2018年11月1日 更新

シュウカイドウ(秋海棠)の育て方は?肥料や用土など、苗から育ててむかごで増やせるシュウカイドウの栽培方法

仏像の首飾り(ヨウラク)のように見えることからヨウラクソウという別名があり、独特の楚々とした雰囲気を漂わせるシュウカイドウは、夏から秋にかけて日陰の庭を彩る花として活躍します。秋、花が少なくなる頃に、日陰で咲くピンクの花は一度植えれば、自然に咲いて手間いらず。耐寒性があり、地植えでも育てられます。ピンクの花には雄花と雌花があり、クリーム色の花のシロバナシュウカイドウもあります。シェードガーデンの定番草花です。

シュウカイドウとは?

 (9756)

シュウカイドウ科の球根植物で、日本には江戸時代初期に中国から伝わりました。バラ科のハナカイドウという花木の花色に似ていることと、秋に開花することからシュウカイドウ(秋海棠)と名付けられたといいます。

ベゴニアの仲間で、半日陰を好み、寒さに強いのが特徴で、環境さえ合えば野生化することも。花後、葉の脇にできるムカゴという小さな球根のようなものを取って植えておくと翌春に芽をだし、再び楽しめる生育旺盛な植物です。

シュウカイドウの育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

植えつけ期:4月
開花期:8月~10月
※関東地方以西基準

置き場所

乾燥が苦手なので、風通しに注意します。湿り気のある明るめの日陰で管理しましょう。

水やり

地植えの場合、鉢植えの場合ともに土の表面が乾いたらたっぷり水やりします。夏の乾燥時期には株元を腐葉土でマルチングして乾燥を防ぎます。

栽培のポイント

湿り気のある土を好むので、地植えする場合は腐葉土等を混ぜて保水力を高めてから植えつけます。鉢に植える場合は市販の草花用培養土を使用するのが手軽です。

4月頃、園芸店に出回る苗を購入し植えつけます。暑さには強いですが、乾燥が苦手なので、夏の乾燥期は水切れに注意しましょう。また夏の直射日光で葉が焼けてしまうこともあるので半日陰で管理します。環境さえあえば手間いらずで、毎年、花が楽しめます。

冬、地上部は枯れますが、地下の塊茎で越冬し、春になるとまた芽を出します。秋、葉の脇にできるムカゴを取って植えておけば翌春また芽吹いて育つのでどんどん増やせます。生育の悪い場合を除き、元肥以外の肥料は特に必要ありません。日当たりの悪い場所で旺盛に生育する日陰の庭の救世主です。

シュウカイドウ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期育成に必要な栄養素がはいった有機培養土

プロトリーフ 花と野菜の有機質培養土 25L

プロトリーフ 花と野菜の有機質培養土 25L

元肥入りでいろいろな植物に手軽に使用できます。赤玉土や鹿沼土、バーク堆肥をほどよく混合した、保水性の高い培養土は、鉢植えにもぴったりです。

すべての成分を1粒に。むらなくまける

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用 500g

ハイポネックス ネクスコート いろいろな植物用 500g

植物を元気に育てるための栄養素がバランスよく配合され、マグネシウム・カルシウム・イオウ・鉄など微量要素もプラス。元肥はもちろん、追肥にも。3~4カ月に一度、ばらまくだけで効果が持続します。

30日間効果が持続。幅広い植物に使用できる

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1...

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml

アブラムシなどに効果があり、いろいろな植物に使える殺虫殺菌剤。害虫に対して速効性があり、病原菌の侵入も防いで、病気も防いでくれます。

和風コーディネートでも、洋風の庭でも素敵なシュウカイドウ

 (9774)

江戸時代に中国から渡来したシュウカイドウ。ベゴニアの仲間ですが、耐寒性があり丈夫な植物として古くから親しまれています。日陰の庭で咲く美しいピンクの花は和風のコーディネートはもちろん洋風の庭にプラスしても素敵です。日当たりの悪い場所を華やかにしてくれるシュウカイドウ。北側の庭など、他の植物が育ちにくい場所に、ひと株植えてみてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

カンナの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など鉢植えで球根から育てるカンナの栽培方法

カンナの育て方は?植え付け時期や肥料・用土など鉢植えで球根から育てるカンナの栽培方法

カンナは、何と言ってもその大きな葉と鮮やかな花が魅力的。最近は葉も花も色の幅が広がり、庭の雰囲気や好みに合わせて選べるようになってきました。緑葉と赤花の定番カラーの組み合わせも良いですが、存在感があるダークな葉や斑入り葉を選べば、庭がワンランクアップのおしゃれな雰囲気になりますよ。
426 view
カラーの育て方は?植え替え・植え付け時期や肥料・用土など、球根から鉢植え・地植えでできるカラーの栽培方法

カラーの育て方は?植え替え・植え付け時期や肥料・用土など、球根から鉢植え・地植えでできるカラーの栽培方法

スッと長く伸びる茎とクルンと巻いた花が魅力のカラーは、切花やブーケの花材として大人気。白花のイメージが強いですが、現在、主流となっている畑地型の園芸品種は栽培しやすいうえ花色のバリエーションも豊かに揃います。すっきりとした大人っぽい庭を造りたい人は、ぜひカラーを取り入れてみてはいかがですか。
2,816 view
ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーの育て方は?植え付け時期は?初心者でも育てやすいポピーの栽培方法

ポピーはケシの仲間の総称で4〜6月の春から初夏にかけて花を咲かせます。長い茎の先に明るい色の花をつけて、ゆらゆらと風にそよぐ姿が可愛らしいですね。ポピーには約150の種類があり、園芸品種として親しまれているのは麻薬成分が含まれないヒナゲシ、ナガミヒナゲシ、モンツキヒナゲシ、アイスランドポピー、オリエンタルポピーなど。特にオリエンタルポピーは豪華で大きな花を咲かせるため、地植えの草花として人気があります。
552 view
冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物クレマチス(冬咲き)の育て方!剪定や挿し木、植え替えや増やし方もご紹介

冬の人気植物のひとつ「クレマチス(冬咲き)」。クレマチスはさまざまな品種があり、寒さに強い冬咲きの品種を選べば冬でもたくさんの花が咲き、枝咲きの花が、「さみしい冬の庭を華やかに彩ってくれます。鉢植えやコンテナに寄せ植えして楽しむのも手軽でおススメです。
2,706 view
読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

読み方は?オミナエシ(女郎花)の育て方とは? 花言葉・由来や花を咲かせるポイントをご紹介

秋風に吹かれて揺れる姿がなんともはかなげで、寂しそうな女性を連想させることから「美人」「はかな い恋」という花言葉がついているオミナエシ(女郎花)。花名の由来は諸説あり、黄色い小花が粟の粒に似ていて、その昔、粟飯のことを女飯(おみなめし)と呼んでいたことから名付けられたという説と、「高貴な女性を圧倒するほど美しい」という意味のオミナ(女)ヘシ(圧し)が変化したという説があります。名前の読み方で、季節を感じたり、女性をイメージさせたりするなんて風情がありますね。
154 view

この記事のキーワード