぜひ、マーガレットを上手に咲かせてみましょう。
283 view

この記事のキーワード