2018年10月26日 更新

シンビジウム(シンビジューム)の育て方は?株分けや水やり、肥料と用土・病気などシンビジウムの栽培方法

ランの栽培にチャレンジしたい人は、コチョウランよりも栽培が簡単なシンビジウムから始めてみましょう。品種も様々ありますが、初心者には場所をとらない小型種が育てやすくておすすめです。冬から春まで鉢花として楽しめますよ。ピンク、赤、紫、黄色、オレンジ、緑、白など花色が豊富に揃うので、インテリアに合うものを選ぶと良いですね。

56 view

いろんな品種がある!?シンビジウムとは?

 (7149)

家庭で良く育てられているポピュラーな洋ランです。

アジア(インド、ネパール、ミャンマー、中国、タイ)、オセアニアが原産で、もともと冷涼な地域の湿度の高い森林の樹木に着生しているので、耐寒性があり比較的丈夫です。

シンビジウムは、大きくて美しい花が数輪~十数輪ならび穂状に咲かせる姿が魅惑的。“舟(ボート)のような”という意味を持つ花名の通り、6枚ある花びらの中心が舟のような形をしているのが特長です。

花もちがとても良く、長いものは3カ月近く咲いている場合も。
花の少ない冬に室内で楽しむにはぴったりの花といえますね。

近年は、コンパクトで場所をとらない小型の品種が出回り、気軽に楽しめるようになりました。
テーブルの上にのるほど小さくて飾る場所を選ばない「テーブルシンビ」や東洋ランと西洋ランの交配によって作り出された「和蘭」がおススメですよ。

シンビジウムの育て方 ポイントとは

基本的な生育のサイクル

植えつけ・植え替え期:4月~5月
開花期:12月~4月
※関東地方以西基準

置き場所

春~秋は屋外の明るい日陰で、冬は日当たりの良い明るい屋内で管理しましょう。

水やり

春~秋は、土の表面が乾いたら花に水がかからないように株元にたっぷりと水やりをしましょう。

秋~冬は週に1~2回程度の水やりで十分です。蕾が生長し始めたら水やりの回数を増やしましょう。

栽培のポイント

シンビジウムの植えつけには、洋ラン専用の培養土を使うと便利です。2年に1度を目安に4月頃に植えかえを行いましょう。その際、鉢は株がはみ出すくらいの小さめのサイズを選ぶのがコツ。

植えつけるタイミングが遅れてしまうと生育が遅れ、翌年に花が咲かないこともあるので要注意。

4月中旬~10月上旬までは置肥を2ヶ月に1回、液体肥料を1週間に1回、株元に与えると生長が良くなりますよ。夏場は2週間に1回与える程度で大丈夫です。

また、シンビジウムは風通しと日の当たる場所で育てることがポイント。真冬以外は屋外で育てますが、夏の高温や強い光が苦手なので、日差しの強い時期は遮光ネットの下で管理した方が良いですよ。

茎が変形してできた根元のバルブには、養分や水をためています。春から秋の生育期間中は、土が乾かないよう水をたっぷり与えてくださいね。特に、蕾ができ始めたら水を切らさないように注意しましょう。

バルブが大きく育ったものは株分けして殖やせますよ。

主な病害虫

害虫:アブラムシ、カイガラムシ
病気:ウイルス病

シンビジウムの花を毎年咲かせるための用土、肥料、薬剤をご紹介

シンビジウムの鉢におすすめの用土

プロトリーフ 洋ランバーク 5L

570
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
洋ラン専用の植え替え、株分け用の土です。シンビジウムの植え替えは枯れた葉を取り除き、根は切らずに巻いて植え込みます。適度な保水性と排水性のある洋ランバークの土で元気に翌年も花芽がつくでしょう。

シンビジウムの葉も花もきれいにする肥料

住友化学園芸 そのまま使える花工場 シンビジウム・シクラメン用 700ml

401
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
使い方が簡単!キャップを開けてそのまま鉢に与えられるのが魅力の即効性液体肥料です。一カ所に集中せず鉢全体に、容量を守って、水やり後の湿ったところで与えてくださいね。

ウイルスが原因の病気になりやすいシンビジウムを守る薬剤

住友化学園芸 家庭園芸用レンテミン液剤 100ml

1,166
※価格は変動する事がありますので、詳細は商品ページでご確認ください。
デリケートなシンビジウムは、モザイク病のウイルス感染をしがちです。株分け時などの株、手指、ハサミ、器具で感染してしまうので予防が必要なんです。使用法をよく読んでウイルス感染を防ぎましょう。

シンビジウムから洋ラン栽培に挑戦!

 (7173)

シンビジウムを上手に育てるには、「夏の高温に注意する」、「こまめに芽を摘み取る」、「生育期は肥料をしっかり与える」ことが大切。
暑さに弱いので、年間を通して風通しの良い場所に置いてくださいね。

芽をこまめに摘み取ると花つきが良くなりますよ。真冬を除いて定期的に肥料を与えることで、毎年、美しい花を次々と咲かせてくれます。シンビジウムをきっかけに、さまざまな洋ラン栽培に挑戦してみても楽しいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ローズマリーの育て方は?挿し木は必要?剪定時期や肥料・用土、水やりなどローズマリーを苗から栽培する方法

ローズマリーの育て方は?挿し木は必要?剪定時期や肥料・用土、水やりなどローズマリーを苗から栽培する方法

森林を思わせるスッキリした香りが漂うローズマリー。古代ローマ、ギリシャ時代から老化防止の薬として用いられ、今でも料理や美容、芳香剤、薬用として幅広く親しまれているハーブです。常緑なので冬でも緑の葉が茂り、庭に彩りを与えてくれる植物でもありますね。生育旺盛で丈夫なので、何度も収穫して楽しめます。庭に1株あると便利ですよ。
125 view
モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

モンステラの育て方は?挿し木や水やり、肥料・用土など鉢植えでできるインテリアにも人気なモンステラの栽培方法

深い切れ込みや穴のある独特の葉形が印象的なモンステラ。ハワイでは葉の切れ込みから「希望の光を導く」といわれているとか。これがあるだけでインテリアがぐっとモダンな雰囲気になります。丈夫で初心者にも育てやすい点も魅力的。大型品種はインパクトがあるのでリビングのアクセントにぴったり。また、中型、小型の品種を玄関にウエルカムプランツとして置くのも素敵ですよ。
226 view
三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

三つ葉(ミツバ)の栽培方法は?プランターや室内での水耕栽培で出来る三つ葉の育て方をご紹介

葉がみっつに分かれることから三つ葉と呼ばれ、日本ではやや湿り気のある明るい日陰などで自生しているのが見られる野草のひとつです。ミツバ独特の香りや風味、歯ざわりなどが長く親しまれてきました。香り野菜としてプランターなどに植え、自宅で少し栽培しておくと、便利でおすすめ。明るい日陰で管理すれば旺盛に生育するので肥料を切らさないよう注意するのがコツ。水耕栽培することもできるので家庭の窓辺などで栽培しても楽しいですね。
31 view
シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

シソ(紫蘇)の育て方は?収穫時期や水やり、害虫・用土・肥料など鉢植えでも楽しめるしその栽培方法

古くから栽培され、薬用としても親しまれてきたシソは、香味野菜として身近で栽培したい野菜のひとつです。一般的な緑色の葉の青ジソと紫色の葉の赤ジソがあり、葉の表面が平らな平葉種とちりめん種があります。スーパーの店先では青ジソを大葉と呼び販売されています。春に植えつけ、育った葉を順々に収穫すれば、初夏から秋まで、和食はもちろんパスタなど、いろいろな料理に添えて楽しめます。秋、花穂が伸びて白や紫の小さな花をつけますが、この若い花穂や成熟前の果実も食用にでき、飾り付けに利用できます。
265 view
人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

人気のハーブ、セージの育て方は?肥料や用土・水やりなど、料理に使えるセージの栽培は苗からがおすすめ!

ソーセージの語源は、ソーがソルト、セージがハーブのセージと言われていることをご存知ですか? セージは清涼感のある独特のさわやかな香りで肉や魚の臭みを抑え、抗菌作用も強いハーブとして、古くから肉を腸詰に加工する際に用いられてきました。
99 view

この記事のキーワード