2018年10月17日 更新

サルスベリの育て方 木肌がツルツルでなめらか!夏~秋まで次々咲く

サルスベリは、名前がとってもユニーク!木登りが得意なサルでさえ登ることが出来ないほど、樹皮がなめらかなことから命名されたそう。夏の青空に、フワフワとしたピンクの花が映えて咲いているのをよく見かけますね。オーソドックスなピンク花のもののほか、白や赤花もありますよ。夏から秋にかけて長期間咲くので1本あると、とても華やかですよ。

20 view

サルスベリとは?

 (15154)

中国南部を原産とする、ミソハギ科サルスベリ属の落葉花木。樹高2~10mと大きく育ちます。開花期は7月~10月で、最盛期は7月~8月。真夏の強い日差しを受け、細かく波打つピンクの花を元気に咲かせる姿がキレイで印象的です。

サルスベリの種類は少なく、ピンクと白と赤の花が咲く「サルスベリ」、濃い紅花が咲く「カントリー・レッド」が代表種。品種改良された「チカソー」は樹高30~40㎝とコンパクトで鉢植え向き。寒さにも強いので寒冷地でも植えられます。群植してグラウンドカバー風にしても素敵です。

サルスベリ(百日紅)の育て方と栽培のポイント

基本的な生育のサイクル

開花期:7月~10月
植えつけ期:4月~5月、9月
剪定:12月~3月中旬
挿し木:6月~8月
※関東地方以西基準

置き場所

サルスベリは、日当たりと水はけのよい場所で育てます。

水やり

基本的には、土の表面が白く乾いたら水をたっぷり与えましょう。庭で既に根づいている場合、水やりは不要です。

栽培のポイント

サルスベリの苗木の植えつけのタイミングは春と秋の2回、4月~5月と9月に行います。移植や鉢の植え替えは3月~4月が適期です。鉢植え、地植えともに植えつけや植え替えの際は、土に元肥を施すと健やかに生長します。あとは2月頃、寒肥として有機質肥料を株元の周りにすき込むだけでOK。そのほかの施肥は不要です。また、冬に1回、剪定を行いましょう。強く剪定すればするほど脇芽を出して花が増えますよ。

サルスベリは新しい枝を伸ばしながら枝の先端に花芽を作り、次々と開花します。咲き終わった枝の先端を早めに切り戻すと、再び開花します。冬の剪定と夏の切り戻しを行うことで、「百日紅」という別名の通り、100日=3カ月もの間、花を咲かせてくれますよ。咲いた花をそのまま放っておくと、実をつけてしまいます。実をつけると株が弱りやすいので、実をつける前に花がらは摘んでおくのがおすすめです。

サルスベリは、挿し木で殖やせます。3月末~4月上旬頃、前年に伸びた枝先を長さ20㎝に切り、切り口を水に浸してから赤玉土(小粒)に斜めに挿しましょう。やがて根が出てきたら植えつけてください。

主な病害虫

害虫:サルスベリフクロカイガラムシ
病気:うどんこ病

サルスベリ栽培におすすめの用土、肥料、薬剤とは

初期の生育に必要な有機質肥料をブレンドした専用培養土

プロトリーフ 果樹・花木の土/12L

プロトリーフ 果樹・花木の土/12L

保水性、排水性、通気性の良い熟成した有機肥料入りの専用培養土は、しっかりとした幹と枝を生育させ、花を咲かせてくれます。

ゆっくり効いて元気に育てるおなじみの緩効性肥料

住友化学園芸 エードボールCa 150g

住友化学園芸 エードボールCa 150g

あらゆる植物の鉢植えの置き肥(効きめは2~3ヵ月持続)として使えます。チッ素、リン酸、カリ、さらに植物に不足しがちなマグネシウム、カルシウムを配合し、植物を丈夫に育て、花着き良く、緑鮮やかな生育を促します。いやな臭いも無く清潔なので、室内の鉢植え用の肥料としてもおすすめです。

エアゾールタイプで手軽に使用できる

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1...

住友化学園芸 殺虫殺菌剤 ベニカXファインスプレー 1000ml

花や緑など幅広い植物に使える殺虫殺菌剤です。カイガラムシなどの害虫に対して速効性があるのが特長。病原菌の侵入も防ぐため、うどんこ病などの病気も防いでくれます。

玄関脇や庭先に植えてシンボルツリーとして楽しむのがオススメ!

 (15184)

枝先に群がって咲く華やかな咲き方と、葉と花が揺れる姿が盛んに話をしているように見えることから「雄弁」という花言葉がついているサルスベリ。そんな見映えのするサルスベリは、玄関脇や庭先に植えてシンボルツリーとして楽しむのがおススメですよ。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

プルーンの育て方は?剪定・収穫時期・おすすめの品種など、鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンの育て方は?剪定・収穫時期・おすすめの品種など、鉢植えでも出来るプルーンの栽培方法をご紹介

プルーンというとドライフルーツが一般的でしたが、最近は生食するプルーンも人気。鉄分や食物繊維が豊富で、便秘や貧血に効果のある健康果実として注目されています。ヨーロッパ原産のスモモをプルーンと呼び、そのまま食べるのはもちろん、凍らせてシャーベットのように楽しんだり、ジャムやソースにしたりして利用できます。スモモ同様、1本で結実し、収穫できる自家結実性があるかどうか、確認して栽培する品種を選びましょう。
35 view
オリーブの木の育て方は?剪定・植え替えは必要?収穫時期や肥料・用土など鉢植えからできるオリーブの栽培方法

オリーブの木の育て方は?剪定・植え替えは必要?収穫時期や肥料・用土など鉢植えからできるオリーブの栽培方法

オリーブはアンチエイジング効果が期待できるとして、ここ数年大ブーム。その流行と同時に、庭を素敵に彩る樹木としても人気急上昇中です。銀色に輝く細葉が軽やかな印象で美しく、1本あるだけで今どきの洋風の庭に仕上がります。庭に一度は植えてみたいと思わせるのは見た目だけではなく、剪定をする必要がなく手間がかからないのと、結実した果実が可愛らしいから。果実は観賞するだけでなく、塩漬けやピクルスにしたり、枝をカットしてリースを作ったり……。いろいろな楽しみ方ができますよ。
216 view
リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

リーフレタスの栽培方法は?プランターで種から栽培!収穫後すぐにサラダに使えるリーフレタスの育て方をご紹介

レタスのように結球しないやわらかな葉肉が特徴のリーフレタス。サンチュやサラダ菜など多くの仲間があります。葉先がフリルのようになり、ふんわりとした食感とボリュームがあり、ビタミンCはもちろん、ビタミンEやカロテン、ミネラルなども豊富に含まれています。大きくわけて全葉がグリーンでほのかな苦みのある「グリーンリーフ」と、葉先だけ濃い紫色で苦みの少ない「サニーレタス」があります。
31 view
庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

庭木に人気!キンモクセイ(金木犀)の育て方は?剪定時期・害虫・肥料・病気など、キンモクセイの育て方

キンモクセイ(金木犀)は、ジンチョウゲやクチナシと並ぶ三大香木のひとつ。なかでもキンモクセイは秋を代表する香りの花木で、香りがとてもよいため、街の街路樹や公園の樹木として植えられています。オレンジの花で香りが強いキンモクセイを多くみかけますが、花が白く、マイルドな芳香のギンモクセイもあります。植える場所や好みに合わせて選び、庭や鉢に植えてみてはいかがでしょうか?
32 view
カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

カラフルな花が特徴的なサイネリアの育て方は?花言葉・切り戻し・水やりのポイントとは?

室内用の鉢花として昔から親しまれてきたサイネリア。草丈が20~30㎝で半球状に育ち、たくさんの小花を咲かせます。サイネリアの魅力は鑑賞時期が長く、花の色や模様が豊富なこと。ひとつの苗から、たくさんの花が咲くので鉢植え栽培にぴったりです。また、園芸業界には「シネラリア」という名前も存在しますが、死を連想させることからサイネリアという名前が一般化したとされています。
17 view

この記事のキーワード